2017年05月15日

「北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射」今日の焦点 原田武夫氏








全世界ハッキングで「デジタルの時代」終了?それでも日本株は上がる?

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射」です。


⇒その理由は……:

 ─「恐怖シナリオ」をいう発想があります。
  人心を揺さぶるためにはあらかじめ刷り込みが必要なのです。

 ─したがって然るべき人物が然るべきタイミングでメッセージを発します。
  あたかも自分の言葉であるかの様に発信するのです。

 ─その実、そのメッセージ内容はあらかじめ決められています。
  「こうする」という強い意思に基づき、第三者によって決められています。

 ─それを単に執行しているだけなのです。
  その結果、「恐怖シナリオ」が人心に刷り込まれます。

 ─したがってあらかじめ語られる恐怖シナリオは先行指標なのです。
  用意されている「それ」をきっちりと読み解くことが最も重要です。


北朝鮮が全世界を嘲笑するかの様に再びミサイルを発射しました。
しかもかなりの高性能なものであったことが判明しています。

実は「遠隔透視」を訓練されたという者が以前より語っているのです。
「次に訪れるのは北朝鮮による弾道ミサイルの発射である」と。

しかも今後の展開として2003年に5段階からなる階梯を発表。
その3段階目がこの北朝鮮による弾道ミサイル発射なのです。

その意味で、ここから生じることは決して偶然ではないのです。
「あらかじめ語られていた未来」なのです。

そのことをまずは認識すべきなのです。
そうすることで、はじめて未来へと己をコネクトできます。

翻弄されるだけの己から、創り出す己への転換。
今、「その時」が訪れています。

分かり、ますか?
「情報リテラシーの時代」がいよいよ到来したのです。
以上

それにしても…なぜ北朝鮮が、弾道ミサイルの実験一発撃った程度で騒ぐ方がおかしいですよね。「断じて許せない。厳しく抗議する」とか言って、どうするんでしょう?日本に何ができるっていうのでしょうか。

もしかしてこの大騒ぎしている人は、サイコパスなんじゃないでしょうか。
で、サイコパスってどんな人なのかと検索してみると、

著名なロバート・D・ヘアという方がいらっしゃいまして、この方は


犯罪心理学者のロバート・D・ヘア<サイコパスの定義>

良心が異常に欠如している
他者に冷淡で共感しない
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が皆無
自尊心が過大で自己中心的
口が達者で表面は魅力的

とされています。
まったく当てはまると思いませんか(笑)。

診断はこちら








posted by キキ at 10:00 | 原田武夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年8月から11月の間に金融崩壊?2017年5月


Time-Spinning-Skyline-Public-Domain.jpg


今までも、○○月に経済、金融が崩壊するなどと何度も専門家は警告してきましたが、一向に崩壊しません。今もまた、専門家が今年の8月から11月に、特にアメリカの株価が暴落しアメリカの経済や金融が崩壊すると警告しています。

今回も予測が100%当たっているかどうかは分かりませんが。。何しろ、ロスチャイルドが支配する中央銀行(FRB)が自由に金融不正操作を行って株価を釣り上げているのですから、彼らは経済や金融を延命させることぐらいわけないでしょうね。彼らが経済や金融を崩壊させることにしたときにそれは起こるのでしょう。
世の中、でたらめばかりです。

theeconomiccollapseblog.com







(概要)
5月7日付け

レーガン政権の行政官を務めたストックマン氏(経済アナリスト)によれば:
今年8月から11月の間に株価が暴落し金融崩壊が起こります。米経済は深刻な状態に陥っており、もうじき、S&P500の株価が40%以上も暴落するでしょう。


この期間に終わりを告げる最初に兆しが起こるでしょう。米金融システムは借金で生き永らえています。永遠に巨額の借金を抱えることはできません。2017年の国債の金利は5000億ドル以上です。翌年(会計年度)も、少なくとも1兆ドルの借金をするため、金利がさらに増えることになります。


一方、金融市場は益々バカバカしい限りです。テスラ社は今年の第一四半期で6憶2000万ドルの損失を計上しました…。この会社は四半期毎に数百万ドルの損失が出ています。


それなのにテスラの市場価格は驚きの480億ドルです。会社が損失すればするほど投資家はその会社の価値を評価しているようです。


テスラ、ネットフィックス、ツイッターなどの会社は投資家が流し込む巨額の資金を湯水のように使っていますが利益を生まなくても誰も気にしていないようです。






商業用不動産担保証券もまた要警戒です。2008年の金融危機ではこのタイプの証券が大きな原因となっていました。今回もこのタイプの証券が大惨事を引き起こすでしょう。


ショッピングモールのオーナーらは経営難に陥っています。2017年に閉店を強いられる小売店の数が過去最多となっています。


最終的には、モールが取り壊され10億平方フィートの土地が別の用途に代わることになります。


中略

今回の金融崩壊は過去最悪の事態を引き起こします。アメリカの国債は前回の金融危機に比べ2倍近く増えています。国債バブルが崩壊すれば、米国民の生活水準がこれまでにないほど落ち込み、長期的な経済の基礎的条件が劣化し続けます。


ストックマン氏の予想が100%正確かどうかは分かりませんが、それは問題ではありません。問題は、アメリカで長い間続いた愚かな政策により米史上最悪の経済危機が迫っているということです。その時に米国民が味わうことになる苦痛はとてつもありません。
記事引用は⇒日本や世界や宇宙の動向さんより
posted by キキ at 00:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年05月15日明るく見えない日本の未来







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/05/15


人間が権力で作り出すものは多い。
ヨーロッパの支配者達は、かつてアフリカを植民地化してしまいました。

部族の領土を勝手に分散させ、小さな国家を作りました。
こうして砂漠化に苦しむ国々が生まれたのです。
この国々の人を「サヘルの国々」と言うそうです。

人間の知恵は自然との共存を試みるとこの荒れた地でも生活は出来ました。
遊牧民は乏しい資源ながらも、以前は土地に地力が高まるように休ませては移動をしながら生活をしたのですが、井戸が増え、家畜はこの井戸の周辺の草を食べ尽くし砂漠化が進んだのです。
今もこうした環境下で暮らす人々がいることを、私達は忘れてはいけません。


日本は平和な国です。
たしかに子供の貧困も深刻です。
でも、多くの人はこの現実からも目をそむけています。

日本の未来は私には明るく見えません。
出生率を見ましても、1年間で27万人もの減少が見られるともいわれるのです。

27万人といったら鳥取県なら2年半くらいで人が姿を消す人口です。
それよりも、朝鮮半島はこのまま静かな日々を過ごすとも思えないのです。

ロシアのプーチン大統領の思惑通りに事が進むのか、中国が本気を出すのか、トランプ大統領の意志が固いのか、どうやらこの3つの国の心の内ひとつで何か起きるかわかりません。今までとは随分と違う局面を迎えていると思えるのです。

30年以内に来るといわれる関東大地震。
でも、5年前も30年以内と誰かが言っていた気がします。

―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
前進


どんな困難が待っていても、決して挫けることなく前を向いて歩きましょう。

こんなことを言うのは簡単。
だけどネ。困難なことがやって来ると、心の中が困難 困難という字で埋め尽くされて、心がシュン太郎になります。

でも、困難を乗り越えた時には快感が待ってくれているものなのですよ!







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする