2017年05月17日

男と偽り鉱山鉱夫労働が本当は女性とカミングアウトの理由とは


_96057849_pili-hussein_top.jpg

_95776745_gettyimages-71352160.jpg


ピリ・フセーンPili Husseinは、ダイヤモンドよりも1000倍珍しいと言われている貴重な石を手にしたいと思ったが、大きな壁にぶち当たります。それは、女性は鉱山に入るのは禁止されていたためでした。しかしピリは男として着飾って、ほぼ10年もの間、男性の同僚を欺きました。


ピリ・フセーンは、タンザニアの大家族の中で育ちました。多くの大農場を持つ父は、6人の妻を持ち、家畜飼育員の娘は、38の子どものうちのひとりでした。


「私は世話をする家畜を与えられていましたが、私の父は男の子のように私を扱いました。しかし私はまったくその生活が好きではありませんでした」と彼女は話します。


また彼女の結婚はさらに不幸であり、31歳の時には、彼女の虐待の夫から逃げだしました。






仕事を探すため、彼女はアフリカで一番高い山、キリマンジャロの麓にある小さなタンザニアの町、メレラニ近くに暮らしていました。キリマンジャロ・メレラニは、バイオレットブルーの宝石タンザナイトの採掘が行われる世界で唯一の場所です。(メレラニはタンザナイトの唯一の産地)


pili.JPG
_95797965_gettyimages-109105611.jpg


「学校には行かなかったので、選択肢は多くなかった」とピリさん。
「女性は鉱山地域で働くことは許可されていないので、私は強い男のように勇敢に入場しました。大きなズボンを着て、ショートパンツにしたら男のように見える。私はゴリラのように振る舞った。私は戦うこともできた、私の言葉遣いは悪かった、そして私はマサイのような大きなナイフを運ぶことができたわ」。


変更を完了するため、彼女はまた、名前を変更しました。


「私はフセーンおじさんと呼ばれ、誰にも本当の名前を教えていないが実はピリだった。今でも、キャンプに行き、フセーンおじさんと呼べば、それは私ですよ」


熱い、汚れたトンネルの厳しい坑道が地面の数百メートル下に達するものもあります。黒鉛の岩の中の宝石を発見するために、掘削とふるい分けをして、1日に10〜12時間働くのです。


「私は600mも鉱山の中に入ることができた。他の多くの男性よりも勇敢にこれをやった。私は非常に強く、私は男性が別の男性が行うことを期待するものを提供することができた。ピリは、誰も彼女が女性であると疑っていなかった」と言います。


そして約1年後、彼女はタンザナイトストーンズの2つの巨大なクラスターを掘り当て豊かになります。彼女は彼女の父、母と双子の妹のための新しい家を建て、またより多くの道具を購入し、働く鉱夫を採用し始めました。


ずっと、いつか最終的に彼女の本当のアイデンティティが明らかにされるには特別な状況が必要だろうとは思っていました。そしてそれは意外なところで明らかになりました。非常に説得力がありました。


私はレイプ犯として告発された


ある地元の女性が鉱夫の一部にレイプされたと報じており、ピリは容疑者として逮捕されたのです。「警察が来たとき、『レイプ犯は、この人です』と言われ私は警察署に連れて行かれました」。


この状況で、彼女は自分の秘密を明らかにするしかなかった。
彼女は警察に身体的に検査をしてもらい、責任を負うことができないと証明する女性を見つけ、すぐに解放されるように頼みました。しかしそれ以降も、仲間の鉱夫は、彼らがずっとずっと騙されていたとは認めるのが難しそうでした。


「彼らは警察が、私が女性だったと言ったとき、まったく信じなかった」、彼女は「私は結婚し、家族を持ったが2001年まで受け入れることは容易ではなかった」…。


誰もが男として慣れて接している時、夫を見つけることは簡単ではありません。しかし最終的に彼女は成功しました。


それでも「彼の心の中での質問は、「常に、『彼女は本当に女性だろうか?』と問うでしょう」、と彼女は回想する。「彼が近づいてくるのに5年かかった」(笑)。


ピリは、成功しキャリアを築いており、今日70人の従業員とともに彼女自身の鉱業会社を所有しています。彼女の従業員の3人は女性ですが、鉱夫としてではなく料理人として働いています。鉱山業界では、彼女が始めたときよりも多くの女性がいるが、実今日でも鉱山で実際に働く者はほとんどいません。

「女性たちは石を洗い流し、中にはブローカー、一部は料理をしている」と彼女は言う。「しかし、彼らは鉱山に行かないので、女性が私のやり方をするのは簡単ではない」


ピリの成功は、彼女の30人以上の姪、甥と孫の教育を受けることを実現しています。しかし、彼女は自身の娘には、彼女の足跡に従うことを勧める気持ちはないと思っていると言います。


「私は自分のしたことを誇りに思っています。それは私を豊かにしましたが、しかしそれは本当に大変だった。私は娘が学校に行くことを見届けたい。彼女は教育を受けて、私が経験したこととは全く別の方法で彼女の人生を生きることができるのですから」。
記事引用はwww.bbc.com








【海外ニュースの最新記事】
posted by キキ at 04:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする