2018年10月04日

世見2018年10月4日温暖化対策


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
前を向いて


2018年10月04日 (木曜日)

今のこの齢になったからわかることがあります。
今の気付きは体験を重ねて作られたことなのが、今はよくわかります。
ただね。心が傷付いたことだけをいつもいつも忘れずにいると、心が温かくなる体験が霞んでしまいますからご用心。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/10/4 温暖化対策


北極海の海氷が、20世紀後半から減少し続けているのが止まらない。


海氷がなくなると困ったことが起きる。
今まで海氷が反射して太陽光線を吸収していたのが、海氷がなくなったために海水面から熱や水蒸気が放出されて、北極域は更に温暖化が進みます。


「日本列島3個分の海氷が姿を消す」


まさかと思いますが、1〜2年でこの傾向が見られるといいます。
地球上にどれくらいの氷があるのだろうか。
氷に眠るお宝は、争い事にはならないのだろうか。


次々に心配事が心に広がります。
ホッキョクグマが地球から姿を消す日、私達は、自然界の脅威をどれだけ多く目にするのでしょう。


日本はあまり偉そうなことは言えない。
温暖化に付いて日本のCO2排出量は少なくないからです。
「それじゃあ 私は何をすればいいの」と自分に問い掛けても、これだという答えを出せません。


省エネ家電の買い替えは出来ます。
買い物袋を利用するようにします。
日々の生活の中で、無駄な電気や資源の利用を減らします。


ベランダには、花々と小さな木を植えています。
ゴミも出来るだけ減らすようにしています。
水道の送水に利用されるエネルギーを減らすために、無駄な水は使いません。


でもね。一人一人が温暖化に立ち向かう気持ちを持つだけで、今年の猛暑のような体験が減るかもしれません。


温暖化は私達の日々の生活の中にあるとしたら、地球家族の一員として心がけないと、地球に申し訳なく思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2018年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

世見2018年10月3日人口減少問題


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
忘れずに


2018年10月03日 (水曜日)

ご自分の欠点をよく理解していますか?
意外とね。いつもはご自分の欠点を忘れているものなのですよ。


自分に不都合なことが起き、アァこんな私だからこんなことが起きるのだと気付いた時だけ欠点と対面するのですが、又、すぐに元の考え方に戻っているのです。


もしも、ご自身の欠点を直すおつもりなら、ご自分の直したい部分は忘れずにいてくださいね。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/10/3 人口減少問題


四国四県の未来は、今のままなら2100年には100万人も満たないと言われています。2100年までにはまだ82年もありますから希望は捨てたくありませんが、心配の種は残っています。


徳島県では、もうすでに65歳以上の高齢者の割合が40%以上だとも言われています。


これからの日本は、人口減少による問題が山積みになることでしょう。
何故これほどまでに人口が減少したのでしょうか?


結婚をしたくない理由がきっとあるのでしょう。
もしかすると、私時代の親達が家族の良さを見せなかったからか、母親がつくる食文化に変化が起きたことが原因なのか、家族団欒の光景はかなり昔とは違いを見せている気がします。


24時間営業のコンビニは、妻がいなくても食べることに困らなくなりましたし、女性も考え方が随分と変わった気もいたします。


空き家が増えるのは、更地にすると固定資産税が増えるからで、早く対策する必要があります。買い手や借り手を募集していない空き屋が増えると、不審者が入り、放火や、大災害時には倒壊という恐れも出て来ます。


この問題は、とても重要な問題に思っています。
別荘地での問題も深刻になると思っているのです。


人口減少は、不動産業界にも波が押し寄せるのはおわかりの方も多いかと思いますが、空き家の利用方法が見つかると又、違う花が咲くかもしれません。


空き家状態を10年続けると罰則、なぁんて法律が出来るかもしれません。
日本の未来は、子供達に家族の良さを教えることからしか始まりません。
20代の男女がいち早く結婚したいと思える社会つくりを、政府は考えて欲しいと私は思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2018年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

世見2018年10月2日増え続けるイスラム信徒


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
幸せの


2018年10月02日 (火曜日)

「幸せになりたい」これに近い言葉がついつい出る時というのは、本当の意味の幸せを忘れているからだと思います。


しあわせの小さな種は本当はね、いっぱい落ちているのですよ。
ホラホラ、美味しそうなケーキがあなたを待っています。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018年10月2日


2014年といえば4年前です。
イラク、シリアにまたがる広大な地域を支配下に置き、従わぬ者は子供でも虐殺し、奴隷制度復活を公言して占領地の女性を奴隷にしていた恐ろしい集団が、4年前の6月「イスラム国」の建国を宣言しました。


宗教戦争が広がりを見せる中東。
宗教は、生き方の宗旨を教えるものとばかり思っていましたが、こんなにも紛争が多いと、宗教は権力争いの道具のように思ってしまいます。


イスラム教が、世界のトップの座に納まり続ける宗教になる日は近い。
今まさに戦国時代を迎えた中東。
この中東に目を向けていないと、日本は、気が付いたときには巻き込まれていることでしょう。


イスラム国の出現は幻ではありません。
第二のイスラム国建国を計画している、暗の世界があります。
将来、核保有が主流になるかもしれないのがこの中東です。
イランが核保有を進めているかもしれません。
そのことがわかると、トルコもサウジアラビアも核武装化に進みます。
21世紀を揺るがす大問題といえるのが、核保有の行方です。
イスラム教徒が目指す先にあるものは何なのだろうと考えてみても、暗の世界が、ごく一般人のイスラム教徒を煽っているとしか思えないのです。


インドとパキスタンも又、印パ戦争が起きるかわかりません。
両国はカシミールを二分しているのですが、イスラム教が多く住むことから、インドはテロに遭う確率が益々アップしています。


世界のどこかで日本人旅行者がテロに遭う確率、これも又アップするかもしれません。
信徒を増やし続ける今世紀最大の宗教はイスラム教。キリスト教を抜き去る日が来る時、世界はどのようになるのでしょうか。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 17:46 | 世見2018年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「25年ぶりに簿外資産が拠出される」原田武夫氏への質問と回答2018年







「25年ぶりに簿外資産が拠出される」原田武夫氏への質問と回答2018年



2018年8月のある日、大阪の某所で原田氏と面談いたしました。昨年のことです。
今回も私の質問に答えていただくという内容です。


前回は、回答を文書で頂いたわけなのですが、今回は実際にお会いしての約2時間となりました。



原田氏と言えば、ご存知のかたも多くいらっしゃると思いますが、元外交官であり、ドイツ日本国大使館勤務、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐 北朝鮮班長、1999年秋篠宮夫妻のドイツ訪問時、通訳官を務め、2000年 G8沖縄サミットにて森喜朗総理のドイツ語通訳官を務めたという経歴の持ち主。現在はこのキャリアを含め、自身のシンクタンクにてその情報を発信し、多くの方に影響を与えています。



さて、ではお聞きした内容についてシェアさせていただくことに致しましょう。




約25年ぶりに簿外資産が拠出されることになったそうです。
今回の拠出元は「昭和天皇ファンド」であり、我が国に対する拠出額は1兆2000億円。ただし全世界に対しても同時に拠出されています。これは世界銀行の一部門であるIFCを通じて拠出されるものであるとのこと。


また、この資金については「人道的支援」とされているとのこと。


とうとう、「簿外資産が拠出される」…


話は少しそれますが、今回の度重なる災害については、被害額の推定額は2千億円を超えるとされていますが、農林水産漁業のみでこの額ですから、実際には家屋の損壊などを考えるとこのような額では済まないことでしょう。こういうことを考えてみると、この額が多いのか少ないのか…。



一般的に知らされていない「簿外資産」、
ちまたではMSA資金であるとか、M資金であるとかそのような噂がありますが、お話の中で原田氏は、「MSA資金」というのはあったが、これは期限切れであるとのことでございました。今回の「昭和天皇ファンド」について、どのようなものかお聞きした中からまとめてみて、記してみようと思います。


簿外資産の構造

■根源的階層(王族、日本では皇族と呼ばれる)
王朝のそばにいる人々、漢族ではない客家と呼ばれる一支流が特殊な能力や技能を用いて貯め込んできた財宝が王朝をまたいで引き継がれてきているものである。


第二次世界大戦の前には、南京で管理されていたのが契丹に移り現在に引き継がれている


そのフレームでは一番大きなものがMSA資金(ただし期限切れとなっている)
トップに居るのが李一族であり、全体で五代客家が取り仕切っている
しかし、これは全てが一元的なのかというとそうではない。
金塊が置かれている保存庫などが何百とある。それは中国や台湾などいろんな所にある。


それぞれの客家集団が合意ラインで、「それ」を出すということであるが、一部の一族が勝手に使ってしまっている。だから全部が単一の判断のもとにというわけではない。ここが複雑ではある。(この中には、流用していると思われる現政権の主要人物が含まれている。ひとり2500億円ともされ、3人存在している)


この中で清王朝、愛新覚羅溥儀と組んだのが昭和天皇である。
愛新覚羅溥儀の側室が西太后の一族であり、その清朝の子孫が、引き継いだ簿外資産を昭和天皇がつくったファンドに引き継いだ。そのファンドにより、今回25年ぶりに簿外資産が拠出されることになった。全体でその学は、1兆2,000億円。



この拠出については、答申委員会とうべきものがあり、そして世界銀行のようなもの(IFC)がある。
このIFCに関わっているのは、アメリカとヨーロッパと日本。アメリカがブッシュ、ヨーロッパがロシアのニコライ(ロマノフ朝の?)、日本は愛新覚羅溥儀の、昭和天皇の近親者(実際には台湾国籍になっている)。


続く
原田武夫氏のメルマガはこちら↓↓↓
https://archives.mag2.com/0000228369/







posted by キキ at 00:00 | 原田武夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする