2016年08月29日

世見2016年08月29日瀬戸内の「世界一狭い海峡」







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
欠点を


人の欠点が目に着いた時、あなたはどのようにしますか?
そんな時はネ先ずご自分の欠点をチェックして見てください。


人の振り見て我振り直せ
いい言葉だと思いませんか。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/8/29


世界で一番狭い海峡が瀬戸内海にあります
「土渕海峡」は『二十四の瞳』で有名な小豆島の西にあります。
最狭部は9.93mしかないそうですよ。


随分と以前に母と娘と小豆島に行ったことがあります。
孔雀がいたのが忘れられません。


思い出というのは、こうして思い出しますと亡くなった母の若かったこと。
思い出せただけでハッピーな気分になります。


この海峡は「世界一狭い海峡」ということでギネスブックに載っています。
瀬戸内海を身近に見て育った私は、日本海を見ますと男性っぽく感じました。



あなたは海派ですか、それとも山派ですか?
私は神戸生まれの神戸育ちなので“両方派”です(笑)。
瀬戸の語源は「狭門」から来ていると誰かに聞いた気がします。
瀬戸内海には800近くもの島が今日も心地良く浮かんでいます。
旅をプランニングされる時は、是非一度瀬戸の海に「会いに行くよ」と思ってください。
とてもいいところです。



94%が無人島の日本。
この数字をみるとウ〜ンと唸りたくなります。
瀬戸内海が災害によって変貌しないことだけを願わずにおれません。



日本は、チリで大地震が起きても津波の被害が出ます。


「きさかた」
今、この様な言葉が聞こえました。
意味はわかりません。「きさかた」ってどういうことなのでしょう。


ごめんなさい。いつも突然に聞こえたりするものだから書きたくなって、「きさかた」と書いてみようとしたら「のじまざき」と誰かが話す声をキャッチ。


チリ大地震の後で聞こえたので気になります。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする