2020年05月03日

世見2020年5月3日 ボビーの旅の物語







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
食糧を


世界のどこかで毎日多くの人が餓死しています。


その餓死者の数が1日2万4千人もおられる時もありました。


今も尚8億人もの人の生命が飢餓にさらされていて、その内の3億人は児童なのです。


1日2万4千人というと、1分で17人が亡くなり、1時間で1,000人、1年で867万人もの人が餓死したことになるのです。


食物を粗末にだけはしたくありません。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月3日 ボビーの旅の物語


今日はあなた様に、ステキなお話をお伝えいたします。


本当にあったお話なのです。
ボビーは大型のコリー犬。


当時彼は2歳。
アメリカのインディアナ州の小さな町で主人一家とはぐれたことから、彼の大冒険が始まりました。


ご主人様はオレゴン州でレストランを経営しています。


この日は休暇で、一家はボビーと一緒に中西部のこの街へ遊びに来ていたのです。


はぐれてしまったボビーは最初の1〜2ヵ月は方向を見失い、1,600kmもの距離を、円を描くように歩き回っていたのです。


必死にご主人様の元へ帰ろうとするボビー。やがて秋もだいぶん深まった頃、ボビーは何を感じ取ったのか、自分の向かうべき方角を見付けたのです。


彼は真直ぐ自分の家へ向かう道を辿り始めました。


ボビーはイリノイ州とアイオワ州を通過して、西へ西へと旅を続けました。


リスを捕まえ、ウサギを追い、時には親切な人が幾晩も泊めてくれました。


浮浪者キャンプでは肉と野菜をもらったこともありました。


アイオワ州のデモインの町では、ボビーはある一家に可愛がられ、感謝祭の後、数週間を過ごしたのですが、彼はまたご主人様に会う旅を始めるのです。


旅の途中、野犬狩りに捕まりそうにもなったこともありました。


ボビーは酷く衰弱していましたが、旅を続ける体力がある限り西へと向かいます。


氷の浮かぶ広大なミズーリ川を横切り、厳冬期に凍てつくロッキーの峰々を越える頃には、ボビーの足の裏は擦り切れ、骨が露出し始めていたのです。


そして2月。6カ月を経たある日、オレゴン州シルバートンの郊外に辿り着いたのです。


彼はふらつきながら古びた農家に入っていきます。そこはボビーが子供の頃暮らした家。次の朝、足を引きずりながら町に着いたボビーは、主人一家が住むレストランを見付け、2階に眠る主人の元へ一直線。ボビーは最後の力を振り絞ってベッドに飛び乗り、主人の顔をベロベロとなめまわしました。


こうして5,000kmに及ぶ旅は終わりました。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする