2020年05月13日

世見2020年5月13日 東アジア







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
我慢は


腹が立っても我慢出来れば、それはそれでとてもいいことですが、我慢した後、そのことをいつまでも持ち続けていると、我慢したことが損をしたことになってしまいます。


だからね。腹が立った時、ご自分がどのような理由で腹を立てたのかくらいはシッカリとわかっていないと、腹が立ったことばかりが心に残るだけになってしまいます。


―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月13日 東アジア


失敗したところで止めてしまうから失敗になる。


成功するところまで続ければそれは成功になる。


このように言われたのは松下幸之助さんです。


良い言葉と出合うと、今日一日、心がホッと致します。


今日も一日、お元気にお過ごしくださいね。


私達って自分のことを考えるのが精一杯で、東アジアと言われても「それ何?」と思ってしまいますが、東アジアに少しだけ目を向けると、日本のことが少しわかる気がします。


現在、東アジアといえば、中国、韓国、北朝鮮、ロシア、これにモンゴル、ベトナム 台湾が加えられますが、台湾は国連で承認されていません。そして日本です。


日本と韓国にはアメリカの軍事基地があり、アメリカの勢力を感じます。


東アジアの歴史は、ロシアやアメリカが登場するまでは中国大陸王朝、モンゴル高原勢力、満州によるまさに三国志でした。


そこに、海洋勢力の日本と台湾が絡んだのが東アジアの歴史です。


中国の本名(笑)は中華人民共和国。
中国大陸を二つに大きく分けるなら、華北と華南になるでしょう。


この華北と華南を分けるのは淮河(わいが) 。
華北は乾燥した地帯で、華南は温潤な地域です。


私ね。人というのは、気候によっても大きく生活の仕方が変わると思うのですよ。


まぁ、どちらにしても、これからの中国は一枚岩では終わらない国に思えるのです。


人ひとりの行動を管理できる腕っ節はあるでしょうが、人間の心までは管理出来ません。


「中国大陸王朝」時代の華北は、古代統一帝国である秦帝国、漢帝国が中原と呼ばれる地に都を置きましたが、今はどうでしょう。


時代は変化するものなのです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする