2017年06月08日

ブラジルの上院議員が惑星Xの脅威について警告!







ブラジルの上院議員までがブラジル議会で惑星X(二ビル)が地球に最接近し大災害が起こると警告しました。


本当に二ビルが最接近しているのか、これもNOWの心理作戦の一環なのか分かりませんが、最接近すると、人類の3分の2が飢餓や病気で死んでしまうそうです。エリートにとっては一気に人口削減ができるというもの。


だからでしょうか、大災害や戦争の中でも自分たちだけは助かりたいので地下施設に潜り始めているは。。。


ただ、徐々に餓死していくことが最も辛いことなのでそれだけは避けたいのですが。。。

beforeitsnews.com
(概要)
6月6日付け

noti-1495808731.jpg


ブラジルの上院議員がブラジル本議会で惑星X(二ビル)の脅威を警告しました。

テルマリオ・モタ上院議員(Telmário Mota (TBP-RR) )はブラジル本議会にて、地球は惑星Xの脅威にさらされていると警告する驚くべき内容のスピーチを行いました。


モタ議員のスピーチ
「これは有権者からの情報ですが、二ビルが地球に最接近しつつあり、地球のサイクルがもうじき終ってしまうことをNASAは認識している。NASAの報告書では、二ビルは地球の重力場を変化させており、その結果、人類の3分に2が飢餓と病気で死んでしまうと警告している。現在、アドバイザーらは本当に二ビルが地球に接近しているかどうかを調査している最中だ。」と。


以下のビデオでモタ議員のスピーチの様子が観られます。
彼のスピーチの映像がソーシャルネットワークで拡散されました。しかし多くの視聴者から、議員は本会議でもっと現実的な問題に取り組んでほしいとの批判が寄せられました。


我々が調査したところ、モタ議員の言っていることが正しいことが分かりました。彼がブラジル国民の前でこのような警告を行うのは勇気のいることです。


過去に二ビルが地球に最接近したときは、南極に存在していたアトランティス文明とそこに住んでいたアトランティス人が消滅しました。


以下のビデオの通り、南極でアトランティスが消滅した後の証拠が見つかりました。





アレックス・コリアー氏:ニビルは確実に地球に最接近する!


2016年2月のアレックス・コリアー氏の説明によると:

ニビルは確実に地球に最接近します。
3月中旬(16日〜20日ころ)から天候がかなり悪化し、4月末から5月の初めにかけて世界中の空でニビルが目撃されるようになります。


ニビルが地球に最接近することで地球は大きな影響を受けることになります。
そのため、人間に好意的な地球外生命体がニビルの軌道を変えようとしています。


ただし、ニビルの軌道を変え地球に大きな影響をもたらさないようにしても、今度は銀河系の他の惑星に大きな影響を与えてしまうことになります。そして銀河系の軌道を変えることになります。


問題は、二ビルの軌道を変え地球を救うサテライトが今度は太陽に衝突してしまうことです。太陽に衝突したら我々にとってもよい結果にはなりません。


そのため地球外生命体はニビルの最接近による地球への影響を最小限にするために、ニビルの引力を緩和しようとしています。


引力を緩和するのはそう難しいことではありません。しかしもっとも恐れていることは、ニビルは、後部に破片が集まってできた100万マイルもの長さの尾を引きずっています。地球は今後5年間で、この尾の中に最低5回突入することになります。


最近、小惑星や隕石の衝突の危険性が伝えられているのはこのせいです。

今後、地球上の全ての人々がニビルの姿を目撃しますから、これ以上ニビルの存在を隠すことはできません。しかも、同時に、ニビルから地球を守ろうとする地球外生命体も目撃されることになります。


そうなると、世界中の政府が困ったことになります。彼らが長い間我々から隠してきたあらゆる秘密が明らかになってしまうからです。その時、世界の人々が一斉に覚醒することになります。


来月(2016年3月)、地球に向かってジェット気流が降下してきます。


地球の異変に関して研究を重ねてきた専門家のジョン・ムーア氏は地球はもうじき激変すると言っています。米海軍はアメリカ大陸がどのようになってしまうのか良く分かっています。


また、地球が激変するとき、邪悪な地球外生命体が人類を救うふりをします。このような生命体に騙されてしまう人がたくさんいるでしょう。


選ばれたエリートたちは地球に何が起こるかを知っています。彼らは家族や自分の命を守るために邪悪な地球外生命体のアジェンダに手をかしているのです。


彼らは、昔、彼ら以外の人類を邪悪な地球外生命体に売ってしまったのです。今や彼らは身動きができなくなっています。
記事引用は⇒日本や世界や宇宙の動向さんより








【空耳の最新記事】
posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする