2015年11月16日

世見2015年11月16日豪雨、河川の氾濫‥‥







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
父との


暑い夏でも日本酒をお店で飲む時は熱燗が好き。
理由は父が原因かもしれません。


夏の暑い日、扇風機の風を心地良さそうに浴衣姿で正座して日本酒を飲んでいた父。


私、父は粋な人に思っていました。
父に叱られたのは一度だけ。


お漬物が好きだった私はおかずもご飯も食べずにお漬物ばかり食べていたら、「漬物屋へ奉公に行きなさい」と言われてしまいました。


その後のことは思い出しませんが、体が今ひとつ健康とは言えない私のことが心配だったのだと思います。


父が亡くなった11月21日はもうすぐです。
父が亡くなって39年が経ちます。
現世ではもはや逢えぬ人。でも、私の思い出の中に父は今日も生きています。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2015/11/16


格安スマホ戦争がスタートして、どのくらい経ったのでしょうか。
インフラ仕様とは、どのような通信の仕方なのでしょう。


何かしら私には難しいのですが、私のように携帯電話は持ち運べる公衆電話と思っている者には、使用方法が複雑でないものの方がありがたい。


日本列島は、これからも災害が幾つもやって来るでしょう。
地震だけではありません。
尋常でない豪雨が民家を襲うことでしょう。
竜巻も今後増え続けるでしょう。


地震は緊急速報が発信されますが、河川の氾濫とかは発信されないのでしょうか? テレビを見ていれば気象情報はわかりますが、見ていても今一つ大変さがわかりません。


昔は「絹川」と呼んでいた川が、いつから「鬼怒川」なったのでしょう。
老朽化したインフラは、今後どのような手を打って行くのでしょうネ。


河川の周辺に住居を構える不安、噴火も気になる、地震も気になる、津波も心配だ。それと雨の凄さを忘れがちな私達。停電も多くなるでしょう。


水没する田畑も多くなるでしょう。
このように考えると心配が止まりません。


だからネ。
日頃から、ご自分が住んでいる場所がどのような場所かくらいはよく知っていないといけません。


今後も雨を過小評価してはいけません。
日本中至る所の土手は生物達の巣になっているようにも思います。


生体系を変えたのは私達ですが、一人一人が今日くらいは、生きていることをありがたいと思いたいものです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2015年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする