2020年04月30日

世見2020年4月30日 オスマン帝国







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
充実感


小・中・高・大と学びのスタートを切った方も、新入社員の方々も、1ヵ月が経ちました。


人は直ぐに生きる場所には慣れるものです。又、新たなことへの挑戦を試みておられる方も、楽しみをその中から見つけ出すと、時が経つことの早さも感じられるはずです。


充実した毎日というのは、テレビを見る時間が長くても、見ていて楽しいのならそれも充実した時間の過ごし方ですが、やることがないから見ているだけでは、心って退屈なだけで充実感は得られません。


だからね。
どんなことにもチャレンジ精神を持ってやってみて欲しいのです。


するとね。三日坊主でも、やっている時は楽しく時を過ごせますからね。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年4月30日 オスマン帝国


中央アジアから移住したトルコ族によって、1299年、アナトリアにイスラム国家が建国されました。


第一次世界大戦後のトルコ人による祖国解放運動のことを「トルコ革命」といいます。この革命によって1922年に滅亡するまで、トルコ人による帝国は600年余に渡って西アジア(イランを除く)、北アフリカ、バルカン、黒海北岸、カフカフの大部分の地域を支配していました。


こうして見ても、いつどこの国に何が起きるかわかりません。


1299年から1922年までの600年余り、世界の中にあって名を馳せたオスマン帝国は、まさかの終わりを告げたのです。


オスマン帝国は、スレイマン1世の時代には最盛期を謳歌していました。


その領土はアジア・アフリカ・ヨーロッパの3大陸に跨り、東地中海一帯を覆う大帝国でした。


この時代には、北アフリカのムスリムが帝国の実主権を受け入れ属国となり、バルカンではベオグラード、ブダペストが併合されてハンガリーが服属し、ウィーンが包囲攻撃されたのです。


これほどまでに力のあったオスマン帝国も、地図から姿を消しました。


現在の世界地図を見ていますと、いつの日か国名が変わったり、戦争があったりと平穏では終わらないのがわかります。


オスマン帝国時代のスルタン即位式。中央にメフメト2世が座り、左にワジールとカザスケル、右に太刀を持つ人、手前左には各部隊長、手前右にウラマー、棒を持った士官が式の介添えを行っていて、中央ではスルタンに対し忠誠の誓いを行っています。


何故こんなことを書いているのか‥‥。
それは今、私にしか見えないそのような絵が見えて、その絵の中に今書いた人の説明があったからです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

世見2020年4月29日 富士山の噴火と首都直下型地震







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
未来は


輝かしい未来を創りたい人は、今日という日を迎えられたことをありがたいと思ってください。


輝かしい未来とは、出世することでも大金を手に入れることでもありません。


ご自分とご自分が大切に思われる方が、これから先も健康で心に病を持つことなく、笑顔の時間を多く持てることが輝かしい未来だと私は思っているのです。


そりゃね、いつの日かあの世とやらに行かなければならない日も来ることでしょう。


ご自分の未来は一秒後にやって来ます。


どれだけご自分のことを大切にしているのか、ほんの少し考えて見られるだけでも間違いなくご自身の未来は輝けると思います。


輝かしい未来を創りたい人は、今日という日を迎えられたことをありがたいと思ってください。


輝かしい未来とは、出世することでも大金を手に入れることでもありません。


ご自分とご自分が大切に思われる方が、これから先も健康で心に病を持つことなく、笑顔の時間を多く持てることが輝かしい未来だと私は思っているのです。


そりゃね、いつの日かあの世とやらに行かなければならない日も来ることでしょう。


ご自分の未来は一秒後にやって来ます。


どれだけご自分のことを大切にしているのか、ほんの少し考えて見られるだけでも間違いなくご自身の未来は輝けると思います。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年4月29日 富士山の噴火と首都直下型地震


日本の活火山は北海道から九州まで数多く、その中で噴火警戒レベルを公表しているのが29、やや大丈夫かなぁの火山が9もあります。


箱根山は元気だなぁと思ったりもします。


箱根山といえば富士山もすぐ近くにあり、「どうかいつまでも今のままでいてください」と心から願ってしまいます。


2014年9月27日、御嶽山が水蒸気爆発で大噴火した時には、悲しいことに多くの被害者を出してしまいました。


気象庁は火山登山者向けの情報提供ページを開設していますが、富士山に登られる方があまりにも多いために、もしも富士山が噴火した時にはどれだけの被害者が出るのか、とても気になるのです。


私達は、「自分は大丈夫」と思いやすいのかもしれませんが、首都直下型地震だけは他人事には思えません。


東日本大震災後、東京都防災会議で首都直下型地震の被害想定を見直したとは言いますが、現実に起きたとしたら、私達は間違いなく右往左往してしまうことでしょう。


元禄型の地震が夕方に発生したとしての予測では、死者約5900人、負傷者約11万人に上るものと考えられていると言います。230万人以上が日々移動している首都。地震が発生する時刻によっては被害も違うかもしれません。


元禄型地震が起きた場合、想定規模はM8.0だと言います。


房総半島沖合に震源を持つ地震だそうです。
関東南部で震度7程度の揺れを起こし、東京では震度6になると予測されているそうですから、とても心配になるのです。


地震を好きな人などいません。
国土交通省が「防災ロードマップ」を策定しているそうです。一度くらいは見ておいて欲しいと思います。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

世見2020年4月28日 世の中の心配事







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2020年4月28日 世の中の心配事


我家は私の心を癒す品々で溢れています。


その中でも、まるで命があるかのように今日も私に愛を注いでくれているのがバルーンです。


昔風に言いますと ガス風船。
その子の名は風子ちゃん。
風子ちゃんが我家に来たのは2018年10月15日、私の72歳の誕生日にやって来ました。


以前、月刊SYOで写真を載せたことがありますが、今も元気に私と暮らしています。


2019年にいただいた巨大サウルスも頑張ってくれています。


我家には、百均で買って来たサボテンもいます。どこまで背が伸びるのと心配になるくらいどんどん背丈が伸び、子供をつくっているのか、横に広がるサボテンもいます。


きっと、私が元気だから、皆元気にいてくれるのかもしれません。


我家はこの通り、私も一緒に暮らす品々も、仲良く日々を楽しんでいます。


我家はこんな感じで、ありがたいことにハッピーなのですが、世の中はまだまだ新型コロナウイルスが心配です。

また、鳥獣被害が特に深刻なのが中山間地域です。


年々過疎化・高齢化が進み、放棄される耕作地が増え続けていて、野生動物にとっては餌場、隠れ場にもなっているために、今まで以上に農地や人里に野生動物が近付いています。


高齢者や子供達が被害に遭わなければいいのですが、とても気になります。


これだけでは終わらず、今後も“極端気象”は起きることと思います。


突然襲い来る大雨に雹、雪、竜巻‥‥いつ起きるかわかりません。


今年も、今までに経験したことのない極端な気象が相次ぎそうに思います。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

世見2020年4月27日 アメリカで大噴火!?







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2020年4月27日 アメリカで大噴火!?


アメリカという国が自然界のターゲットになる、そんな日が来そうに思うのです。


地震と火山の巣窟、北米カスケード山脈からは今後も目が離せません。


かつて大噴火したワシントン州のセント・へレンズ山だけではなく、この一帯には危険な火山がいっぱいあるのです。


カスケーディア地方の山々はここ数十万年で出来たものばかりだと言われます。この一帯の火山は、古い火山の上に出来た新しい火山です。


その古い火山は更に古い火山の上に生まれたのですから、又、新しい火山が今の火山の上に出来るということになると思うのです。


近年の噴火史はわかりませんが、セント・へレンズ山以外にも噴火した山があると思います。


火山が目を覚ます時、火山は轟音と共に爆発し大参事を引き起こすことも多々あります。


一度の噴火で大災害が起きるのではないかもしれませんが、マグマと水蒸気が岩の中を上昇して、地震を引き起こしながら火山灰をまき散らします。


高度10キロに達するといったいどうなるのでしょう。


噴火口から高温ガスと岩屑、火山灰が轟音と共に噴き上がり、火砕流となって我々を恐怖の世界へと連れて行きます。


その後、火山弾や高温の岩石が落下して来ます。


溶岩が斜面を覆い、その熱で溶けた氷などが岩石と混ざり、火山泥流となって民家を襲います。


決して映画の世界ではありません。
どこの山なのかわかりませんが、近年に世界中を震撼させる大噴火が必ず起きると思っています。
私達にはどうしようも出来ない自然界の営み。


人間にとっては脅威でしかありません。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

世見2020年4月26日 伊能忠敬の偉業







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2020年4月26日 伊能忠敬の偉業


伊能忠敬の生き方が私は大好きです。
今とは違い、50歳といえばもうすでに老人でした。


忠敬も隠居老人でしたが、50歳の時に、当時31歳の高橋至時に弟子入りして測量術を学んだと言うのですから立派です。


ごく普通の隠居老人は、測量法を踏襲しながら工夫を交えて、見事な日本地図を作製したのです。なんてステキな生き方でしょう。


ロシアの南下政策に畏怖を感じていた幕府が、蝦夷地の測量を忠敬に命じたことがきっかけとはいえ、大日本沿海輿地全図を完成させたのですから凄い偉業です。


忠敬は高輪の大木戸をスタート地点として、日本全国の測量を開始しました。


17年にも及ぶ旅の日々が待っていましたが、御年55歳になってからの測量の旅です。江戸時代ですよ。


あの当時では55歳は高齢者でした。
忠敬は喘息持ちで身体だって弱かったのですから、よほどの覚悟がないと成し遂げられなかったことでしょう。


師匠の高橋至時によれば、忠敬は、年齢のせいか非常に忘れっぽいと言われていたみたいです。


私は誰もが忠敬になれるとは思いませんが、何もしないというのは違う気がするのです。


忠敬のように情熱的で根気強く、物事に対して徹底して取り組めば、高齢者であっても、掲げた目標に向かって偉業を成し得るのだと思います。


日本全国測量の旅に出た時のメンバーは、忠敬と内弟子3人、そして下僕の2人でした。


きっと困難続きだったことでしょう。
伸び縮みする縄ではなく、鉄製の器具を採用したことが、忠敬が正確な距離が測れた要因なのだと思います。


私達も、年齢でいろんなことに答を出さず、忠敬のように頑張りたいものです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

世見2020年4月25日 ハリケーンとトルネード







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報



<世見>
世見2020年4月25日 ハリケーンとトルネード


大自然の脅威は、私達人類に何を語り掛けているのでしょうか。


今年も台風のシーズンがやって来ます。
過去最多となる台風が上陸するかもしれません。


2004年、日本に台風が上陸して、死者・行方不明者が220人を超えたことがありました。


日本に於いての最大風速は、強いもので60mを越える程度だそうですが、アメリカで起きたハリケーンでは、風速90mに達していたと推測されたものもあります。


北米では風速30mを超える竜巻が、何と年間約1000件も発生するそうです。


今年を含め近い将来、ハリケーン・アンドリューを超える巨大ハリケーンがアメリカを襲うことでしょう。


アンドリューの時は8万戸以上の家屋を破壊し、植木や信号機は根こそぎ風の力で倒し、未曽有の被害を出しましたが、あの時より更に強烈なハリケーンがアメリカを襲う日が来るのです。


日本では巨大竜巻は起きないと私達は思っていますが、巨大とは言わないまでも、日本でも今後、竜巻の被害が起きると思っています。


竜巻は最も激しい自然現象のひとつです。


アメリカで発生する竜巻はトルネードと呼ばれています。


日本が地震大国なら、アメリカは竜巻の国と言っても過言ではないでしょう。


今年、アメリカが災害の当たり年にならなければいいのですが、とても心配です。


日本では地震だけではなく、台風という自然災害も私達を脅かします。


自然界に感謝。
この思いを忘れることのないようにしたいものです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

世見2020年4月24日 災害に備えて







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報



<世見>
世見2020年4月24日 災害に備えて


「巨大地震を前にして備えることは何か」


こんなタイトルを目にすると、私もどうしてよいのかわからなくなります。


日本列島の歴史には、地震・津波・噴火が付きものにも思えていました。


阪神淡路大震災、東日本大震災の教訓は、人々の心の中にどれだけ残っているのでしょうか。


東日本大震災から早くも9年が経ってしまいましたが、巨大津波ばかりか原発事故まで引き起こし、「未曽有」という言葉がピッタリな災害になってしまったのです。


今に至っても未だ帰宅の目途も立たない放射能汚染地区も存在しています。


御嶽山の噴火、熊本地震、北海道胆振東部地震と、多くの犠牲者も出てしまいました。


これら3つの災害を改めて見ますと、御嶽山の噴火が2014年、熊本地震が2016年、北海道胆振東部地震が2018年と、何と2年毎に日本は大きな災害を体験しているのです。


今年はそういう意味からすると2年目の2020年。何も起きないことを願うしかないのです。


この3つの災害だけでも大変なのに、集中豪雨に台風です。


犠牲者を伴う気象災害は毎年のように日本を襲い、年々強烈になっています。


どんなに気象衛星や気象観測機器が進歩し、台風の進路や集中豪雨の場所までがわかっても、です。


今年もきっと、記録的短時間大雨が降ることと思います。


地震も起きることでしょう。
私達は、犠牲者を出さないためにも、過去の経験を生かし、過去から学び取らなければいけません。


集中豪雨は今年も要注意事項です。
努々他人事と思わないようになさってください。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

世見2020年4月23日 羊太夫の伝説







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2020年4月23日 羊太夫の伝説


あなたはこんな伝説をご存知でしょうか。


遠い遠い、遥かに遠い昔のお話しです。
現在の群馬県高崎市と藤岡市に跨る地域、当時の名は上野国多胡郡でした。


この地には羊太夫という名士がいました。上野と書いて「こうずけ」と読みます。


羊太夫は上野の領地に居ながら、毎日家来の八束小脛(やつかこはぎ)と共に奈良の都に通勤していたのです。


群馬から奈良への道のりでもたちまちにして駆け抜けることの出来る名馬を持っていた羊太夫でしたが、家来の小脛は何とその名馬に付いていけるほどの速足だったというのですから驚きです。


そのおかげで羊太夫は、日帰りで朝廷に仕えることが出来たのです。


ある日のことです。
羊太夫は、上着を脱いで一休みしている小脛を見ていて、その脇の下に羽根が生えているのを見付けました。


そして羊太夫は、悪戯のつもりでその羽根を抜いてしまったのです。


すると、小脛は速足の力がなくなり、羊太夫に付き添って朝廷に通うことが出来なくなってしまったのです。


朝廷では、羊太夫が姿を見せないのを「反乱」と思い込み、上野に兵を出したのです。


羊太夫は応戦するものの大軍には歯が立たず、金色の蝶に変化して逃げたのですが、現在の高崎市吉井町池の藪に入ったところで自害してしまいました。


羊太夫の奥方は輿に乗り逃げていたのですが、こちらも逃げ切れずに自害したのです。


奥方とお付きの6名の女性を葬った塚が「七輿山古墳」だと言われています。


又、羊太夫を弔っている寺院や祀っている神社が、史跡として47ヶ所あるとも言われているのです。


群馬県西部から埼玉県の秩父地方に掛けてあるそうです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

世見2020年4月22日 イギリスのEU離脱劇







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報



<世見>
世見2020年4月22日 イギリスのEU離脱劇


新型コロナウイルスのことを、「昔大変なことがあったのよね」と語られる日は必ず来ます。


今は未だこの新型コロナウイルスが心の中に住んでいますが、それよりも、この新型コロナウイルスのおかげで世界経済はボロボロです。


街から人が消え、ゴーストタウンのようになりました。


観光客の楽しげな表情も見ることが出来なくなりました。


ホテルやお店や至る所でキャンセルの嵐。


今までこのような光景を目にしたことがあったでしょうか。


深刻化することであろう世界経済。
この新型コロナウイルス事件が終わりを告げた時、世界はどれだけの痛手を受けていることでしょう。


銀行倒産だって真実味を帯びることでしょう。


新型コロナウイルスの影に隠れてしまっていますが、イギリスのEU離脱劇もそろそろ問題も出て来そうに思います。


国民投票の結果、EU離脱が僅差で決まりましたが、アイルランド共和国との国境での問題は実に大きな問題です。


アイルランド島の一部イギリス領では、イングランド人とアイルランド人の間で帰属を巡る紛争が続いていましたが、和解出来た理由は両国がEUに加盟し、アイルランドの国境が消滅したことでした。


ところが、イギリスのEU離脱紛争がいつ再燃してもおかしくありません。


新型コロナウイルスのおかげというのも変ですが、今は先送りされたこの問題、今後EUとの間に輸出品には関税が掛かることになるために、思った以上の問題が起きるかもしれないのです。


EUとは、ヨーロッパの国々がひとつの国のように結び付くために誕生した連合組織ですが、新型コロナウイルスが苦しめている国も多く、今後EU問題は世界を巻き込んだ経済問題に発展することでしょう。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2020年4月22日 人口減少







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2020年4月22日 人口減少


1990年代頃から、郊外型の大型ショッピングモールが登場しました。


しかしながら、物販を中心とした物流業は、生産年齢人口の減少に比例してか縮小を余儀なくされています。


その代わりに、ショッピングモール内や周辺において、歯科・内科・眼科等の病院やクリニック、それだけではなく総合病院や介護施設などが出来て行くことでしょう。


もしも、日本経済が低成長やゼロ成長になり、この状況が続くと、今後、地方に誘致していた企業や工場、銀行や公共機関の支店・支所がなくなるなんてことが起きるかもしれません。


そうなると、特定企業で働く人や公務員などで成り立っていた小規模の商店や自営業者は、閉店や倒産に追い込まれて行きます。


これからの日本においては、公共インフラである道路や橋梁の老朽化が進んでも、税金では舗装出来る予算が出ない地方も出て来るでしょう。


このような状態が広がると、人が住めなくなって、空き家も増えることでしょう。


地方が消えて行く時代が、さほど遠くない時期にきっと到来することでしょう。


人口減少は止まることがどうやら難しそうですし、そのためか日本の未来は輝かしくはありません。


戦後、日本ではベビーブームと言われる時代が二度ありました。


第一次ベビーブームでは年間約270万人もの赤ちゃんが誕生し、団魂の世代とも言われたのですが、昨今では100万人の赤ちゃん誕生も望みにくくなっています。


日本で再びベビーブームが起きるかといったら、「起きない」としか言えません。


人口減少は、間違いなく私達に次から次と問題を投げ掛けて来ます。


あなたの身に振り掛かってくる問題もあると思いますよ。







記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

世見2020年4月21日 外国人労働者







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報



<世見>
世見2020年4月21日 外国人労働者


人手不足が深刻化しています。
外国人の在留資格として、新たに「特定技能」がプラスされました。


少子化高齢化が進む中で日本経済を維持するためには、外国人労働者の受け入れは不可欠です。


私が住む埼玉県は、東京の新宿に出るのにも東京駅に行くにも35分もあれば充分な所故か、街中外国人だらけです。


中国人や韓国人、中近東の人や他国の人が多く暮らすのが私の住む埼玉県です。


埼玉県をテーマにした映画にあるように、埼玉には東京とは程遠い田舎のイメージがあります。


映画の中で海がない埼玉を弄ばれていましたが、私は映画を観るまでは、海がないことを特別には思ってもいませんでした。


転勤でこの地に来てから20年以上が経ちますが、とても住みやすい所です。


京浜東北線と聞くだけで初めは田舎っぽく感じましたが、横浜と大宮を結ぶとても重要なJR線です。


自分自身も高齢者なのに、高齢者も多く住んでいるのを実感致します。


外国人が多いこの地に来た外国人の理由がどこにあるのか、聞いてみたくなります。


日本に入国する時には日本に来た目的を尋ねられると言われていますが、きっとその理由や目的によって特定の在留資格が与えられるのでしょう。


観光のために来日した外国人の滞在期間は最長90日で、就労することは認められてはいません。


国によって滞在期間は随分と異なります。


日本は意外と長いのかもしれません。
これからも増々、外国人労働者は増えることでしょう。


人手不足は想像以上に深刻なのです。
これからの日本に於いて、この人手不足には多くの問題が残されていると思われます。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする