2017年05月05日

世見2017年05月05日お釈迦様の想い







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/05/04


子供の日の今日。
私にとりまして記念すべき日になりました。
多くの皆々様が毎日お読みくださることを励みとして、この世見を書き続けて、今日が3,333日目です。

感謝申し上げます。
私一人の力では今日を迎えられません。
私のこの原稿を打ってくださる方、又、この文章をアップしてくださる方、そしてお読みくださるあなた様がいての今日でございます。

私の目標は5,000日目を迎えることです。
日数にして1,667日です。あと4年と207日は頑張りたいと思います。
勿論、健康に充分気を付けて、元気で明るく私らしくこれからも生きたいと思っています。

3,333日の記念すべき今日、私は何をお伝えすべきかわかりませんが、何も気にせずに書いてみたいと思います。


すると「天地創造のお話は仏教では耳に殆ど入ってこない」こんな声がします。
29歳で出家され35歳で悟りを開いたお釈迦様でしたが、あまりにも多くの神様がおられるバラモン教を信仰している人々の間で、どの神様が一番かの部族間での争いが絶えず、「縁よりて起こる」という「縁起の法」の真実確認をされました。

「天地創造なる神の存在」を否定はしないものの、そのことが争いの原因になるのには疑問を持たれ、全てのものは神なる他者が作りしものではなく、「縁起の法則にして縁起によってある」と説かれました。

現在も宗教が絡む戦争があります。
お釈迦様の想いが私達にどこまで届いているかはわかりませんが、いつの間にかヒンズー教では、お釈迦様はヴィシュヌ神の化身にもなっています。

縁ありて出会えることから人生が始まっているようにも思います。

―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
今日は


70才になってわかったことは、そんなにありゃしません。
白髪を染める時、こんなことは随分と前からやっているし、顔のシミが増えたのも気にならない。

ただネ。
乙女心がこんなに残っているのに、人様からはそう見えないみたい。

でもネ。幾つになっても人の心は幼くて可愛い。大人といわれて随分経つけれど、誰も大人の自覚を持っていない気がしますし、体験が齢の数だけあるだけかもしれません。

今日は子供の日。
チマキを食べて、今日一日を可愛い人で過ごします。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする