2017年05月19日

世見2017年05月19日江戸の遊郭







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/05/19


江戸時代、もしもあなたが江戸で暮らしていたら、どんな暮らしをしていたと思いますか?


太平の世がやって来た江戸時代。
武士の生活はどのようであったか、農民はどうであったのか、町人や商人は‥‥。


シーボルトが膨大な史料を残したといわれます。
あの当時、ヨーロッパでは日本の情報が少なかったと言われています。


江戸時代の人は鶴を食べていたとも言われます。今ひとつピンときませんが、朱鷺も食べていたようです。


幕府公認の遊郭が江戸の吉原にありました。
最初にあったのが日本橋(元吉原)。後に浅草寺の北に移され、男の人には最高に思える場所になったようです。


吉原の遊郭で豪遊をすると、現在の価格で約1,000万円にもなるというのですから驚きです。

紀伊国屋文左衛門は、その吉原を貸し切りにしたというのですから、またビックリです。

そうそう、不思議な世界の方に面白いお話を教えてもらいました。
平賀源内は、遊女より男娼に興味があったみたいです。


あの頃は、10代の若くて艶やかな男子が、振袖に袴をはき、白粉を塗って身を売っていたのです。遊女と遊ぶよりかなり高かったみたいなのですが、源内はどこに惹かれたのでしょうネ。


現在の日本橋人形町辺りが賑やかだったところです。
江戸時代は女性より男性の数が多く、女性のおよそ2倍もの男性がいたというのですから、女性はきっとモテたことでしょう。


時には江戸時代にタイムスリップして見るのも、私は楽しいと思います。


―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
不満花は


夫への不満があったかさえ忘れるくらい、遠い遠い昔のお話になってしまいましたが、夫妻って、不満花が咲くと中々散らないみたいですネ。


花は直ぐに散るのに不満花は散りにくいということは、不満って心に居座りやすいのですネ。

誰が何に不満を持つのかはその人しかわかりませんが、不満花は美しくないのだけはわかります。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする