2017年04月29日

なぜ効きもしないのに「WHOマラリア・ワクチンのトライアルを実施すると」








米欧勢力が、金融メルトダウンを画策していると思われますが、事態が混乱、それを維持し拡大することが狙いで、なおかつこれによって世界を刷新しようとしていると考えられます。

感染症の流行もこのためのツールとして利用しているということでしょう。

世界保健機構(WHO)がアフリカでマラリア・ワクチンのテストを行うとの情報があります。感染症の大流行に注意が必要です。

イギリス大手製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)がNGOと共同開発した世界初のマラリア・ワクチン「モスキリックス」を、2018〜2020年に36万人程度のアフリカ勢の子供たちに接種する計画であると発表しています。


5116486_6_098b_ce-programme-s-inscrit-dans-la-lignee-des_0e40df400c581f44251f388ac2f8fbd1.jpg


マラリアを予防する確率は4割にとどまっており、通常の乳児向け予防接種と異なり、生後5か月、6か月、7ヶ月及び2歳の4回の接種が必要です。
 
予防確率が4割にもかかわらず、2015年7月に欧州医薬品庁(EMA)が同薬に対し肯定的な見解を与えているとのこと。
 
通常の予防接種と時期が異なることから、予防接種を的確に受けさせることが困難であることが予想されるにもかかわらずこの予防接種を導入することで、耐性を持つ新型マラリアの発生も予想され、逆にマラリアの大流行が起こりうる可能性もあります。


以下記事内容
http://www.lemonde.fr

WHOはアフリカにおいて、マラリア・ワクチンをテストします
2018年〜2020年の間でテストされるモスキリックスMosquirixによって、寄生虫「マラリア原虫」感染を防ぐことはできませんが、マラリアの数を減らすことができる、としています。

このプログラムは、マラリアを撲滅するために1990年代以降の取り組みに沿ったものです。 2000年から2015年の間に、この病気で死亡した人の数は62%減少しました。

アフリカのケニア、ガーナとマラウイの3カ国は、世界保健機関(WHO)によって採用されたテストマラリア・ワクチンMosquirixを実施すると国連の専門機関が4月24日(月曜日)発表しました。


マラリアに対して最も進んでいるNGOのパスマラリアワクチン・イニシアチブ、ワクチン、とのパートナーシップでグラクソ・スミスクライン(GSK)によって開発された、限定的な有効性のままであるにも関わらず、診断法、治療法や、撥水を含浸させた蚊帳として実績のある対策と合わせて、「このワクチンは、可能性があり、保存アフリカで十数千人の命のを」、Matshidiso Moeti、WHOのためのアフリカ局長は語りました。

40%マラリアの感染数を減らします

アフリカでは、マラリアが低減されるが、すべての起源の発熱は、より多くを殺します

2015年7月に欧州医薬品庁(EMA)から肯定的な意見を受けMosquirixは、寄生虫による感染を防ぐことはできませんが、マラリア原虫疾患の原因、これは、主に機能削減 40%、および少なくとも4つの半年間のひとつ、マラリア感染の数のことで、2009年から2014年の間に15,000人に実施した試験結果によるものです。

このプログラムはする1990年代以降の取り組みに沿ったものである根絶マラリアを。2000年から2015年の間に、この病気で死亡した人の数は62%減少しました。WHOは、期待していたことが 2040年病気を根絶すると宣言しています。
記事はこちらより








【空耳の最新記事】
posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする