2017年03月29日

世見2017年03月29日生活振動と地震







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
楽しみ


薔薇、葡萄という字が直ぐに書けると嬉しくなってしまいます。
私は誤字だらけで、自己流の文字で、ふりがなもメチャクチャなのです。



それと字の見難さは天下一品。
でも、書いている時が一番楽しい時間なのです。
私の書いた文章を打ってくれている方に今日は感謝します。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/29


東京都と周辺地域では、日々230万人もの人々が移動しているといわれます。
230万人といったら、宮城県民が一斉に移動することになりますし、鳥取県の70万人では誰もいなくなる数字です。



凄い人数の人々が東京都と周辺地域を移動しているのと、東京都民の1341万人、神奈川県民の913万人、埼玉県民の732万人、千葉県民の626万人もの人々が家の中を歩くだけとしても、かなりの振動が地下に伝わっていると思うのです。



それと車の移動、建築による振動、飛行機の着陸の時に起きる振動。
私達は気付かずに生活振動として、自然界にはない振動を地下に与えているのです。



地下鉄が通る地下の深さはどのくらいなのでしょうか。
電車が走る振動は、地下に影響を与えていないはずがないと思っています。



30年内に来るともいわれる首都直下型地震。最近、私の住む埼玉って、断層ってないのかなぁと思うことが増えています。



東日本大地震が起きる前の年の夏、母を預けていた施設のすぐ近くを、多くの人が歩く夢を見たことがあります。



この夢は後に現実になりました。東京から帰宅する人々の姿でした。
嬉しいことに今現在は気になる夢は見ていませんが、群馬県から埼玉を通り東京へと向かう奇妙な線を見付けています。



今は少し静かなのですが、福島県の中通りに浜通り、茨城、千葉沖が動きたがっている気もします。



人口が密集することと地震は関係ないとは思いますが、陸上からの振動が地下を動かすように何故か思えるのです。



今年も油断できない地震。
今生きていることに感謝したいと思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする