2022年05月09日

ワクティーンは最大のソロモンアッシュ適合実験







VAXXING THE SHEEPLE:C□V□D-19は、これまでに実施された最大のソロモンアッシュ適合実験

2022年5月8日日曜日投稿者:SDウェルズ

Natural News


(Natural News)心理学の最も古い研究手段の一つであるソロモンアッシュ適合実験を使って、C□V□Dの全パンデミックを推進した人々は、50億人近くの人々に、自分たちが現実的で妥当だと知っていることに逆らい、「大衆」もやっていると思うことに基づいて「安全」の選択をするように説得したのです。


地球上の何十億という人間が、あらゆる大陸、あらゆる国から、他のほとんどの人がやっていると信じていることに従ったのである。非常に社交的な生き物として、人間の大多数は、「システムに逆らう」のではなく、「受け入れられる」、「好きになる」ことを望んでいます。それは適合性と不適合性の恐れと呼ばれ、この壮大な実験は彼らの健康、生計、人権、医学的自由、そして彼らが持っている最後の1ペニーまでも犠牲にするかもしれない。


◆シープル症候群:彼らの選択についての完全な不信に直面して、何十億もの人々が大衆と「調和する」ためだけに進んだ


あなたは、紫色を見ていて紫色だとわかっていても、周りの人が先にオレンジ色だと言ったら、オレンジ色だと宣言しますか?


もし、他の10人が全員オレンジ色と先に言ったとしたら?100人、1000人、100万人がオレンジ色と言ったら?


それから、もしあなたが順応するために紫と言ったとしても、オレンジと言った人は全員俳優で、オレンジと言うように言われ、さらに他の偽の人たちの偽の答えだと後で知ったらどうしますか?


次に真実を知っても、あなたの答えや選択は「大衆」のそれとは異なるものになるとしたら、あなたは「流れに逆らう」ことになるでしょうか?

Brighteon.TV
ソロモンアッシュ適合実験が世界の舞台で行われた。季節性インフルエンザより致命的でない「ウイルス」が、次の黒死病と称され、大衆は、確実な死から「自分を救う」ために、誰もが予防接種を受け、口あてをつけていると信じ込まされた。


ワ〇〇ン・パスポートの本当の目的はそれだ。ワ〇〇ン接種を受けなければ、いかに「間抜け」で「無謀」であるかを皆に示すことであった。わかったか?不適合への恐怖が、羊たちを致命的な血液凝固ワクチンを接種し、酸素を奪う口あてを一日中装着するように仕向けたのだ。

◆C□V□D -19に関する世界的な物語は、何十億もの人々が自分たちのより良い判断と「適合」に完全に反対することを確信させました」



ほとんどの人は、ワ〇〇ンが実験室で開発されるのに何年もかかることを知っており、大量注射のためにパブリックドメインにキャストされる前に広範な臨床試験を経なければなりません。C□V□Dワ〇〇ンは急いで市場に出され、「緊急使用許可」および「緊急使用」のみのラベルが付けられました。


言い換えれば、何十億もの人々が危険な実験に参加していることを知っていましたが、マスメディアが彼らを他の誰もが従う前に適合していると考えさせたので、そうすることを選びました。

ほとんどの人間は、口あてを着用している間、適切に呼吸できないことを認め、短期間で口あてを外します。常識を使用して、口あてを一日中どこでも着用し続けると、健康と幸福に影響を与えることを理解します。


しかし、物語は反対であり、CO□V□D-19から身を守るために、一日中酸素供給の20%を遮断することは「安全で効果的」であると彼らに確信させました。

これは、現実であることが証明されていない別の陰謀説です(パンデミックウイルス」はまだラボで分離されていません)。そのため、P〇Rテストはすべて偽物です。これらは、ソロモンアッシュの適合実験のもう1つのツールです。


C□V□D 19は、健康な人間、10代の若者、子供、または赤ちゃんにとって致命的であることが証明されたことはありません。しかしこの物語は、すべての年齢の若い健康な人々に、遺伝子操作する実験的な技術で注射を打つよう説得してきました。


まったく「ワ〇〇ン」適合性は、実験全体の大量殺戮の視点です。非常に多くの人々は、それが事実であろうとフィクションであろうと、「大衆」がしているように見えることをしないことを恐れています。


世界中の50億人近い人々が、他の人々がしていると思われる間違った選択をしただけで病気になり、すぐに死んでしまうという壮大な実験に、どのように、そしてなぜ喜んで参加するのかを見聞きすることができます。


https://youtu.be/iRh5qy09nNw

一部造語を使っておりますm(__)m







posted by キキ at 00:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2022年5月9日プーチン大統領







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月9日プーチン大統領


花々が季節の移り変わりを教えてくれています。


お花を見ていると、こんなにも可憐な生物をつくってくれた自然界に「ありがとう」と言いたくなります。


私達は地球に暮らしています。
地球人だということを認識出来れば、戦争もしなくなるかと思うのですが、私達はこの度、残念な結果を目にしました。


人が人を傷付ける、それも戦争という名で。
人は何故残虐になれるのでしょうか。
戦争が大好きだとしか思えぬプーチン大統領。彼も人の子、人の苦しみがわかっていないはずはないでしょう。


どんな野望を持っていたとしても、一つしかない大切な命を奪う権利は誰にもない。


この度の出来事は、プーチンを歴史の中で間違いなく悪人として登場させることだろう。


ただ、歴史というのは恐ろしい面もある。
権力を手にした毛沢東は、欧米に並ぶ国力を目指すも、後に大量虐殺を行い、甚大な飢餓へと繋がって失脚。後に文化大革命を引き起こし、再び数百万人もの国民を死に至らしめたのです。しかしそんな毛沢東ですが、今では中国建国の父になってもいます。


恐怖政治で権力を握った赤の皇帝。
ソ連のスターリン書記長も、党内のライバルや一般市民、文化人 学者、外国人までもを“人民の敵”とみなして粛清を行いました。

偉大な指導者として国歌にも歌われるほど個人崇拝を望みましたが、スターリンは晩年「自分の周りにいる人間は総て敵である」と悩まされたみたいです。そして、今のプーチン大統領にもこの思いが忍び寄っている気がします。


スターリンは脳溢血で亡くなりました。プーチン大統領にも必ず死は訪れますが、多くの人の恨みをかった分、穏やかな終わりにならないことでしょう。


ヒトラーのような終わりにはならないでしょうが、「嘘がばれない」なぁんてことがあるはずもありません。


きっと厳しい体験をすることでしょう。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索


posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

世見2022年5月8日露政府間協議







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月8日露政府間協議

今、世界が大きく変わりかけている気がする。
人々が造り上げた街々が、アッという間に砲撃で瓦礫と化してしまうのだから胸が痛む。


地下に逃れ、電気もなく、水もなく、雪をかき集めて飲んだとニュースで知ると、こりゃ拷問だぁと思った。


人間はどうなると非道に走れるのだろうか。


戦争が命のやりとりなのはわかる。
だからといって、心をなくしてしまっていいのだろうかと思う私は、何もわかっていないのかもしれません。


北方領土問題も暗礁に乗り上げてしまうだろう。


2014年に起きたウクライナ危機に対して、日本政府はロシア政府関係者らに対するビザの発給停止などの制裁を行いました。


この時、プーチン大統領は「北方領土問題の交渉プロセスを止めるのか」と発言し、ロシアは交渉の用意があるとも言ったのですが、ロシアへの入国を禁じる日本人リストを日本政府に提示後、北方領土を含むクリル諸島で軍事演習を行い、外務次官級協議も一方的に延期したことがあります。


プーチン大統領は、今回の日本の対応にはかなり激怒していると思われるのです。


外交カードの1つとして、北方領土返還を活用して来たロシアでしたが、何か嫌がらせをしてくるのが心配です。


ウクライナ侵攻は私達の生活にも忍び寄っています。


世界経済が大きく揺れることでしょう。
食料難の時代がすぐにやって来るとは思いませんが、値上げの嵐は避けられないと思います。


プーチン大統領と安倍前首相の、日露共同声明が行われたのは2013年の4月でした。


「可能な形で最終的に解決することにより平和条約を締結する」


この決意表明は何だったのでしょうね。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

世見2022年5月7日火山活動







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月7日火山活動


揺れる度に体中が痛がるのがわかります。
震度4クラスの地震があちらこちらで起きると、次は我が家も揺れるのかと身を引き締めます。


これからも地震や火山噴火は不意打ちでやって来ることでしょう。


火山に付いては、110の活火山に対しては、気象庁が噴火警報を出すことになっています。


2014年の9月27日、御嶽山が突然噴火した時には噴火警報が間に合わず、登山客が57人も亡くなられ、行方不明になられた方が6人もおられます。


雲仙・普賢岳の火砕流の時を超える、戦後最悪規模の噴火災害になってしまったのです。


御嶽山は常時観測火山に指定して24時間火山活動を監視していたのに、今回の噴火は予期出来ませんでした。


御嶽山は標高3,000m級ながら、7合目まで行くことが出来るロープウェイや駐車場なども整備されていることから、日帰りで登れる山として人気が高いお山でした。


9月下旬から10月中旬には紅葉が美しく、この日は土曜日でしたから多くの犠牲者を出してしまいました。


2013年に世界遺産に登録された富士山も活火山です。


かつて噴火していない火山は“休火山”或いは“死火山”などと呼んでいましたが、2003年には定義が見直されて、日本には活火山が何と110もあるのです。


御嶽山の噴火から8年が経ちました。
御嶽山の噴火が学びになっているといいのですが、いつあの美しいお山の富士山が大噴火するかもしれません。


出来ることなら富士山には噴火を我慢して欲しいところですが、箱根山も気になることから、いつどうなることやら。


火山の近くに住んでおられる方も、火山に観光や登山に出掛けられる時は気象庁のホームページをチェックするくらいはなさってください。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

世見2022年5月6日太陽に感謝







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月6日太陽に感謝

太陽が輝く、ありがたいことです。
太陽が輝く、エネルギーの源は何処にあるのだろうか。


核反応が起きると多くのエネルギーが出ることがあり、このことが太陽を始めとする恒星のエネルギーの源だと言われています。


ただね、太陽にも寿命があるようです。
太陽は中心で水素を消費して輝いているのですから、いつの日か燃料切れをする日がやって来ます。


燃料で得られるエネルギーの総量をエネルギーの消費率で割ると、太陽の寿命は約100億年になるようです。


太陽が誕生して46億年経過していますから、太陽の寿命は今までと同じくらいあると思います。


ただね、太陽からは光だけでなく物質も放出されています。


この粒子の流れを太陽風と呼んでいます。
地球に向かって吹き付ける太陽風が、地球に悪さをするかもしれません。


太陽面で爆発が起きると、粒子の個数や速度がグンと増えます。


もしかすると、この太陽風は磁力線に影響をして、地球が揺れやすくなる気がします。


太陽では、磁場の強い時期と弱い時期が11年周期で繰り返されているといいます。


今はどの時期なのでしょうか。
古代人は太陽を神と信奉しました。
現代人はどうでしょうか。


太陽などあって当り前と思って暮らしている気さえします。


太陽に異変でも起きたら大変ですが、誰もが大丈夫と思い込んでいます。


太陽の表面温度は5800度くらいあるそうですが、ある日内部で何かが起き、表面温度がアップでもしたら、地球はどうなるのでしょうか。


今日はお日様に感謝!
心からお礼を申し上げます。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月05日

世見2022年5月5日こどもの日







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月5日こどもの日


今日は立夏でこどもの日です。
こどもの日とは、「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかると共に母に感謝する日」として制定された国民の休日です。


1948年に制定されたこどもの日ですが、子供と書かず「こどもの日」と平仮名になったのは、子供も読めるようにしたからだそうですよ。


今日は端午の節句でもあります。
端午の節句とは、勇ましい五月人形を飾り、空を泳ぐ鯉のぼりが気持ちよく男の子の成長を祝い、立身出世を願う行事でもあります。


端午とは、月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味でしたが、午(ご)と五の音が同じことから、5日を指すようになったのです。


今では男の子の節句として祝われていますが、もともとは身を清める女性の行事だったのです。


男の子の行事になったのは、武家社会になってから。世継ぎの男子の成長を祝うようになったのです。


端午の節句といえば、柏餅と粽(ちまき)です。


柏は新芽が出るまで葉を落とさないのを見て、室町末期頃から縁起の良い木と言われていましたから、柏の葉を巻き、子孫繁栄の願いを込めて食べられるようになりました。


粽(ちまき)は邪気を祓うとされ、中国から伝わったのです。


今日は、柏餅や粽でも召し上がってみては如何でしょうか。


もしかすると邪気を祓ってくれて、コロナウイルスを寄せ付けないかもしれません。


私達は、姿が見えない、気配もない、奇襲されても気付かない、目に見えない敵がどれほど恐ろしいものかを知らされました。


まだまだ新型コロナウイルスと闘わなくてはいけないかと思うと、心身共に疲れますが、私達人類は感染症との闘いの中で進化し続けて来ましたから、必ずや勝利する日はやって来ると思います。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

世見2022年5月4日ウクライナの惨劇







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月4日ウクライナの惨劇


音楽というものには不思議な力があります。
クラシックを聴きながら飲むコーヒーの味は格別です。


原稿も書きやすいから、我が家ではいつもクラシック音楽が流れています。


私の気力をアップさせてくれるのが真田ナオキさんの歌声で、彼の歌声を聴いていると、やる気が出て来ます。


今日も彼の歌声が背中を押してくれました。


今日という日は今日しかないから、私は最大級の笑顔を鏡に映して自分の顔をしみじみと見ていたら、今日が一番若い日なのだと見入ってしまった。


私は今も倖せです。
平穏で過ごせるのはありがたいことです。
ウクライナの惨劇を目にすると、心の奥がズタズタになります。


でも人間は逞しいから、いつの日かきっとウクライナにも明るい未来が広がることを信じたい。


プーチン政権が旧ソ連のスターリン以来の長期政権になったのが、2018年の3月。大統領選挙で再選が決まったあの時から、もしかするとプーチン大統領は今の流れを考えていたのかもしれません。


ロシアとウクライナとの仲は今までも良かったとはいえません。


2018年の10月、コンスタンティノーブル総主教庁がウクライナ正教会の独立を承認すると、ロシアは反発をして、正教会は総主教庁と断絶したのですから。


この度の動きは、もしかすると2018年から燻っていたのかもしれません。


徴兵制を採用する国を見ますと、4位にロシアが入ります。


ウクライナも29.2万人の徴兵制を採用していますが、ロシアは145.4万人と、


数字を見ても徴兵制に力を入れているのがわかります。


混迷する世界を見ていますと、難民の増加は一向に止まりませんが、この度もウクライナの人々が難民になってしまいました。


悲しい出来事はいつ終わるのでしょうか。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月03日

世見2022年5月3日日本のお祭り







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月3日日本のお祭り

今日は憲法記念日です。
憲法記念日は、「国民主権」」「平和主義」「基本的人権の尊重」という3本柱を持った日本国憲法が施行されたのを記念して、国民の祝日になりました。


1947年5月3日に施行されたというのですから、戦後間もないこの時期に、国民は日本国の成長を望んでいたことでしょう。


今日くらいは、日本が平和であることを心から喜びたいものです。


コロナ禍でどのようになっているのか気になりますが、今日は「横浜開港記念みなと祭り」です。


それと、「博多どんたく港祭り」も始まります。
福の神や稚児などに仮装した人々が松囃子(まつばやし)に合わせて、しゃもじを叩いて練り歩くお祭りです。


博多どんたくは、平安時代末期に始まったと言われているのですが、明治時代には、どのような理由なのかはわかりませんが禁止されました。


「下関海峡祭り」の中で行われるお祭りのひとつ「先帝祭」(せんていさい)も今日です。


このお祭りは、壇ノ浦の戦いで敗れ、わずか8歳で命を落とした安徳天皇の霊を慰めるために、生き残った平家の女官が毎年安徳天皇の命日に、身を清めて赤間神宮に参拝したのが始まりと言われています。


山口県の皆様、十二単の女性が安徳天皇の霊を慰める「先帝祭」は今日ですよ。


福岡県の皆様、200万人もの観客を集める「博多どんたく港祭り」は大規模な市民祭なので、今日と明日は大いに楽しんでくださいね。


神奈川県の皆様、国際仮装行列が見所と言われる「横浜開港記念みなと祭り」は、私も一度は行ってみたいです。


今日は5月3日の「憲法記念日」、明日4日は「みどりの日」、5日は「こどもの日」。と祝日が続きます。


もしかすると、4月29日の「昭和の日」から続けてお休みの方もおられるかもしれませんね。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月02日

世見2022年5月2日アメリカ合衆国の大統領







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月2日アメリカ合衆国の大統領


日本の国家元首は、内閣総理大臣です。
アメリカのトップは大統領。
でもね、同じリーダーでも、アメリカの大統領は日本の総理大臣とは随分と違うようです。


アメリカの大統領は、行政の任を議会に依存せず遂行出来るといいます。


それとね、量刑の重さに関わらず恩赦を出せる権利もありますし、閣僚の罷免権を発令することも可能です。


また、アメリカの大統領は、陸海空軍の最高司令官でもあるのです。


アメリカはご存じの通り50の州で形成されています。


各州知事は、日本の県知事とは違い、遥かに強い権限を持っています。


それぞれの州が1つの国に近いのです。
独自の法律やルールがありますから、これを束ねなくてはいけない大統領には大きな権限が必要なのです。


アメリカ合衆国大統領に就任するためには、35歳以上であること、性別や人種は問いませんが、出生時点でアメリカ国籍を持っていなければなりません。


フランクリン・ルーズベルトは、12年と39日間アメリカの大統領の座にいましたが、在任中に脳卒中で亡くならなければ、後4年間は続けていたはずです。


今はといいますと、4年に一度、国民の投票によって選出又は再任されると決められており、3選は禁止です。


ロシアのプーチン大統領のように独裁政権が長く続くことは、今のアメリカではないかもしれませんが、憲法改正が行われると3選もあるかもしれませんし、人種は問わないとありますが、驚きの人物が大統領の座を狙うかもしれません。


1776年7月4日までアメリカ大陸がイギリスの支配下にあったことが今は嘘のようです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

世見2022年5月1日核戦争







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月1日核戦争


5月1日です。
早いなぁ〜、5月がやって来ました。
ゴールデンウィークをどの様にお過ごしですか?


今日は「高岡御車山祭(たかおかみくるまやままつり)」です。


壮麗な山車は、江戸時代の名工によって作られています。


1588年、加賀藩二代目藩主の前田利長の時代に始まった祭りと言われています。


御車山(みくるまやま)と呼ばれる山車(やま)*7台が高岡市内を曳き廻されるお祭りです。(*高岡では山車を“やま”といいます)


お祭りは心をワクワクさせ、私達を元気にしてくれるパワーを持っています。


新緑が青々と萌えるこの時期は、何かいいことが起きそうな思いもしますが、ウクライナを見ていますと心の奥底から辛さが湧いて来て、戦争を見るのはもう嫌です。


1945年、アメリカは世界に先駆けて原子爆弾を実用化させました。


あの残酷な兵器は、広島・長崎に暮らす人々を地獄の苦しみへと連れて行きました。


もしも、又何処かで核が使われでもしたら、第3次世界大戦に進む気もします。


様々な新兵器が世界の歴史を塗り替えた、といっても過言ではありません。


核兵器の問題は、原爆を使われた地域は勿論、汚染が発生し進軍する味方の部隊も放射能に犯されます。


核戦争が勃発することがあると、人類が滅亡してしまうのではないかという大問題もあり、米ソで7万発を越える原水爆を保有していた頃には、世界的な反核運動も盛り上がりました。冷戦に於ける両陣営にとっては最後の札になったこともありましたが、この度のウクライナ侵攻では、「もしかすると‥‥」なる思いも一瞬心をよぎりました。


でも、宇宙空間の人工衛星から、地球に向かって金属魂を射出させ、目的の都市に到達させるという、隕石の衝突のような兵器を考えている気がして恐ろしいです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする