2017年05月15日

世見2017年05月15日明るく見えない日本の未来







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/05/15


人間が権力で作り出すものは多い。
ヨーロッパの支配者達は、かつてアフリカを植民地化してしまいました。

部族の領土を勝手に分散させ、小さな国家を作りました。
こうして砂漠化に苦しむ国々が生まれたのです。
この国々の人を「サヘルの国々」と言うそうです。

人間の知恵は自然との共存を試みるとこの荒れた地でも生活は出来ました。
遊牧民は乏しい資源ながらも、以前は土地に地力が高まるように休ませては移動をしながら生活をしたのですが、井戸が増え、家畜はこの井戸の周辺の草を食べ尽くし砂漠化が進んだのです。
今もこうした環境下で暮らす人々がいることを、私達は忘れてはいけません。


日本は平和な国です。
たしかに子供の貧困も深刻です。
でも、多くの人はこの現実からも目をそむけています。

日本の未来は私には明るく見えません。
出生率を見ましても、1年間で27万人もの減少が見られるともいわれるのです。

27万人といったら鳥取県なら2年半くらいで人が姿を消す人口です。
それよりも、朝鮮半島はこのまま静かな日々を過ごすとも思えないのです。

ロシアのプーチン大統領の思惑通りに事が進むのか、中国が本気を出すのか、トランプ大統領の意志が固いのか、どうやらこの3つの国の心の内ひとつで何か起きるかわかりません。今までとは随分と違う局面を迎えていると思えるのです。

30年以内に来るといわれる関東大地震。
でも、5年前も30年以内と誰かが言っていた気がします。

―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
前進


どんな困難が待っていても、決して挫けることなく前を向いて歩きましょう。

こんなことを言うのは簡単。
だけどネ。困難なことがやって来ると、心の中が困難 困難という字で埋め尽くされて、心がシュン太郎になります。

でも、困難を乗り越えた時には快感が待ってくれているものなのですよ!







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする