2017年03月30日

世見2017年03月30日今宵は宇宙に思いを馳せて







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/03/30


「光も逃げ出すことの出来ない天体があるという。その名はブラックホール」


「近未来の皆既日食の日、ある星が大きくずれているのを知る」


こんな声が聞こえます。冒頭のブラックホールは今の人の声とは違います。


「宇宙空間にあるガス雲が重力によって引きとめられている」

「太陽系の回転速度が変化する」

「誰もが宇宙に大きな変化が来るとは思っていない。だが、宇宙を支配する光では見ることの出来ない物質がいつ暴れるかわからない。勿論この物質は地球上にも存在する」


「宇宙望遠鏡が驚くものをとらえる日は近い」

「宇宙も進化している生命体なのです」


「アインシュタインは光と同じ速さで追いかけたらどうなるのか」


と少年の頃思ったそうです。
私達は学問という世界で、過去から学び取ったことを学んでいます。



疑問を生みだすことは多い。
今聞こえた意味はわかりませんが、皆既日食の日に星が見えるとしたら楽しみです。でも、大きくずれるこの意味は何なのだろうと思ってしまいます。



又、宇宙を支配する光では見ることの出来ない物質とは何なのだろうか?


光が逃げ出せない世界の意味は?
不思議な世界の方が何を教えようとしているのかわからない。



でも、今宵は空を見上げたくなりました。
宇宙旅行が現実化されつつある現在ですが、太陽系の星を回る旅は無理にも思えて来ます。



それよりも、月が一番近いのに、月のことがどこの国でもニュースとして出て来ないのは何故なのだろうと、いつも私は思います。


―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
笑顔を


いい人と呼ばれたいのはわかります。


でもネ。
“都合のいい人”になっているかもしれません。



だからネ。
肩に力を入れず 愛を押し付けず 笑顔を忘れず 元気な声でご挨拶。


それでいいように私は思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする