2017年05月20日

世見2017年05月20日富士のお山と自然災害







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/05/20


「富士」と名が付くお山が日本中にあります。

江戸時代には、庶民の間で「富士登山が一生の夢」と言われていました。
明治になると、富士山中にあった仏像や仏具が廃棄される廃仏毀釈運動が起き、富士山は信仰の山から観光色の強いお山になったようです。


350以上もあるといわれる故郷の富士。火山もあるみたいなので、これから富士山噴火は本家の富士山とは限らないように思います。


例えば蝦夷富士とか薩摩富士とか、いつの日か噴火しそうなお山もあります。
今年は雹もよく降りそうですし、台風も要注意です。
台風は年間26〜7回発生が平均だそうですが、最多記録の更新も、今年でなければこの2〜3年にはやって来そうです。


名前が付く台風が来るかと思うとゾォ〜っとします。
複数の川が流れる平野も、気を付けておかないといけません。
河川による堆積で出来た平野は、水に本当は弱いのです。
九十九里平野以外は、いつどこで氾濫が起きてもおかしくありません。


関東平野は利根川、荒川、多摩川と河川が流れています。
集中的に豪雨が降るのは何故なのかわかりませんが、雨量の記録を塗り替えるのがわかります。


雷が轟き、閃光が走るこの光景も多く見られるとも思っています。
梅雨が近付くにつれて気を付けて欲しいと思っています。
災害被害は地震だけではありません。
水の被害も大変なことになります。


もはや異常とはいえない気象です。
自然界には感謝なる心を忘れないようにしたいものです。

―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
想い


あなたを支えてくれている人のことを忘れないでください。

「ひとりぼっち」こんな思いの日もありました。
誰も自分のことをわかってくれない。こんなことを思った日もありました。
自分だけが何故、淋しい想いの日々が続くのかと思った日もあります。


色んな思いが私の心を通過して行きました。
今思うと、私の心に芽生えた想いの全てが私のものだったのがわかります。


支えてくれる人が今は思い浮かばなくても、いつの日か支えてくれた人がいたことに気付く日がやって来ます。


だからネ。今日の淋しい思いも、いつの日か忘れる日がやって来るのですよ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする