2013年03月13日

アメノウズメ塾Nカダフィが殺された訳@あなたは知っていましたか…?







これは2011年10月の記事です。先日5日にベネズエラ、チャベス大統領が亡くなりました。チャベス大統領は熱狂的、といっていいくらい国民に人気がありました。西欧諸国や日本でイメージされているのとは全く違うチャベス大統領の演説などがあります。



カダフィ大佐とは盟友でした。「きっと死ぬだろう」と言っていました。何が本当なのか、チャベス大統領の演説を見ればわかると思います。



kad.jpg






カダフィが殺された訳@

また偉大な英雄が殺され、悪人、狂人のレッテルを張られ、真実がまた闇に葬られようとしている。


世界は何時になったら気付くのだろうか?



人様の国を思想が気に入らない、宗教が気に入らない、武器を持ってる(かもしれない)と言った自分本意の理由で侵略する国と同盟を組む事だけが選択肢だろうか?



国として、人として、考えなければ成らない事はないだろうか?
真実の拡散に賛同して頂ける方は、宜しくお願いします。
(アップされたamenouzumeiさんのコメント)





リビアの途方もない金が踏み倒される、または消えてなくなっているとは聞いていたけど…。そしてロシア側からは、欧米諸国に流されているリビア、カダフィ大佐への歪んだプロパガンダを、揶揄するような空気これは…



さて、本遍です―――


カダフィが殺された理由1


世界は権力者によって操作され真実は繰り返される嘘に埋もれる




「今日は、西洋諸国がカダフィと戦っている本当の理由をお伝えします」


洗脳を強く受けた日本人にも分かるようにお願いします。
8月20日カダフィ生前中収録



「主要メディアが話さないことです。カダフィが死ななければならない理由が3つあります。3つの理由は、彼がリビアの国民を殺害したなどと言うものとはまったく関係ない。



最初の理由は、カダフィがアフリカの為に通信衛星を提案したからです。1992年にアフリカ45カ国が、アフリカ独自の衛星を持つことを決心しました。インターネットや電話など全ての情報に関与するものですが、問題は資金繰りでした。



どこからねん出できたのでしょう?彼らはIMFに行きました。(むろん△印の団体)しかし、IMFは知っていました。資金提供すると西洋諸国に危険を伴うと。



西洋諸国は毎年5億ドルもこの通信ビジネスで利益を上げていたからです。アフリカの通信ビジネスからです。



2007年にカダフィは独自に衛星を持つ企画の資金提供大部分を約束しました。
アフリカは最初の通信衛星を所有することになり、アフリカの人々は通信情報を使えるようになるのです。アフリカの国々はたったの4億ドル、たった1回払うだけです。たった1回です。




考えてみてください。欧州がどれほどの収益を失うのか?毎年、年間5億ドルですよ。(1億ドル=7億5千万円くらい)カダフィの所為(しょい=仕業)で、ですよ。衛星の資金提供をされることによって」。


kad1.jpg
(リビア)



カダフィはこの時点でリビアのみならず、アフリカ、世界のために命を賭けたのだろう。



「カダフィが3億ドルを用意し、他の国々が残りを出しました。これが最初のカダフィが殺される1つ目の理由です。



2番目は、カダフィとアフリカはアフリカに3つの主要な銀行をつくることを決議しました。1つ目がAMF、アフリカ通貨基金です。AMFの設置によって、アフリカはIMFに借金する必要がなくなるのです。国際通貨基金は無用になるのです。




さあ、想像してみましょう。どのくらい、欧州諸国が損失を被るか?


AMFが設立されたら……



欧州諸国はこの計画に気づき、彼らも参加を希望しました。2006年のカメルーンのヤウンディで、アフリカ諸国はアフリカ外部の国のAMFへの不参加を決定しました。





想像してみて下さい。どんなことなのか……?


資金融資を拒絶しただけでなく、AMF参加も拒否したのです」。

kad2.jpg


kad3.jpg
(リビア)




欧州諸国がどれほど損失したのかはわからないが、彼らの怒りは想像できる。逆を言えばどれだけアフリカを食い物にしてきたか、だ。



「彼らを参加させるということは、彼らの支配を受けるということです。
2つ目、銀行は中央アフリカ銀行です。中央アフリカ銀行は欧州の通貨使用を中止させます。



今日、カメルーン、コルティボア、カボンなど他のフランス語圏でもCFAフランが通貨として使われています。アフリカの銀行の出現で、私たちはナイジェリアのナイラのような独自の通貨を持つのです。



カダフィは再びです、このプロジェクトにもほとんどすべての予算を出資しました。



そして3つ目の銀行はリビアに拠点を置くものです。これは投資銀行です。アフリカの殆どの投資を担う銀行です。



さあ、ここでも想像してみて下さい。何が行われようとしているのかを……。



カダフィが西洋の経済を崩壊させることになるのです」。



kd5.png




アフリカで何処も成しえなかった西洋への反逆をした訳だ。何処か嘗ての(かつての)日本と似てはいないか?……



「だけど、カダフィの本意ではありません。彼は自由なアフリカを作るために、西洋の呪縛から逃れようとしたのです。アフリカの人々は独立したいんです。だけど西洋諸国は望んじゃいない。



オバマがカダフィから盗んだ資金は、カダフィがこれらアフリカのプロジェクトに用意したものでした。リビアの国民を殺戮するための資金と言っていますが、真実ではないですね、大統領。



あんたは知っていますよね、本当は!



いや知らないのかもしれない。経験もなく、言われたことをする操り人形だから」。


hugo chaves.png
(チャベス大統領)



チャベス大統領(ベネズエラ)

「いま、NATOの恥ずべき行いをみて下さい。道徳的に恥ずべきことをヤンキー政府を始めとしたヨーロッパの政府は行っています。ヤンキー政府は帝国です。



最も恥ずべき人々は、少し前までトリポリに行ってカダフィに貯蓄を預けるように頼んでいたヨーロッパの政府です。2千億ドルもの貯蓄をいまや彼らはこれを凍結しました。ほぼ全額です。




ヨーロッパの政府はカダフィに、こっちに100億あっちに50億と言う風に送金を頼んでいました。彼は私にそう言い、ヨーロッパの政府や大臣の書簡を見せてくれました」。



『某銀行に100億ドルばかり預金していただけないでしょうか?』資本主義とはどういうものだかわかるでしょう…打算ばかりで友だちは存在しません。」



あのお金はこのプロジェクトのものなんですよ!あんたがリビアから分捕ったあのお金ですよ!



3番目の理由、カダフィが殺される理由…
それはアフリカ統合(ワンワールド化)に関係してます。米国のようにアフリカ統一が推し進められています。西洋諸国が植民地アフリカに最初したことと言えば、アフリカの分断です。



貴方が強い結束を壊したければ、内輪もめさせる方法を探すことです。西洋人が行った最初の事がこれですよ!彼らが支配出来るように…。2番目に行ったのが、教育をさせない事!もちろんアフリカ人を無教養にするために。



教育は発展への鍵でしょう?
3番目に西洋人がした事は、強力な独裁者に統治させ、欲しい物は独裁者に何でもくれてやったんです。政権に民衆が盾突くことがあれば、西洋諸国は彼らを殺すのです。




西洋諸国は驚いたんです。チュニジアやエジプトで起きた変革を。―――そこで彼らは、これらを利用してリビアの問題をでっち上げました。西洋諸国によってでっち上げられたのです。



リビアに行けば分かります。教育は無料!大学までですよ!保険料も無料。仕事がなければアパートも無料。―――リビアは美しい国です」。



アメノウズメ塾中級編Oで見てくれれば分かるだろう。美しい国としか言えない…。



「西洋人はカダフィが殺戮者だと宣伝している。だけど同じ人間がですよ、全てを与えている?―――無料教育、無料保険、全ての人の面倒を見ている。自国民を手厚く面倒みて殺害している?んな訳ないでしょ?



リビアに爆弾を落とす国々について教えてあげます。奴らは破産してるんです。本当です、破産してる!米国は中国に金を借りるほどで、欧州はユーロと地に落ちている。NATO諸国はすべて破産してるんです。




カダフィはアフリカの独立のために資金を注ぎ込んでいるのです。だから、クリントンがアフリカに行って、カダフィに従わないよう工作しているんです。カダフィと取引するなと…。




実際、奴らは、反政府軍に対しワシントンDCに大使館を開くように要求したのです。反政府軍を正当化するためです。オバマがやってる事です。



ヒラリー・クリントンはアフリカに中国と取引するなと言っている!中国はアフリカの人間を殺戮してない!無人機なんかで―――。中国は民主主義を旗に掲げ、イラクやアフガニスタンで戦争を起こさない!




中国人はビジネスしているだけ。中国と取引して何かまずいんですか?西洋諸国は何かアフリカの人々に良い事してきましたか?」




何一つしてないでしょうね。慈善だのボランティアだのと抜かして、搾取しか考えていないから。




「何かアフリカの人に良い物を残しましたか?」



残したものと言えば、



エイズ

地雷

貧困

憎悪


ですかね……




「私たちアフリカ人は生きのびてみせます!あなたたちの無人機や爆弾や侮辱から!」
必ず生き残って下さい!



いつか真実を暴いてやります。



金と支配のためとはいえ、これらは許される事じゃない!


―――――


カダフィ大佐の最期の様子…(画像は割愛)


貴方が死ぬことは私が分かっていたように


貴方自身が覚悟していたと思う
この狂った嘘だらけの世界に1人立ち向かった貴方に


少なくとも私は心からの尊敬の念を送ります


こんな横暴は絶対あってはならない


民主主義を守ると言っては他国に地雷を残し


正義のためだと言っては他国に爆弾を落とす


他国を我が物顔で操る帝国の存在

―――――



そして邪悪な者を正義と信じる多くの民
口に出るのは



「証拠を見せろ!」
「私の幸せには関係のない話だ!」




同じような歴史が繰り返されても、分からない人には分からない



資源の豊かな国を探し出して、石油企業などを誘致させます。国会会議では賛同させ、強いられる。もし従わない時には、リーダーの暗殺を計画して、追い出します。もし暗殺に失敗したら、イラクの時のように軍隊を送るだけです。




目前にある事実が理解できない。



―――インディアン、アボリジニを殺害してきた歴史を知っても、白人が文明をプレゼントしたヒーローくらいに思うのだろう。



カダフィ大佐のご冥福をお祈りします
優しい人は自分を優しいとは言わない
正義の人は、行為を正義とは言わない
これらの言葉を操るのは、ペテン師と悪魔だけである


アメノウズメ塾カダフィが殺された訳Aへ続く







posted by キキ at 10:49 | アメノウズメ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする