2017年05月19日

2017年05月16日神社の井戸低下、湖の水位低下そして湧き水減少と近畿、関東甲信越で異変








奈良県の神社で2017年の春になって井戸の水位が低下し、多くの人が水を汲みに来るにも関わらず5月に入ってから給水を停止していると報じられている。


これは産経ニュースがつたえているもので、奈良県桜井市・大神神社の摂社である狭井神社の井戸が渇水によって井戸水の水位が低下し、5月3日から人気の給水を停止しているという。


今のところ給水再開の目処が立っていないことから深刻だが、神社ではこの時期に停止されることは珍しいと語っているといい、不気味さを感じさせている。


地盤の動きと密接に関連している井戸の水位や温度は地震の前兆であると考えられており、その変化を調査している組織もあるほどである。


2015年11月には今回と同じ産経ニュースが近畿地方において地下水温の上下降変化が近年、各地で観測されているとしてNPO法人による調査を記事にしていた。


それによると近畿地方では2014年頃から地下水温に変化が現れていると言い、兵庫県では複数の地点で上昇に転じていた他、京都府では下降を始めていたということであった。
http://www.hyogo-suigi.jp/suion/pc_mnsui.htm

この時、東大地震研究所の佃為成氏は「地震が起きる条件が整いつつある可能性がある」としていたが、今回の水位低下も同じ近畿地方であることから、南海トラフ巨大地震の前に増加するという内陸部での強い地震との関係が囁かれそうだ。


水位の変化についての指摘は関東地方でも見られている。5月15日、日テレNEWS24が河口湖で水位の低下が続いており、湖底が干上がっているとの記事を公開したばかりであったためだ。



河口湖の水位は富士山の動きと関係しているのではないかとの憶測から注目を集めるが、関東から関西にかけての複数の地域で同時に水位の低下が見られているという点は関心を集めそうだ。


175.jpg


更に関東地方では最近、東京都でも複数の井戸に変化があったとの情報もある。これはネットに書き込まれていた情報だが3月に相次いで「井戸水が白濁した」「井戸が枯れた」「水の勢いが減衰した」といった指摘が寄せられていたのである。


こうした動きがすぐにどのような影響を与えるかについては定かではないものの、他にも気になる情報がある。5月13日に読売新聞が、長野県安曇野市で湧き水の減少などの原因によって全国一の生産量であるワサビに影響が出ているというのだ。

一連の動きは再び日本列島を揺るがす天変地異の前触れなのだろうか。


oogami.JPG

サンケイの掲載内容


三輪山(467メートル)からの清水がわき出し、多くの人が水をくみに来る奈良県桜井市の大神神社の摂社・狭井(さい)神社の「薬井戸(くすりいど)」が渇水のため井戸水の水位が低下、同社が今月3日から給水を停止していることが12日、わかった。「薬井戸の水は万病に効く」との言い伝えがあり人気を集めているが、いつ給水を再開できるかはわからない状態という。

 
大神神社によると、今春は例年に比べて雨が少なく、井戸の水位が低下。今月から夜間(午後6時〜翌日の午前6時)の給水を停止していたが、水位が回復しないため、3日から完全な給水停止に踏み切った。

狭井神社の祭神は病気平癒や健康の神様とされる荒魂(あらみたま)。井戸は拝殿横にあり、スイッチを押すと自由に水をくむことができるようになっている。ペットボトルなどを持って水をくみに来る人があとを絶たず、三輪山を登山する人や、山辺の道を歩くハイカーらののどを潤している。

 
大神神社では境内に看板を立てて、給水停止を知らせているが、知らずに訪れる人もいるという。同社では「夏場の給水停止はこれまでにもあったが、春のこの時期の停止は珍しい」とし、「水をくみに来られる方には申し訳ないが、渇水は自然のことなので、どうしようもありません」としている。


休日はたくさんの人がここで水をもらっていますね。大きいペットボトルにいっぱい入れて持って帰る人などもいます。ご神水は地元の人も良くご存知です。またスピリチュアル系の人がこのあたりで、セミナーや勉強会をしていたり、神聖な場所としても知る人ぞ知るところですね。
地震Newsさんより転載








【地震と火山の最新記事】
posted by キキ at 00:00 | 地震と火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする