2015年08月29日

世見2015年08月29日30年後、日本はどのようになっているのでしょう







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/08/29


30年後の100年目、日本はどのようになっているのでしょう。


富士山の大噴火もありえます。
首都直下型大地震もありえます。
千島海溝での大きな揺れも起きているでしょう。



日向灘も今後注意すべき場所であり、30年以内に大きく揺れていることでしょう。
東海地震が起き、東南海地震も起き、南海地震も30年内に起きていることでしょう。


もしかすると、凄く早い勢いでこれらの地震は私達に自然界の脅威を見せ付けることでしょう。
東海地震が次起きると大きな揺れになり、東南海、南海、阪神と連鎖するようにも思います。


だからと言って何ひとつ恐れることはない。
関東大震災後、東京は復興しました。


2つの原爆を投下され、日本中を米軍によって焼野原にされても復興しました。
福島原発事故も自然界に放射能被害を残すものの、30年後は復興しているでしょう。


外交問題にトラブルさえなければ、私達は自然界との戦いだけで済みます。
だが人口の減少は、地方自治体がかなりの数字消滅することを意味しています。


戦後100年目の2045年には、私は今世にはいないことでしょう。
30年と云う年月は長くもあり短くも感じます。


インフラが老朽化しているであろう30年後、自然災害に勝つ手立ても打てないであろう。
少子化問題。40才の人が70才になる30年後は「現役」が普通になっていることでしょう。
30年後、平均寿命も低下していたら、日本は本当にどうなるのでしょう。



<照の日記>

体験を

自分の出来ることが人も出来ると思うといろんなことを見誤ります。


人ってネ。
体験ってやっぱり凄くてネ。
後の人生で大いに役立つものです。


自分の考え方 思い方で相手を見ると時にはその人がわからなくもなるし、馬鹿だとか、阿呆だとか言いたくもなります。


でもネ。
どんな人も自分より下に見る癖は必ずや自分も人から下に見られることがあるので気を付けてくださいネ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 23:00 | 世見2015年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする