2017年02月11日

世見2017年02月11日江戸時代の開発







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
ダイエット


髪の毛がどれくらいあるのかわかりませんが、髪を梳くとブラシに私の分身の髪の毛が残ります。



お腹の脂肪も髪の毛のように、分身の脂肪よさようならと言えるといいのですが、私の脂肪は頑固もの。益々固さが増しています。トホホ‥‥。



「明日からダイエットだぁ〜」
「今日からダイエットだぁ〜」と言えない私。
答は決まっていますよネ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/11


「藩主」とか「藩」という言葉は明治以降のことだったのですってネ。
なんだ、時代劇を見ていると、よく「○○藩」と言っているので、てっきり江戸時代から伝わっていたのかと思っていました。



天下統一の夢破れた 織田信長
その後継者になった 豊臣秀吉



この秀吉がいなければ、家康によって江戸に幕府は開かれず、首都東京もなかったかもしれません。


権力者は未来の人々の生き方も変えるし、自然界も変えてしまいます。
フィリピンの元大統領のマルコスもその一人。


マルコス一人の為に乱獲されたカワボラと云う魚は、現在絶滅の危機に追い込まれています。大統領の好物だというだけで、この魚は地球から姿を消すかもしれないのです。



江戸に幕府を開かなかったら、関東平野はどのような姿を留めていたのでしょう。


家康が江戸に幕府を開いてから400年以上が経ちました。
徳川家は15代続き、大政奉還へと進みました。
そして、江戸は東京に改称されたのです。



幕府が誕生して20年後に15万人の人口だったといわれる江戸も、今は大人口都市・東京になっています。



神田山は削り取られて、日比谷の入江の埋め立てに使われました。
この神田山は駿河台と名前を変えました。


江戸前島は日本橋から新橋に至る場所になり、今も賑やかな街並みが続いています。
春は桜、秋は紅葉と、品川は人々の心を和ませた場所。
御殿山は桜の名所でしたが開発で姿を消したとも言われています。



こうして人は、開発という名で様々な場所を変貌させたのです。
これからも開発という名で自然界を変化させ続けるのでしょうネ。
恐ろしいことです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする