2013年10月13日

ヨハンセン=吉田茂、もう知っていると思いますが....







達人さんのブログより

649cbbed21543b3d3ddb077b76128c41.jpg


吉田健三が長崎の女郎に産ませた子が.....

東大を裏口入学した吉田は外務省を牧野伸顕伯爵のコネで入省する。英語が殆ど話せなかった吉田にその後白洲次郎が影のように寄り添うことになる。白洲次郎はウオーバーグの庶子(非嫡出子)である。つまりすべて筒抜けであったということ。



日本の裏天皇と言われる前田ゴロー(ことオグラディッシュ・ハーマン)もエドモンド・ロスチャイルドの庶子である。スターリン,ヒトラーしかり........イルミナティのやり方である。


フリーメーソンリー(秘密結社)の命で何かの行動を起こす場合,必ずその人物を監視する人間を配置する。そしてさらにそのまた人間を監視する...というように二重三重に裏切りがないようにするのがメーソンのやり方だ。そして裏切り者は藁人形に入れられメーソンの入門儀式(Initiation Ceremony)で殺される。つまり恩義でなく恐怖でつながれているというわけだ。その報酬として「地位と名誉と金が」与えられる。


ヨハンセンで拙稿を検索すると13件出てきます

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83%88%83n%83%93%83Z%83%93&x=0&y=0&inside=1

http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/604.html


NHKドラマ「負けて勝つ~戦後を創った男・吉田茂」の欺瞞・・戦時下=スパイ暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂だった


http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/604.html
投稿者 墨染 日時 2012 年 9 月 11 日 12:19:39: EVQc6rJP..8E.


http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=268528


>「このドラマは歴史の事実に基づくフィクションです」
このような、出鱈目な日本語を使う放送局を信用するわけにはいかない。
(『NHKドラマ「対米隷属の戦後を創った男・吉田茂」』植草一秀の『知られざる真実』リンクより)


『吉田茂は“マッカーサーのペット”だった』(マッド・アマノのパロディー・ブログ)リンクより転載します。


--------------------------------------

ベストセラー「戦後史の正体」の著者・孫崎 亨氏がNHKドラマ「負けて勝つ~戦後を創った男・吉田茂」(9月7日よりスタート。午後9時~10時13分・連続5回)の正しい見方を伝授している。


(引用、ここから)
孫崎 享 2012年9月7日 - 15:05

吉田茂:NHKドラマ吉田茂の「負けて勝つ」。


本当か!
歴史を見れば、吉田茂、本質従米以外の何者でもない。
今日日本の政治の醜さの原型は吉田首相に。


占領下米国隷従の吉田首相が独立後も政権を担ったのが日本の悲劇。
かつ池田勇人等、吉田学校とか言ってその後の政治家も継承。


米国隷属の権化を英雄に仕立てようとするNHKドラマは何を意図?


番組偶然でない。
野田首相はTPPやオスプレイ等で全くの隷属。
その時期にこの番組。
という訳で、見る時の手引き書を作成


@占領軍の性格を正確に伝えているか。
降伏文書は「日本はポツダム宣言実施のため、連合国総司令官に要求された全命令を出し行動とる事を約束する」、


A吉田首相の基本姿勢は
『鯉はまな板の上にのせられてからは、
庖丁をあてられてもびくともしない。あの調子』。
それを知らせているか。


Bマッカーサーは
「軍事占領は、一方はドレイになり、他方はその主人の役を演じ始める」と述べ、吉田を含め日本側をドレイに見てたことを知らせているか


C吉田茂はGHQの情報部門の代表者ウィロビーの宿舎に夜こそこそ出かけ指示を仰いでいたことを報じているか、


D占領直後、米国は日本の経済を徹底的に破壊する姿勢を示したが、その時吉田はどうしていたか、


E米国の対日政策が変更したのは冷戦が深刻化し、米国が日本利用決定し対日経済政策変更、これを単に吉田の業績としてないか、


F吉田首相の最大の問題は安全保障で日米安保条約に署名したこと。


ダレスは「我々が望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を確保する、それが米国の目標」。


吉田首相はこれにどう抵抗したか、


またダレスは米紙に「米国は日本を守る義務をもっていない。」
と書いているが、これに吉田首相はどう対応したか」


皮肉なことにNHK放映、「戦後史の正体」ベストセラーになる真っ最中。


「戦後史の正体」の多くの読者は「この番組何」と厳しい評価を下すだろう。
(引用、ここまで)


(ここから、マッド・アマノ)


“マッカーサーのペット”だった吉田茂をなぜ、今、あらためて英雄扱いするのか。その背後には米国政府をも動かす“奥の院”の存在があることを私たちは知るべきなのだ。


そもそも、吉田茂は戦前から米国のある筋(奥の院)と密通していたと言われている。太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941年9月6日の「帝国国策遂行要領」に関するいわゆる「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂だった。


吉田茂の出自を見れば、この男が“奥の院=ロスチャイルド”と繋がっていることが分かる。


吉田は1878年(明治11年)、土佐自由党草分けの一人、竹内綱の五男として東京に生まれた。幼児に横浜の富裕な貿易商、吉田健三の養子となり、東京帝国 大学政治科を卒業後、外務省に入省した。大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵の長女、雪子と結婚。天津総領事、奉天総領事、イタリア大使、イギリス大使を歴任 した。



養父・吉田健三とは何者か?ここがポイントなのだ。吉田健三は英国商社・ジャーディン・マセソン商会横浜支店長に就任。日本政府を相手に軍艦や武器、生糸の売買でめざましい業績をあげた。ジャーディン・マセソン商会は国際巨大財閥ロスチャイルド系であり、設立当初の主な業務は、アヘンの密輸と茶のイギリスへの輸出。



富豪であった健三の急死後、わずか11歳の吉田茂に50万円(現在の六十億円に相当)もの莫大な遺産が残される。吉田茂の妻は牧野伸顕伯爵の長女・雪子。


雪子は米国駐日大使ジョゼフ・グルーの妻アリス・ペリー・グルーとは幼馴染みであり、アリスから世界経済や政治についてレクチャーを受けていた。実はアリスはペーリ提督の末裔にあたる。


このアリスから雪子をはじめ昭和天皇の母である九条節子と秩父宮妃でもある鍋島伸子の娘3人はロスチャイルド=モルガンの情操教育=洗脳教育を受けていた。アリスの母の旧姓はキャボット。黒人奴隷売買と麻薬売買で富を築いた悪名高きキャポット一族である。



吉田茂は妻の雪子を通じてロスチャイルド=モルガンに寵愛され、出世街道を上昇していく。ちなみに雪子は麻生太郎元首相の祖母である。



前述の通り、吉田茂は“日本最大の売国奴”だった。米国にとっては最も便利な男だった。その功績で、トルーマン米大統領とマッカーサーの決定で戦後最長の長期政権の首相になったことは言うまでもない。


NHKドラマ「負けて勝つ」はまさか吉田茂が“売国奴”だったことなど触れるわけがないだろう。5回にわたるドラマは最も重要であり真実である部分を隠蔽するに違いない。この点を凝視する必要がある。



ところで、吉田茂の身長は155センチ。かなりの小柄だ。主演の渡辺謙は何と184センチという長身だから、このことをとっても“嘘”なのだ。



今の若者にとっては吉田茂が小男だったことなどは知る由もないから、イメージのギャップもない。それを良いことにマッカーサーにひけをとらない長身の吉田茂を視聴者に印象づけようとしている。



解散総選挙が視野に入りつつある今、保守本流と言われてきた吉田茂を持ち上げるドラマが放送されることに違和感を感じなければならない。


^^^^^^^^^^^^^^^^
いったい戦後史の何が真実なのでしょうか?…。
歴史の勉強など、しても意味がなかったでしょう。日本史に何かうそくささを感じてろくろく勉強をしなかったのは私にはかえってよかったようでした。

何が赤十字?何が住友??
ばかばかしすぎて、気が抜けてしまいますね。それくらい騙されているってことです。









孫崎氏の書籍はお薦めです⇒戦後史の正体

日本がファシズム国家のような状態だとわかりますねっ!


posted by キキ at 23:57 | 歴史の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする