2016年03月08日

世見2016年03月08日シュメールの警告







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
自分を


心の内なんて自分でもフワフワしているのだから人も同じ。
なのに、我子のこととなると自分のことは棚に上げて「しっかりしなさい」を言いたくなります。


勉強だってそんなに頑張らなかった自分なのに勉強が口癖になっている人の多いこと。
どんな時も口癖はいつの日か自分が嫌になることがあるのでご用心!


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/03/08


「アン ディン ギル」
「アン ディン ギル」

この言葉が繰り返し聞こえた。

アン ディン ギルとはどういう意味なのだろうか?

「ル ア ナグ」

このことが難しい時代が来ると言っているようですが、ル ア ナグの意味がわからない。

「キ ナグ」とも聞こえた。

「シュメールからの伝言」のように思えた。


シュメールはどうやら人間らしい。
誰かこの言葉の意味を教えて欲しい。


「シュメール神話が甦る時、旧約聖書の謎が解き明かされる」
何を書いているのだかわかりませんがきっと、伝えたいことがあるのでしょう。


ジグラットはテルの下に埋もれている。
テルって私のこと?


どうも違うようです。テルって何語?
「広大な場所。植物は少なく塩の原には聖塔が埋もれている。世紀の大発見になるだろう」ですって。


砂漠は一体どのような文明を飲みこんでいるのでしょうネ。
シュメールが現代人に何かを訴えている思いが今日はしました。


冒頭のアン ディン ギルはもしかするとシュメールが神を呼ぶ言葉なのかもしれません。


危急存亡の時にアン ディン ギルと言えばいいのだろうか。
恐るべき嵐が荒れ狂った。同時に破壊的な大洪水が起きた。
もしかすると、どこかにこの現象が起きる日が来ているのかもしれません。


勿論、日本とは言えませんが何所の国に起きても大変です。
シュメールが間違いなく何かを警告しようとしているように私は思いました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2016年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする