2021年03月31日

世見2021年3月31日 パルミュラ







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月31日 パルミュラ


今年も3月が終わります。
これからはポカポカ陽気を楽しめますね。春ですよ‥‥。


本来ならピカピカの一年生の笑顔が見られるのですが、コロナ禍でどのようになるのでしょうか、少し心配です。


今日はね。
春らしいテーマが書けるといいなぁ〜とは思ったのですが、これだというのが浮かびません。


「パルミュラ」ってどういう意味なのだろう。
いつも突然過ぎて驚きます(笑)。
パルミュラ‥‥ウ〜ン、わからない。
「砂漠に咲いたシルクロードのバラ」
オアシスの街 タドモル


今では人口は1万人に満たない街ですが、かつては古代ローマ人にパルミュラと呼ばれていた頃‥‥、あれ、パルミュラって都市の名前だったのですか?


最盛期には5万人もの人々が暮らしていたとか。


私ね。こうして書いているのですが、いつも着地点がわからず書いているのです。


だからね。
どうやら「パルミュラ遺跡」をキャッチしたみたいです。


390本の円柱が立てられていた最古の建造物パール(あれ、もしかしたらバールかな?)大神殿。私こうして書いているとパなのかバなのかわからなくなります。


パルミュラは、中国・長安とローマを結ぶシルクロードの主要な宿駅のひとつだったようです。


中国の絹、アラビアの真珠、地中海のワイン、ローマの工芸品、造船など材料として欠かせないレバノン杉、アフリカの象牙‥‥。


お宝がこの地に集まっていました。
聞こえませんか、人々の息使いが。


シルクロードのバラと称賛された都市国家でしたが、やがて滅亡してしまいました。パルミュラがタドモルの地名に変わるまで、どの様な歴史が作られたのでしょうか。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2021年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

世見2021年3月30日 揺れたとき何をするか

世見2021年3月29日






★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
楽しみは


何でも先に物事の良し悪しを決めていたのでは、“考える”という楽しみ事が減ります。


時には、自分の判断で決めるのではなく、誰かの意見を聞くもよし、自分の考えの中で道を見付けてみるのもいいと思いますよ。


決め付けから自由になると、ご自分の可能性はもっと広がると思います。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2021年3月30日 揺れたとき何をするか


地震のことを書くとご心配をお掛けするかもしれませんが、私自身も気になるのが地震です。


私の体は何を感じ取っているのか、自分が地震を体感する数時間前頃から、腰に独特な痛みが走ります。


ズキンズキンというのではなく、動きたくないといいますか、動けないといいますか、腰にズワーといいますか、息を止めて痛みが治まるのを待つような、表現しにくい痛みがやって来ます。


2月13日も8時頃からこの痛みがやって来て、湿布を腰に貼ったりもしました。


だからね。地震が来るなぁ〜と身構えてから、午後11時8分の揺れが来るまでの間、かなりの緊張状態で何となくテレビを見ていました。


緊急地震速報のアラームが鳴った時には再びあの腰の痛みです。


私は地震が起きると俊敏な対応が出来ません。
あなたも、地震が起きる前に体で何かを感じませんか。


耳鳴りや、耳の中でピーと鳴る音と申しますか、何かいつもと違う感じを体感したとか‥‥。私達には動物的勘があり、地面の動きを感じ取れるものがあると思うのです。


感じたからといって、私のように役立たせることは出来ないかもしれませんが、気構えだけは出来ると思っているのです。


体にお知らせが来た時には、恐がるのではなく、揺れが起きた時、何をするかくらいは考えておいた方がいいということをこの度学びました。


地震大国日本列島に暮らす以上、心配して待つのではなく、日頃から、もしもの時自分はどのような行動をとるのかを考えていてもいいのではと思います。


この間の地震はM7,3もの大きな地震にもかかわらず、被害が少なかったのが幸いでしたが、そんなに遠くないある日、又、大きく揺れるかもしれません。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

世見2021年3月29日 令和は始まったばかり








★世見★

<世見>
世見2021年3月29日 令和は始まったばかり


令和3年なのですよね、今年は。
令和2年になってからは、世界は新型コロナウイルスに乗っ取られてしまいました。


令和3年も、まだコロナ禍の中です。
でもね。今日はどうやら満月ですよ。
弥生3月も、あと二日で卯月4月にバトンタッチです。


3月3日は、女の子の日
5月5日は、男の子の日
日本人って、桜には格別な思い入れがありますよね。
毎年春になると桜の開花前線が話題になります。


開花予想の指標にはソメイヨシノが使われていますが、その理由は、ソメイヨシノは殆ど狂い咲きしないため、季節の変化を正確に掴むことが出来るからなのです。


桜は3月一週目から4月下旬まで、日本中をピンク色に染めて人々を楽しませてくれます。


オオ早々、ソメイヨシノ以外を指標にしているところもあるようです(北海道、 奄美大島、沖縄)。


令和3年の今年は赤ちゃん誕生が少なくて、このまま人口が減少するのか心配になります。


平成時代は激動だったと言われています。
平成といえば「金さん・銀さん」を思い出します。


明治25年生まれの双子の姉妹で、「金は100歳」「銀も100歳」というCMもありました。金さんは平成12年107歳で、銀さんは平成13年に108歳で長寿の人生を終わられました。


令和はまだ始まったばかりです。
コロナのニュースばかりを見る日々から、金さん銀さんのような明るいニュースが見られると嬉しいのですが、経済も心配材料があり過ぎます。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

世見2021年3月28日 地震雲







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月28日 地震雲


こんなに楽しい時間を持たせてくれてありがとう‥‥。
こうして原稿を書き始めると、誰に言うでもなく、こんな言葉が出て来ます。


自分でも毎日よく書けることと思う日もありますが、書いても書いても又書きたくなるのです。


「書かなくてはいけない」なぁんてね、使命感などはありません。


でも、いつも感謝しています。
お読みくださる方がいて、その方々が私にエネルギーをくださるのですものね。


だから今日も書きたくなるのです。
「ありがとうございます」
2月13日の揺れから1カ月以上が経ちましたが、体というのはあの日の揺れをまだ忘れてはいません。


私の住む川口は震度4でしたが、我家の揺れはあれで4なのと思えるくらい揺れました。


震度6強の揺れは体験していませんが、人が立っていられない揺れだと言います。


東日本大地震の余震は、又起きる気もしています。
地球が誕生してから今まで数えきれない地震が発生して来ました。


地震について何も知らなかった太古の人々は、神様が引き起こすと信じていました。


大地が揺れると、神様の怒りの表れだと信じて、神様に祈りを捧げました。


今では緊急地震速報が大きな揺れを教えてくれます。


私は地震雲を信じています。
かなりの確率で揺れますから。
だからといって日時まではわかりません。
2月13日の20日前にも大きな地震雲が出ていました。
「紀伊半島南東」と急に書きたくなりましたが、和歌山・三重が揺れ始めると気を付けて欲しくなりました。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

世見2021年3月27日 日本の世界遺産







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月27日 日本の世界遺産


日本に世界遺産は幾つあるのでしょう。
世界遺産というのは、後世に残すべき人類共通の財産として、ユネスコの世界遺産リストに登録された自然や文化財のことです。


日本国内の世界遺産は、全部で23件あります。
世界遺産リスト誕生のきっかけになったのが、古代エジプトのアブ・シンベル神殿です。神殿がダム建設のために水没の危機に直面した時、遺跡の移築に国際的な支援が集まったことが始まりです。


世界遺産には自然遺産、文化遺産、複合遺産の3種類があります。


2020年には1,121件が登録されています。
日本の自然遺産は、屋久島、白神山地、知床、小笠原諸島の4つしかありません。


世界遺産といえば、2019年の10月、とても悲しい出来事が起きました。


首里城正殿と北殿、南殿が焼失してしまいました。
ところが世界遺産には「首里城跡」として登録されており、建物は登録されていませんでした。


首里城はかつて琉球諸島を治めていた琉球王朝の王城ですが、太平洋戦争中の沖縄戦の時にも焼失したことがあります。


戦後再建されたのに、又焼失したのですからとても残念です。


暫定リストには今7件入っていて世界遺産登録を目指しています。


世界遺産への正式な登録は、年1回開かれる世界遺産委員会の最終審議で決まります。


早く彦根城が世界遺産に登録されるといいなぁ〜と思ったりもします。


あなたは日本の世界遺産に何件訪れましたか?


私は20件です。
あと3件は未だです。


「明治日本産業革命遺産」、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」はまだ行ってはいません。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

世見2021年3月26日 フルートのコンサート







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月26日 フルートのコンサート


音楽は人類が創り出した宝物です。
「ドレミファソラシド」「ドシラソファミレド」
素晴らしい世界を、幸せと共に世界中に届けてくれるのが音楽です。


私は家にいる時は必ず音楽を聴いています。
クラシック、ジャズ、演歌、歌謡曲と、その時の気分で聴いています。


最近よく聴くのが、フルート奏者・山形由美さんのCDと、真田ナオキさんの演歌です。


山形由美さんのフルートを聴いていますと、心の隅まで清らかになるから不思議です。


2月14日のバレンタインの日には、彼女のハートフル・コンサートを、川口市のリリアという所に聴きに行きました。


ステキでした。
『冬のソナタ』の挿入歌「マイメモリー」が流れた時には、冬のソナタの名場面が浮かび、ジーンと来るものを感じました。


山形由美さんのフルートを是非一度お聴きになってください。


頭の中のモヤモヤが消えて行くのがわかります。
クラシック好きな私ですが、CDというのは曲と曲の間に題名を言ってくれませんので、未だに曲名をそれほど覚えられてはいませんが、コンサートというのは曲の説明をしてくださるので、覚えられて嬉しいです。


山形由美さんのおかげで、チャイコフスキーの「ただ憧れを知るものだけが」と「感傷的なワルツ」が大好きになりました。


“曲と戯れる”‥‥いつもこのような想いをしながら、その曲その曲の流れに乗って、心をユラリユラリとさせています。


山形由美さんの上品な奏でとは随分と違うのですが、演歌・歌謡というのは、曲が流れると一緒に歌えるのが魅力です。


真田ナオキさんのファンになってからは、あの声を一日に一回は聴かないと何かしら忘れた気分になります。


今日は山形由美さんに感謝。
だぁってね。あなたのフルートを聴いて幸せになれたのですものね。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

世見2021年3月25日天災







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月25日天災


21世紀末の東京は一年の3分の1が真夏日になる、と言ったらどうしますか?


世界の平均気温は、132年間で0.85℃上昇しているのですよ。


昨年の夏(8月)、静岡県浜松では、最高気温の日本記録タイとなる41.1度をマークしました。


アメリカのカリフォルニア州デスバレーでは、世界最高気温(8月)とみられる54.4度もありました。


18世紀の産業革命以降、人間による森林伐採や化学燃料の使用で、CO2濃度が40%も上昇しました。


「暑い暑い」が口癖のように出る真夏日が、これからも続くのでしょうね。


私が子供の頃の夏って、今のように暑かったようには思えないのです。


路地には団扇片手に将棋をしている人がいたし、夕方になると打ち水をして、そのおかげで涼しさも感じたりもしていました。


勿論、家にクーラーなどありません。
扇風機はフル回転で首を振っていました。
私達は貴い何かを忘れてしまったのかもしれません。
2020年も世界各地で異常気象が多発しました。
7月には日本全土を豪雨が襲いました。
熊本県の人吉市では、球磨川が氾濫し7,400戸の家屋が被災。その後、岐阜、中国地方、東北と豪雨が続き、多い所では何と総降水量2,000ミリも記録しました。
「百年に一度」このよう

に言われる雨はもう珍しくなくなってしまいました。
今年もどこかの川が氾濫して冠水するかもしれません。
地震も、先月の13日23時7分に大きいのがありました。


私の住む街は震度4でしたが、4であの揺れかと思いますと、5だとどうなるのかと心配になりました。


また、いつ大きく揺れるかわかりません。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

世見2021年3月24日アメリカの50州







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
世見2021年3月24日アメリカの50州


巨大な国家「アメリカ合衆国」。
アメリカを動かしているのがワシントンD.C.の連邦政府です。
この連邦政府と同時に、50の州も大きなポイントを持っています。


4年に一度のアメリカ大統領選挙では、小さな州が世界から注目を集めることがあります。


アメリカは合衆国と訳されているのですが、実はアメリカは“連邦”なのですってね。


50の州というのは、州そのものが1つの国家なのです。


それぞれが独自の法を持っています。
独自の税制を有してもいます。
システムも州ごとに違うのです。
それ故に州の性格も様々なのです。
大統領選の時は、それぞれの州の意気込みが反映されたりもします。
アメリカを知るには50州を知ることがとても大事なのです。


この50の州には歴史があります。
勿論産業にも個性があるのです。
この50州を見ていきますと、
大西洋岸北部、大西洋岸南部、南東中央部地域、北東中央部地域、
中央部、ロッキー山脈周域、太平洋地域に分けられます。
50音順で見ますと、アイオワ州から始まり、ワシントンD.C.で終わります。


バイデン大統領が育ったのはデラウエア州です。
全米で2番目に小さな州です。
日本でいいますと栃木県ほどしかありません。
こんなに小さな州でも1つの国家なのです。


人口は100万人近くしかない小さな州ですが、「デュポンの州」と言われるほど、化学工業会社のデュポンの本拠地なのです。


法人税が安く、工場の資産税も課さないし、消費税もありません。


電気料金も安く設定されています。
だからね。ここには多くのペーパーカンパニーが集まってもいます。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

世見2021年3月23日“トキメク”こと







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
〇〇〇


―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2021年3月23日“トキメク”こと


この齢になっても青春しています。
歌手の真田ナオキさんに嵌っています。
2月17日に発売された『本気(マジ)で惚れた』。
ウフフ‥‥とてもいい歌なの。一度聴いてみてくださいね。


「松原さん、何故嵌っているのだろう」と思うかもしれませんが、ナオキさんの声が私にはとてもいい感じなのです。


あなたも何かに嵌ってみませんか。
人生が楽しくなりますよ。


ナオキさんの『恵比寿』という歌を初めて聴いたのが昨年の9月、まさかレコード大賞最優秀新人賞に輝くほど売れているとは思いませんでした。


美空ひばりさん以来、久方ぶりにCDを買っちゃった『恵比寿』。


『本気で惚れた』も、多くの人からいい歌だねと言ってもらえるといいのですが‥‥。


この齢になると“トキメク”ことってあまりありませんが、ナオキさんのおかげでトキメキが帰って来ました。


私のことはこのくらいに置いといて、サテ、次なるは何を書こうかなぁ。


「進化し続ける宇宙」というのはどうでしょうか。


今から15年と6カ月前になるのかなぁ、「はやぶさ」は小惑星イトカワとのランデブーに成功。


このニュースはとても嬉しかったのを思い出します。


数度のリハーサルをしたというのですから凄いことです。


放出したターゲットマーカーを目印に、二度に渡り着陸したのですが、サンプル回収のための弾丸が発射されませんでしたので、物質の採取は失敗したと思っていたのです。でも、それが杞憂だったことはご存知の通りです。


宇宙の様々なニュースに心を躍らせてみませんか。


「トキメキ」を感じるかもしれません。
ホラホラ、空を見上げると、遥か彼方のお星様からパワーが届きます。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月22日

世見2021年3月22日新型コロナウイルス







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
世見2021年3月22日新型コロナウイルス


アメリカの顔がトランプ氏からバイデン氏に代わり、これからはバイデン大統領の顔を多く見ることになります。


トランプ前大統領といえば、ご夫妻でコロナに感染しました。


英国のジョンソン首相もコロナに感染しました。
ロシアでもミシュスティン首相が感染しました。


世界のリーダーたちは、新型コロナとどのように戦ったのでしょう。


もうすぐ4月がやって来るというのに、新型コロナウイルスに勝利出来ていません。


一日も早くマスクと“おさらば”したいものです。
ワクチンが効くと良いのですが‥‥。


この新型コロナウイルスの対応は、各国首脳のリーダーシップが問われたかと思います。


トランプ前大統領は、各州で外出制限を実施したのですが、経済再開を主張したのを思い出します。


トランプ前大統領が制限を緩和した6月頃から、新規感染が急増しました。


この新型コロナ感染症は、油断するとまた芽を出すからやっかいです。


感染者数はいったいどこまで数字を伸ばすのでしょう。


アメリカでは、すでに第二次世界大戦の戦死者の人数を大きく上回ってもいます。


コロナ禍で経済も冷え込み、旅行ってこんなにも困難なことだったのかと思い知らされました。


海外に行くチャンスも少ない私ですが、海外旅行は夢のような世界になってしまいました。


桜の花は今年も美しく咲き誇っていますが、花見は我慢なのかなぁ〜。


秋頃には先が見えると思っているのですが、一日も早くコロナ禍のトンネルを抜けたいものです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

世見2021年3月21日私の宝物







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月21日私の宝物


あなたの身の回りには、宝物がいっぱいではありませんか。


私は、大好きな品々に囲まれて幸せを感じています。


日々気にもせずに手にするカップひとつにしても、じっくり見ると、大切でとてもステキな私だけの品。


カバンだってそうです。
服だってそうです。
私のためにいつでもスタンバイオーケーで、私が手にするのを待ってくれています。


このように思いながら部屋中を見渡すと、私が選んだ品々で溢れています。


いつも聞くのですよ。「私の所でよかったの?」と。


答は帰って来ませんが、縁があり、我家の一員になった品々に春の陽射しが当たると、「この家でよかったですよ」と言ってくれている気がして嬉しくなるのです。


あなた様も、縁があって手になさった品々にご挨拶なさってみては如何ですか。


パワーを与えてくれると思いますよ。
AI(人工知能)とは、コンピュータに人間と同じような認識能力を持たせる技術だと言います。


もしかすると近年に、品々の感情を察知する機能が誕生するかもしれません(笑)。


もしも品々がご主人様の感情をキャッチ出来、AIがそのことを又々キャッチ出来たとしたら、人恋しい日にはお気に入りの品と語り合えるかもしれませんね。


私は地球上にあるものすべてにパワーがあると思っています。


まして自分が選んだ品々にはパワーがあり、心を寄せると必ずパワーを与えてくれると信じているのです。


笑われるかもしれませんが、我家の置物には名前が付いていますし、目をやると喜んでくれているのを感じます。


服さんを見て、選んで、着てあげると、「嬉しい」と言っているのを感じます。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

世見2021年3月20日マイクロプラスチック







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月20日マイクロプラスチック


昨年の7月から全国の小売店でプラスチック製のレジ袋が有料化になり、海洋プラスチックごみの削減に役立つのでは、と私は思っていました。


我家でもかなりの量のレジ袋がありましたから、この有料化は良かったと思っています。


自然界を見ていますと、人間の愚かさがあちらこちらに見えて、申し訳なさでいっぱいになっていました。


使い捨てられたプラスチック製品がごみになって海に流出し、その流出量は驚きの数字です。


なんと年間800万トン。
海上に漂うプラスチックごみというのは、紫外線や熱や波の動きによって粉々に砕けると言います。


この砕けたプラスチックは5mm以下のマイクロプラスチックになるのですから、魚さん達や海で暮らす生物の体内に蓄積されて、海の生態系に影響を及ぼすだけではなく、食物連鎖によって私達の体内にもマイクロチップのプラスチックが入って来ます。


最近、このことの研究結果が出て、私達の体内に入るマイクロチップのプラスチックの量は5gで、クレジットカード1枚分にもなるというのです。


分解されることのないマイクロプラスチック。
魚さんだけ食べなければいいのかといったら、鳥さんの体内にも蓄積されていると言います。


ただね。この鳥さんは、もしかすると自然界で生きている鳥さんなのかもしれません。


私はこのことがとても気になり、レジ袋・ペットボトルの使用後にはかなり注意と言いますか、市から決められた通りの方法で処理はしていますが、使い捨てプラスチックは今でも目に付くこともあり、いつの日かこのマイクロプラスチックが、私達の体に悪さをする日が来ると思ってしまいます。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

世見2021年3月19日日韓問題







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月19日日韓問題


今までに出版させていただいた本を、私は時折、宝物のようにテーブルに並べます。


どの本にも思い出があり、目の奥に熱いものを感じたりもします。


2014年に刊行された『「不思議な世界の方々」から教わった予知能力を高める法』のリメイク本を、2月10日に改めて手に取ってみると、自分がいつもしていることなのに、どなたかに教えられた気になったりします(笑)。


「面白い本だなぁ」と、自分の本なのにこんなことを思ってしまいました。


「予知能力を高める法」とタイトルにはありますが、“感を磨くのにはお薦め”と申し上げたくなります。


未だお読みいただけていないのでしたら、一度お読みくださいね。


実業之日本社から新装版として発売されています。


話しは変わりますが、私ね、とても気になっているのが日韓問題なのです。


日本と韓国の関係は、戦後最悪といっていい状態に思えるのです。殆どの日本人はそんなに仲が悪いとは思っていない気がするのですが、元徴用工訴訟問題、そして慰安婦問題と、韓国から大問題を突き付けられています。


戦時の補償問題については日韓請求権協定(1965年)によって解決済みだと日本は思っていたのですが、個人が受けた人権侵害に対する賠償の請求権はこの日韓請求権協定の対象外と、韓国大法院(最高裁)が日本製鉄に対して元徴用工への損害賠償を命じたのです。


コロナ禍でこの問題が隠れている気がするのですが、韓国は昨年の8月、日本製鉄の資産差し押さえの手続きに効力を発生させました。


日韓は貿易問題でも衝突しています。


このままいつまでも険悪なままだと、何一つ良いはずがありません。


でも、この流れはもしかすると中国の思惑が隠れているのではと私は思っています。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2021年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする