2014年12月13日

世見2014年12月13日息をのむ大噴火が近年に起きる








松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2014/12/13



マグニチュード5.0の地震だからと言っても山の中で感じる揺れは油断をしてはいけません。



山の斜面が広範囲に爆音と共に崩壊し、一気にガスが噴き出します。
火のように熱い火山灰が容赦なく降り注ぎ、更なるは岩と氷の雨がやっても来ます。



今までの山の景色は一変して灰色の世界がそこにはあります。
すさまじい、息をのむ大噴火が近年に起きると不思議な世界の方は話しておられます。



大噴火が起きると上空は太陽の光を遮った火山灰で覆われます。
この灰色の世界に稲妻だけが異様なまでの光のショーを天空で見せるでしょう。



カスケード山脈が先か日本のお山が先か今日はわからないものの日本には富士山を先頭に桜島など気になる火山があり過ぎます。



今年は御嶽山や小笠原諸島には今も面積を広げている火山もあります。蔵王山も今の現象を見ていると気にもなります。



ピナツボ山が800℃を越えたであろうガスと火山灰を噴き上げたのは事実です。



「ルソン島は大丈夫なのだろうか」
といつものように理由なくこんなことを言ってしまった自分がいた。



ヴェスヴィオス山の大噴火は現代人への警告。
来年が大噴火の当たり年になるのか今日はまだ来年のことを感じてはいないが、何となく2015年への心が移り変わりかけているのがわかる。



2015年のことは気になったり感じたりしたら2015年1月1日にまとめてお伝えいたします。

pina.jpg

<照の日記>

精いっぱい

この齢になっても初体験ってありますよ。


だからネ。
人生ってどんな体験ができるかわからないから「希望」という言葉をいつも心に持ち歩くとネ、心がホッとすることがやって来ます。


今日という日の続きは明日ですが、今日を精いっぱい生きると明日も精いっぱい生きられるものなのですよ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索




posted by キキ at 23:00 | 「世見」幸福への近道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする