2016年10月04日

台風18号が久米島直撃 国内最大級905ヘクトパスカル 沖縄820人避難1人けが







猛烈な台風18号は沖縄県の久米島付近を北上し、久米島では最大瞬間風速が60メートル近くに達するなど猛烈な風が吹いています。気象庁は沖縄本島地方に暴風、波浪、大雨の特別警報を発表し、甚大な災害が発生するおそれがあるとして最大級の警戒を呼びかけています。



気象庁の発表によりますと、猛烈な台風18号は午前2時には、沖縄県の久米島の北西50キロの海上を1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。



中心の気圧は905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。久米島や粟国諸島は台風の暴風域に入った状態が続いています。



K10010716271_1610040204_1610040206_01_02.jpg

K10010716271_1610040200_1610040202_01_03.jpg


このうち久米島では午前0時すぎから急激に風が強まり、最大瞬間風速は、午前0時50分ごろに久米島空港で59.7メートルに達するなど猛烈な風が吹いているほか、午前0時半すぎに渡嘉敷島で41.2メートルを観測しました。



気象庁は沖縄本島地方に暴風、波浪、それに大雨の特別警報を発表していて、これまでに経験のないような甚大な災害が発生するおそれがあるとして、最大級の警戒を呼びかけています。
久米島では、このあとしばらく最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルの猛烈な風が吹くおそれがあります。



また、海上ではうねりを伴って波の高さが11メートルの猛烈なしけが続く見込みです。
雨は、このあとしばらくの間局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、5日の午前0時までに降る雨の量は、沖縄本島地方の多いところで200ミリと予想されています。



気象庁は、暴風、高波、大雨に最大級の警戒をするよう呼びかけるとともに、ただちに安全を確保するよう呼びかけています。以上NHKより


沖縄には台風直撃の災害と地震が発生し、二つの危機です。
安全を確保し、大切な人と生き抜いていただきたいです。
少しでも被害が小さい様にと願います。




特別警報とは
特別警報 数十年に1度しかないような現象で、重大な災害の危険性が高まっている場合に気象庁が発表する。2013年8月から運用が始まった。


東日本大震災の大津波や死者・行方不明5千人以上を出した伊勢湾台風などが該当する。5段階ある火山の噴火警戒レベルでは最高の5と4、高さが3メートルを超える大津波警報も特別警報に当たる。


気象庁の特別警報の指標PDF






NHKオンラインより


posted by キキ at 02:17 | 災害・国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする