2016年03月10日

世見2016年03月10日国家総動員法







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
約束は


自分との約束事を破棄するのは自由ですが、自分の実行力の無さが自信の無さに繋がります。
自己の向上は自分との約束事を守ること。

―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/03/10


大正という時代がありました。
昭和という時代もありました。
世は移り 今は平成です。


大正時代は自由主義が根付き人々は未来の日本に大いなる希望を抱いていたことでしょう。


日本軍は賞賛の的でもありました。
昭和生まれの人も平成生まれの人も戦争を体験しなかった者にとって日本軍という言葉は今ひとつピンと来るものはありませんが、日本にも軍隊がありましたし戦争もしました。


兵役という言葉をご存知ですか。
男子40才までの人は兵役法の制定通りに国のため働く(戦争)ことが義務付けられていたのです。


日清戦争 日露戦争 第一次大戦 大東亜戦争 そして原爆の悲劇を体験した


第二次世界大戦 昭和20年8月15日より後に生まれた者には現実として少しはわかるのは昭和25年〜26年生まれの方までかもしれません。


第一次世界大戦からは兵隊さんだけの戦ではなく国民全員参加の戦になりました。
国家総動員法までありました。


その内容は
「正負は戦時に際し 国家総動員上必要あるときは 議会にかけず独断で動員を実施できる」だったのです。


報道の自由は奪われました。
国家財政を占める軍事費は調べるとおわかりのように昭和19年までは凄い金額でした。


今の日本も防衛費と申しますか年々増え過ぎています。
神風特攻隊こそ編成されないでしょうが国は隠し事が多過ぎます。
私達は子供達のためにもしっかりと政治を見て行かないといけません。



そんなことはネット民は誰でも知っています。そこからどうするのか、なのではないかと思われますが…。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2016年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする