2017年02月26日

世見2017年02月26日講演会







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
ありがたい品


ティッシュがありがたい。


私の子供の頃は、鼻紙がなく新聞紙で鼻をかんでいた子供がいて、鼻先が真っ黒でした。それと袖口で鼻を擦るので、袖口がテカテカでした。


今書いたことのわかる人は私と近い世代の人です。


今は便利になりました。
今日はティッシュのありがたさがわかります。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/26


3月20日の講演会が近付くにつれて、日増しに心が高揚してきます。
人様の前でお話をさせていただくと、お越しくださった皆様の期待に応えたく、頭の中が空白になったりもしますが、お会いできたことが嬉しくて心が躍る思いになります。講演会が終わり、お帰りになられる方お一人お一人と握手をさせていただくと、気の交流もできた思いになります。



この度の講演会は、私の70歳になって初めての会だけに、特別な思いが湧き上がります。


それと、人との出会いの素晴らしさは回を重ねる毎に感じてもいます。
世界が大きく変化する幕開けの2017年、経済はどうなるのか、朝鮮半島の行方は、トランプ政権は‥‥と、多くの課題が盛りだくさんにある今を、ご参加くださった皆様の気をお借りして感じ取りたいと思います。



自然災害の今後も、勿論大きなテーマです。
世界情勢も目を離せません。
私の思いの丈をこうして毎日書かせていただいていますと、人と出会えます。そして、出会えた人達と心をひとつにして、ひとつの課題にエネルギーを注ぐと、私自身もパワーアップできると思いますし、不思議な世界の方々もお力を貸してくださると思っていますので、私にパワーを与えたいと思ってくださる方は、是非会場に足をお運びくださいませ。



この度の講演会で、私の初チャレンジをしたいのです。
私の力などは小さなことです。会場におられる方々と気をひとつにすると私に何が起きるのか、初体験がしたくなりました。



スピリチュアルなる世界がお好きな方は、感じる力もあり、自分の感じる力をアップさせたいと思っているのがわかります。



私は、自分が特別だと思ったことはありません。
でも、会場中にご参加された方々の愛のある気がひとつになった時、体中に良き思いの気が流れ、身体も健康になれるパワーが宿るとも思いますし、小さな奇跡も起きるかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする