2017年05月16日

キッシンジャーとトランプの会談の内容とは…

CSS-Offical-New-Logo2.jpg

trump-and-kissinger.jpg


2.3日前にキッシンジャーがホワイトハウスを訪れトランプと会談したことが話題になっていますが、キッシンジャーはどうやら小児性愛犯罪の捜査とべネスエラの軍事介入についてトランプと協議した(実際は指示した?)もようです。


キッシンジャーの思惑は、アメリカのエリートらによる小児性愛犯罪に対する捜査がヒラリーに及ぶ前にもみ消したいのと、ベネズエラの反乱に米軍を送り込み軍事介入させベネズエラで内戦を勃発させることで、キッシンジャー率いるNWOに反する国はべネスエラのようになると世界に知らしめたいようです。


トランプはキッシンジャーと何らかの取引をしたのかそれともキッシンジャーの指示通りに動くのか。。。今後のアメリカの出方でわかるでしょう。






beforeitsnews.com
(概要)
5月13日付け

キッシンジャーはトランプに「小児性愛犯罪とべネスエラの軍事介入について指示しました。


ホワイトハウスでキッシンジャーとトランプが会談を行いました。彼らは、ベネズエラでの軍事介入とセッション司法長官が推し進めているペドゲート(小児性愛犯罪)の捜査について協議しました。

セッション司法長官はオバマ政権の幹部ら、アンソニー・ウィナー元議員、妻のフーマ・アベディン元国務副長官を小児性愛犯罪(及び人身売買)に関与したとして逮捕、起訴するつもりです。また、他の共犯者たちも逮捕するために彼らに共犯証言を行わせるでしょう。


信頼できる情報筋によると、トランプとセッションは、コメィ長官率いるFBIは信用できないとして直接指示できる秘密特殊部隊を結成したようです。

この特殊部隊の任務は内部告発者の命を守ることと小児性愛犯罪(人身売買)の捜査を進展させることです。

コメィ長官が解任された理由の一つに小児性愛犯罪の捜査を促すことが含まれます。コメィ長官が解任された時とキッシンジャーがトランプとホワイトハウスで階段した時が一致しています。コメィ長官は犯罪者たちの詳細を明らかにすることで内部告発者たちの命を危険に曝す可能性がありました。


2日前にホワイトハウスで行われたキッシンジャーとトランプの会談はトランプの公式スケジュールには入っていませんでした。トランプは、キッシンジャーとはロシアやその他の問題について協議すると伝えていました

しかし私が入手した情報によると、キッシンジャーはトランプに次の2つの問題について指示したそうです。


1、深まるベネズエラの問題

2008年にヒラリー・クリントン国務長官は、ベネズエラのマドゥロ大統領と共謀して、ベネズエラの石油業界が当時の米大統領選挙に介入した報復としてベネズエラに対して食料の入出港を制限しました。

そのため現在、ベネズエラ軍は市民側に立ちマドゥロ政権を倒そうとしています。 
当時、マッケイン議員はある特別な理由でサラ・ペイリンを副大統領候補に選びました。マッケインは守旧的石油利権と金融エスタブリッシュメント側がオバマを支援していることを知っていました。

ペイリンはアラスカ州知事でしたが、エクソン、BP、ロックフェラーの石油産業を弱体化するためにアラスカの石油開発を行いアメリカ本土までパイプラインを通す計画を立てていた全ての石油プレイヤーを知っていました。

石油プレイヤーの中心となったのが中国、ベネズエラ、ルパート・マードック(FOXニュースのオーナー)などを含むBRICSとCITGO社です。

石油開発利権で闇金が反エスタブリッシュメント側(BRICSとCITGO社)からマッケインのキャンペーン資金に流れました。しかし計画は失敗に終わりベネズエラは大打撃を被りました。


現在、米軍がベネズエラからほど近いところでSNAP軍事演習を行っているため、エスタブリッシュメント側はベネズエラに軍事介入しようとしています。

今、ベネズエラ軍は反政府に転じ市民の味方となっています。
NWO側は、ベネズエラ軍と市民による反乱を鎮圧するために、ポプリズムを封印させ、人道支援を装った軍事介入を行います。

キッシンジャーがトランプと突然会談を行ったのはベネズエラでの軍事介入について協議(指示)するためでした。

NWOと闘っていたチャベス大統領はCIAに暗殺されましたが、BRICSとは異なりロシアと協定を結んでいないベネズエラはNWOの復讐の主な標的となっており、NWO側は自分たちに抵抗する国はベネズエラのようになると世界に知らしめているのです。今後、ベネズエラで内戦が勃発する危険性が増しました。


2、セッション司法長官が推し進めている小児性愛犯罪の捜査

情報筋によると、エスタブリッシュメント側は、小児性愛犯罪(人身売買)に関与したオバマ政権の幹部を1人か2人起訴することに関しては何も介入しません。しかしメールのリークで犯罪が明らかになったヒラリーのような大物を刑務所に投獄することになると放って
おくことはできません。


数日前に私はセッション司法長官が小児性愛犯罪を捜査していると伝えました。
しかし、幹部が一人犠牲となって逮捕されることで捜査は打ち切られると推測されます。しかし逮捕された容疑者は刑務所に投獄されることはないでしょう。それと同時にトランプとロシアの繋がりに関するバカバカしい疑惑も問題視されなくなるでしょう。

記事引用は⇒日本や世界や宇宙の動向さんより

キッシンジャー氏が後ろでトランプ大統領に指示をしているのがわかる図…。








【海外ニュースの最新記事】
posted by キキ at 00:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする