2012年09月14日

コメント紹介2012年9月いじめは子どもの問題なんかではないということ


私が思いますのに、いじめは、はっきりと、大人の問題です。

子供、子供というのは、一種の、すりかえ心理ではないかと。



立派な心ある教師(これも、ほとんど皆無なんでしょうが。)が、一発、いじめっ子にビンタでもすれば、子供は、わかりますよ。


でも、大人は、もはや、ビンタする人間もいない。


親同士のいじめ、親子のいじめ、会社内でのいじめ、赤の他人同士のいじめは、だいたい、劣等感や、不満が、ベースですね。ご近所さんとか、日本人は、本当に視野が狭い。


たとえば、最近、よく耳にするのが、地方から出てきて、出稼ぎしている人たちの、逆恨み的な文句ですね。
ま、筋違いもいいところでしょう。それなら、もと来たところに、お帰んなさいということですね。


また、日本人も、格差を経験し、最近まで、アラフォーと、バブル期に、エグゼクティブだったような人を、
現代の、マリーアントワネットとばかり、やたらと、別格扱いしていたのが、今度は、やたら、年齢ばっかり言ってますよね。


一昔前の20代と、今の40代だったら、今の40代のほううが、ずっと若くて、きれいですが..。
(磨いている人の話ですが。)


で、これ、男性に対しては、何も言えないわけですよ。


戦前の、男尊女卑を、まだ、ひきずっている田舎者(失礼)的発想の方々が、企業や、マスコミにも多いと見えます。


ヨーロッパでは、年齢を女性に聞くのは、失礼な行為。


差別的発言は、罰金の対象にまでなっています。


ところが、日本の場合、もっと、陰湿ですよね。


これも、格差を感じまいという、苦しい人々の、むしろ、劣等感の表れかと思います。


(同じ年とは思えない人を陥れたい、みたいな。笑)


あらゆるところに、日本人の心の貧しさ、それが、ある種の異様さまで、この国に、表れてきた証拠かなと思います。


若いという言葉自体、何も意味していないわけですが、(というのは、若いということが、綺麗でも完璧でも、健康でも金持ちでもないですし。)やたら、若く見える的コマーシャルも、ほとんど異常です。


すでに、論理が、破綻していますから。


20代だからって、チビ、デブ、ハゲもいるでしょうし、
顔中、ニキビだらけで、洗練もされていないし、牛乳瓶の底メガネかもしれないじゃないですか?(笑)


40代で、美しい女優さんなんて、いっぱい、いますよね?


女性は、洗練されなければ、美しくなれませんから、どんどん美しくなる女性と、すぐ、おかしくなる女性、最初から、どうする気もない方々など、年齢に無関係なわけですよ。


そもそも、美容についても、何の知識もなく、洗練度の低い方々が、一生けん命、自分と無関係なモデルさんなどを使って、ネガティブキャンペーンやってるって、かなり、無駄かと。(笑)


また、少子高齢化については、世界的に見ると、人口は、増えすぎ(90%以上、後進国で増えてる)です。


しかし、日本では、鉄砲玉が欲しいという理由で、子供を作らせようという魂胆がミエミエで、やたらと、シングルの女性を引っ張り出して、(これも、なんで、男性じゃ、できないんでしょうか?笑)結婚さえすれば、幸せになれる的、破綻した論理も、日本ならではの異様さです。



ただ、ヴ細工な男性に限って、結婚結婚とうざいですし、これまた、どこで、マインドコントロールされたのか、女性も、キャバクラ嬢になるよりは、誰でもいいので結婚さえすれば、何とかなると考えている人もいるのかいないのか、いずれ、この、おかしな、おかしな日本人は、一層されることになるのかと。


それこそ、これから、スタグフレーションや、日本国債暴落、不動産、株、全滅。

リストラ、倒産の更なる嵐などが、予想されるわけですが、現在、お金を稼いだ経験のない方、
お金は、競馬であてるものと考えているような方、寝ていれば、旦那が、頭金なしの35年ローンを払ってくれると考えているような方々は、絶滅の危機に瀕するでしょう。


若いのでクールと、クールでない若者が、いくら怒ったところで、あるいは、お笑いのマネをして、狂い笑い集団と化したところで、ロスチャイルドの人類削減計画のほうが、やはり、数段上で、進行中といったところでしょうか.

Posted by ヴィーナス at 2012年09月12日 07:29
ーーーーーーーーーーーーー

どうして年齢相応の、また自分らしさのまま生きられない?スタイル良く見せてかっこ良く見せて、じゃ中身は?何で自分の自分らしさを表現しうる?

中途半端だから?・・・・・中途半端でいいじゃないんでしょうか。

人間なんて、本当は楽しく暮らすように生まれてきたはずなんです。だからもっともっとって欲張って生きていくことで自分を苦しめる事はないのです。

自分にゆとりがあれば、他人を蹴落としたり、中傷したり、覗き見したりする必要もない。ゆとりのない人が育てた子どもが、また増えていくのです。まずは自分から、ペースダウンしてみよう。



posted by キキ at 20:44 | Comment(0) | コメントご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。