2020年05月02日

世見2020年5月2日 列車事故







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
四つ葉


四つ葉のクローバーは幸せをもたらすと言われています。


私もね、クローバーがいっぱいあるところで四つ葉のクローバーを探したことがありました。


ところがね、生物学的には三つ葉も四つ葉も同じ一枚の葉なのですって。ちょっぴりガッカリですが、四つ葉のクローバーが出来る理由は小さな時に踏まれたり、ボールに当たったりして傷がつくこと。すると成長して3つに分かれるはずが4つに分かれたりして、四つ葉のクローバーが出来るのです。


葉の数が56もあるクローバーが見つかり、ギネスに登録されています。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月2日 列車事故


民主化を求める香港デモは今、どの様になったのでしょう。


コロナウイルスのニュースばかりで、香港デモのことが終息したのかさえ分かりません。


コロナウイルスも、いつこの地球から姿を消すかさえわかりません。


何が起きるかわからないだけに、この度のことは多くを学べた思いがいたします。


列車事故だっていつ起きるかわからないのです。


今から15年前の4月25日午前9時18分、JR福知山線の塚口〜尼崎間のカーブで、上り快速列車が脱線して横転しました。その先頭車両が線路脇のマンション駐車場に突っ込みました。


大事故でした。
運転手を含む107名がお亡くなりになったのです。


この事故は戦後4番目の鉄道事故でした。


戦後と言いますと、JRになって未だ日が浅く、その前は国鉄でした。


国鉄時代も死者100名以上の重大事故が起きています。


その中でも三河島事故は、死者160名の大事故でした。


事故は1962年5月3日、常磐線の三河島駅で起きたのです。


今から58年前の明日、午後9時37分頃起きました。


この事故は、水戸行きの貨物列車が信号の黄色を見落とし、スピードを落とさずに駅構内に進入して先頭2両が脱線。その直後、下り電車が突っ込み、この車体が上り本線に投げ出されました。さらに7分後、上野行きの上り電車がそこに激突し脱線したのです。


不幸が重なったこの事故は、国鉄スワローズというプロ野球球団を売却するほどの影響があったのです。


いつ又どこで、このような大参事が起きるかわかりません。


「脱線」この言葉がやけに気に掛かるのです。


どうか起きませんように、と心から願います。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする