2015年06月21日

世見2015年06月21日富士山の噴火は‥・







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/06/21


昨年の9月27日、御嶽山が8年ぶりに突然水蒸気噴火をして57名の尊い命と行方不明者6名も出してしまいました。


この御嶽山は未だに活動を休止させてはいません。
有史以来4度目の噴火が昨年でした。


今から40年前の1979年から12年後、そして16年後の2007年にも噴火。昨年の噴火は7年目に起きてしまいました。


私達はお山をひとつとして数えがちですが、1991年は御嶽山が噴火、雲仙普賢岳も噴火して火砕流で43人の方が亡くなられました。


長野県と岐阜県の県境の御嶽山と、長崎県の島原半島までの距離はかなりあるように思いますが、世界地図を見ているとそんなに離れているようには見えません。


箱根山の大涌谷が警戒レベル2になったのがいつの日だったか、すぐに思い出せませんが、ほんのこの間、明治天皇行幸の際まで大地獄と呼ばれていた大涌谷が活動開始かのように水蒸気を天高くまで噴き上げています。


続くかのように口永良部島が噴火して、島民の皆様が屋久島に全員無事に避難されたものの、未だに終息する気配がありません。


地震も5弱、5強が立て続けに起き、心が中々落ち着きません。



私達の一番の感心事は地震と噴火。
ところで草津の湯には変化が起きていなければ嬉しいのですが、この辺りが動き始めると白根山、浅間山と繋がり、富士山噴火のXデーが近付くかもしれません。


私達が目を細めて見とれる富士山は新富士 西湖と精進湖それと本栖湖の水量や水位に変化は起きていないだろうか。


今後、富士山の活動をいち早く私達に知らせてくれるのがこの仲良しの湖だと思っています。
312と云う数字の意味はわからないが、富士山噴火は何十年も先の話とは思えません。



img02_01.jpg
画像はこちらから



<照の日記>

伝え方

前置きも能書きもいりません。
ご自分の気持ちを率直に 素直に焦らずゆっくり 落ち着いてお話をすると必ず気持ちが伝わります。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 22:00 | 世見2015年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする