2017年03月31日

タワーマンション 東京五輪後にやってくるスラム化の恐怖







オリンピックを開催した国はオリンピック後に衰退する運命なのでしょうか。
派手に演出したオリンピックの残骸が開催国の重荷になってしまいます。


3年後のオリンピックの準備で東京は華やかさを増していますが、オリンピックが終わってもその華やかさは維持されるのでしょうか。そうは思えないのですが。。。


東京だけでなく首都圏のあちこちにマンションが建設されています。人口が減少しているのにマンションばかり立ち並んでどうするのでしょうか。保育園は不足しているのにマンションばかりが過剰供給です。やがて空室が目立つようになるでしょう。マンションを売りたくてもそう簡単には売れなくなるのではないでしょうか。


東京のタワーマンションも何十年後かに必ず老朽化します。どうするのでしょうかね、老朽化したタワーマンション。


山の上から東京の高層ビル群が見える時がありますが。。。まるで天空の墓場のように見えたりします。
将来的に東京の高層ビルが巨大な墓石のようにならないことを願うばかりです。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170330/dms1703301700009-n1.htm


タワーマンション 東京五輪後にやってくるスラム化の恐怖

高層階の住民からすれば、住宅ローンをたんまり抱えて、「無理くり」入居してきた一般庶民である住民の存在は気に入らない、低層部の住民からみれば、必要のない豪華な共用施設を独り占めして我が物顔でふるまう高層階住民のいやらしさが癪に障るというわけだ。

 
しかし、この話はあくまでも現状での話だ。別にお互い「好き」で買ったマンションなのだから入居後の争いなど他人からみればどうでもよい話ともいえる。

 
問題はこれからだ。タワマンの高層階は「投資」として買った人が多い。つまり、投資は「入口」があれば、必ず「出口」=売却することによって完結する。湾岸エリアのタワマンを買った多くの外国人投資家は東京五輪が終わるまでに、自分たちの投資を確定させようとする。相続税の節税目的で買った人は当然だが、相続発生後はこの物件に用はない。

 
すでにこのエリアの中古マンション市場では、彼らによる「売り」が優勢になっている。新築のタワマンが折からの建設費の高騰により分譲価格がどんどん上がる中、中古市場では「売り逃げ」を図る投資家が繰り出す大量の売り物件で溢れている。

 
新築物件への影響は甚大になる。東京五輪後の東京の将来について楽観的な人は少ない。首都圏ですら、今後は人口が減少に向かうことは間違いなく、激しい高齢化社会の到来は首都圏においては、実はこれからが本番と言われている。

 
東京がアジアの金融センターになることを唱える政治家は多いが、外国人の金融マンの間ではジョークとしか聞こえないだろう。彼らは口をそろえて「アジアの金融センターはシンガポールあるいは香港」と断言する。

 
ということは、東京五輪後に東京タワマン投資の掛場に新たに登場する投資家は少ない。相場は「下げ」となる。もともと東京五輪目当てで上がってきたタワマン高層階相場は、大量の「売り」の出現により暴落するだろう。

 
さらに国税庁はタワマンの相続税評価額を見直し、これまで階層差に関わらず一緒だった評価に格差をつけた。相続税対策としての妙味も減じられてしまったタワマンの高層階をあえて高い価格で買おうとする人は激減するだろう。

 
この相場下げの影響は、本来は高層階とは縁のないはずの低層部の住戸の中古相場の足を引っ張ることにもなるだろう。

 
ここまではこれから数年間の話。そして大問題が、東京五輪以降で顕著になるタワマンの大規模修繕問題の話である。

 
タワマンの建設が進んだのは1995年以降と言われる。大都市法が改正され、都心部の容積率が大幅に緩和された結果、大量のタワマンが湾岸部を中心に供給されてきた。そのマンションの多くが築25年を超えるのが東京五輪以降だ。

 
実はタワマンの大規模修繕については工法が確立されていない。

 
外壁の修繕をするためにも足場が組めないのでゴンドラによる作業になる。高層建築物では、上層部は穏やかな日でも強風であることが多い。作業面積は限られ、天候を見ながらの作業となり工期は通常の作業の3倍以上かかるといわれ、そのぶん負担金額は通常のマンション工事と比べて大幅増となる。

 
エレベーターも高層用は通常のマンションと比べて高性能であるぶん、更新する場合のコストは高額になる。しかもタワマンはエレベーターが一棟あたり15基くらいある。地震に対して「安心・安全」を謳う非常用発電機も更新の場合は1基あたり数千万円から1億円にもなる。

 
こうした負担について、デベロッパーはマンション分譲時に明確な説明はしていない。むしろ管理費・修繕維持積立金が安いのは「戸数が多いから」という一見わかったような説明をしているが、これらの費用が年々急上昇していく実態が世の中で明らかになるのはやはり「アフター2020」ということになる。

 
当然、これらの費用を負担するのは区分所有者自身だ。投資家に見捨てられた高層部には、「逃げ遅れた」外国人が空き住戸を自国民に使わせ、住棟内のトラブルが増えるだろう。管理費や修繕維持積立金の滞納が頻発することも心配だ。彼らが国に帰ってしまえば、そのあとを追いかけるのは至難の業だ。低層部では無理なローン設計で買っていた「背伸び」組の住民たちの中に、ローンが払えず破綻する人たちが発生するかもしれない。

 
管理組合は人種の違い、経済力の違い、年齢層の違いからくる阿鼻叫喚のスラム状態になす術がない。そんなタワマンの未来を今から予見している人は少ない。

 
しかし、この事態は決してオカルト小説ではない、間近に迫った問題なのである。
ここまで、記事引用は⇒日本や世界や宇宙の動向さんより



さて、カレイド・スコープ氏による以下の内容では、もう差し迫った事態であることが怖いです。


(中国人富裕層が)2020年の東京オリンピック開催を当て込んで、東京23区内の新築物件に向かいました。東京23区内といっても、特に過熱しているのは、山手線の内側と東京湾岸エリアです。
初期の頃、東京の大手不動産会社の青図面を見ただけで、住むことのない豪華新築マンションを次々と買い漁っていったのです。


それは、2013年から2014年に集中しました。
日本の税制では、不動産購入後5年以内に売却すると、売却益の35%に税金がかかってきます。しかし、5年以上が経過後の売却益にかかってくる税率は21%に大幅減額されるのです。


湾岸エリアのタワーマンションを爆買いした中国人の富裕層は、購入後5年が経過する2019年に売り払おうと身構えています。

中略

しかし、東京オリンピックが、最悪、頓挫の方向に向かったり、都心の再開発計画と切り離された場合、2019年を待たずして、東京23区内の新築物件の価格と、湾岸エリアのタワーマンションの価格には、早くも値崩れの兆候がはっきり出てくるでしょう。


その場合は、東京の地価暴落は、もっと早い時期にやって来るでしょう。それが、東京が抱える潜在的な脅威なのです。


<バブル崩壊の予兆は、去年の段階ですでに出ている>

すでに今年の夏には、首都圏の新築マンション契約率が、不動産市場の「好・不況」の目安となる70%を割り込んでいて、消費者心理が冷え込んでいることを示しています。


これは、不動産購入を計画している人たちが、実は、マイナス金利の日本の未来に危機感を持っている証拠で、物件の動きは、去年の秋から極端に鈍くなっているのです。
http://www.mag2.com/p/money/28796/1
以上

それでも、大阪市内でも尼崎あたりでも、大型マンションや高層マンションが次々と建設されています。不動産会社の営業マンは、「即日完売だったんですよ〜」とか平気で言いますが、その陰で「売れ行きが悪い」とこぼしているんですから、困りものです。あのセイクレストみたいなことを言ったりしているんですらもう本当にうそばっかりです。








posted by キキ at 00:00 | ゆるやかな死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月31日環境の乱れは“人間の奢り”から







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/03/31


今日で3月も終わりです。
明日からは4月。櫻の便りが届く良い季節ですが、櫻の樹の天敵が日本中に広がりそうで心配です。


クエン酸が効くといいのですが、と書いて、自分でも驚きました。


蚊も威力を高めています。
ジカ熱が拡大するのも心配です。


日本も、昔から生息している藪蚊も気になる蚊のひとつです。
この藪蚊とジカ熱との関係はわかりませんが、白い縞のある蚊には充分気を付けてください。


蚊も進化しているように思います。
手足のマヒが起きる感染症が気になるのです。


地球の自然環境は、大きく変わり始めてから随分と時が経ち、植物連鎖・動物連鎖・海洋連鎖にも大きな乱れが起き、地球上の至る所で生き残りを賭けた戦いが始まっていると思っています。


ことの発端は“人間の奢り”。人間が絶滅に追い込んだ多くの生物。ひとつの絶滅は生態系を壊します。


日本列島には生息していない生物が、天敵のいないのをいいことに増えに増えてもいます。


自然界は天敵がいて調和がとれているのです。
人から人への感染を招く原因を作ったのも、私達人間のようにも思っています。


荒れる農地が増えると土壌の微生物も変わります。
不思議な世界の方は、日本ほど微生物の数が多い国はないと話されます。


これからの人口減少が決まってしまっている日本。荒廃農地、人の住まない住宅の増加と、人の手が入らない土地が増えると人々の害敵も増えます。


外来種の蜂も、日本の生態系を脅かすようにも思っています。


―――★―――★―――★―――★―――


<照の日記>
生きている


「未来」「将来」こんな言葉が出ることがあります。それは、何年か先も自分が生きていると思えているハッピーな言葉なのですよ。


だからネ。
「不安」や「心配」この言葉は消し去って、明日も未来で将来なのだから、今日もにこやかに、そして明日も笑顔で過ごそうと思ってください。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

世見2017年03月30日今宵は宇宙に思いを馳せて







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/03/30


「光も逃げ出すことの出来ない天体があるという。その名はブラックホール」


「近未来の皆既日食の日、ある星が大きくずれているのを知る」


こんな声が聞こえます。冒頭のブラックホールは今の人の声とは違います。


「宇宙空間にあるガス雲が重力によって引きとめられている」

「太陽系の回転速度が変化する」

「誰もが宇宙に大きな変化が来るとは思っていない。だが、宇宙を支配する光では見ることの出来ない物質がいつ暴れるかわからない。勿論この物質は地球上にも存在する」


「宇宙望遠鏡が驚くものをとらえる日は近い」

「宇宙も進化している生命体なのです」


「アインシュタインは光と同じ速さで追いかけたらどうなるのか」


と少年の頃思ったそうです。
私達は学問という世界で、過去から学び取ったことを学んでいます。



疑問を生みだすことは多い。
今聞こえた意味はわかりませんが、皆既日食の日に星が見えるとしたら楽しみです。でも、大きくずれるこの意味は何なのだろうと思ってしまいます。



又、宇宙を支配する光では見ることの出来ない物質とは何なのだろうか?


光が逃げ出せない世界の意味は?
不思議な世界の方が何を教えようとしているのかわからない。



でも、今宵は空を見上げたくなりました。
宇宙旅行が現実化されつつある現在ですが、太陽系の星を回る旅は無理にも思えて来ます。



それよりも、月が一番近いのに、月のことがどこの国でもニュースとして出て来ないのは何故なのだろうと、いつも私は思います。


―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
笑顔を


いい人と呼ばれたいのはわかります。


でもネ。
“都合のいい人”になっているかもしれません。



だからネ。
肩に力を入れず 愛を押し付けず 笑顔を忘れず 元気な声でご挨拶。


それでいいように私は思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

世見2017年03月29日生活振動と地震







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
楽しみ


薔薇、葡萄という字が直ぐに書けると嬉しくなってしまいます。
私は誤字だらけで、自己流の文字で、ふりがなもメチャクチャなのです。



それと字の見難さは天下一品。
でも、書いている時が一番楽しい時間なのです。
私の書いた文章を打ってくれている方に今日は感謝します。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/29


東京都と周辺地域では、日々230万人もの人々が移動しているといわれます。
230万人といったら、宮城県民が一斉に移動することになりますし、鳥取県の70万人では誰もいなくなる数字です。



凄い人数の人々が東京都と周辺地域を移動しているのと、東京都民の1341万人、神奈川県民の913万人、埼玉県民の732万人、千葉県民の626万人もの人々が家の中を歩くだけとしても、かなりの振動が地下に伝わっていると思うのです。



それと車の移動、建築による振動、飛行機の着陸の時に起きる振動。
私達は気付かずに生活振動として、自然界にはない振動を地下に与えているのです。



地下鉄が通る地下の深さはどのくらいなのでしょうか。
電車が走る振動は、地下に影響を与えていないはずがないと思っています。



30年内に来るともいわれる首都直下型地震。最近、私の住む埼玉って、断層ってないのかなぁと思うことが増えています。



東日本大地震が起きる前の年の夏、母を預けていた施設のすぐ近くを、多くの人が歩く夢を見たことがあります。



この夢は後に現実になりました。東京から帰宅する人々の姿でした。
嬉しいことに今現在は気になる夢は見ていませんが、群馬県から埼玉を通り東京へと向かう奇妙な線を見付けています。



今は少し静かなのですが、福島県の中通りに浜通り、茨城、千葉沖が動きたがっている気もします。



人口が密集することと地震は関係ないとは思いますが、陸上からの振動が地下を動かすように何故か思えるのです。



今年も油断できない地震。
今生きていることに感謝したいと思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

世見2017年03月28日ニュース報道







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
仲良くは


ネェ あなた。
あなたの一番好きな人は誰ですか。
それと一番苦手な人は誰ですか。



こうして改まって考えてみると、ほんの少しだけれどご自分の気持ちが見えて来ます。
そうそう、「嫌いな人」という言葉はあまり使わない方がいいと思うの。「苦手な人」に留めておくといつの日か仲良くなれるかもしれません。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/28


世界最高峰はエベレストの8848m。
私にはどれだけの高さなのか想像も付きません。



ナイル川の長さは6695km。
日本列島は、北海道から九州までの距離ってどれだけなのでしょう。
世界地図を見ていますと、日本は小さな島国であることがわかります。



私達は、日本の何を知っているのだろうか?
報道は規制されていないのだろうか?



テレビを見て最近思うことは、どの局もあまり特徴がないように思えてきます。
大きな事件が起きると、私達が見飽きるまで頭の中に叩き込まれ、ニュースの重大さより「もういいよ」と言いたくなります。



私が子供の頃はテレビがなかった時代だったので、映画館で見るニュースは半年前のものだったと思います。父が毎日新聞を読む姿は、どこか頼もしくさえありました。



インターネットの普及で、テレビニュースより早く出来事を知るチャンスもやってきましたが、面白動画や不道徳な動画までも出ていると教えられると、凄い世界だなぁと思ってしまいます。残念なことに、私はパソコンが出来ないので見ることはできませんが‥‥。



でも、現在大きな局面を迎えている北朝鮮の核とミサイル。
中国と周辺国との対立も重要課題です。



陸上自衛隊の配備地は正しいのだろうかと、理由なく思ってしまいます。
「防衛装備移転三原則」が制定された意味をご存知の方はおられますか?
私は、どこかこの制定に裏があることが恐ろしいのです。



潜水艦のニアミスならいいのですが、激突事件が起こる日が来たらどうしようと今日は思っています。



日本海、東シナ海、その海底で繰り広げるかもしれない戦いは、無いのが一番です。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

世見2017年03月27日日本列島の“変形”で地震が広がる







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
頑張って


頑張ろうと思うと、頑張ろうとする気持が負担になってしまいます。
でも、やり遂げなくてはいけない時は、そのことが終わった時の開放感は最高のはずなので、先ずは目標に向けてやっぱり頑張ってください。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/27


緊急地震速報の容赦のない知らせの音。
6年前の今頃も、人々は揺れに敏感になり、揺れる度に心までが怯えで揺れていました。



私が改たまって書くまではありませんが、いつどの地が大きく揺れても仕方がない時期を迎えました。



昨年、震度4以上の揺れがどのくらいあったのでしょうか。
昨年は熊本で大地震が発生しました。最大震度7の激しい揺れは、名城熊本城を傷付けてしまいました。



これからの大きな地震の特長は、地震活動が広がるところにある気がしています。
地図を触ると不思議な感覚が広がります。地殻と言ったらいいのでしょうか。



日本列島が“変形”というのでしょうか。東北地方は、東日本大地震が起きた方向に延びようとしているようにも思います。



北海道は日本海に向かい動いたそうです。
宮城の下辺りから、福島・栃木・群馬・埼玉、そして東京・茨城・千葉へと、何となく、回る渦のような流れの動きも指先に感じています。



神奈川から四国までは、左上の方へ引っ張られているようなのです。
鳥取の地震を起こしたのは、熊本地震の影響のようにも思います。



熊本地震後、四国・和歌山・奈良・三重・愛知・静岡・神奈川まで、影響を与えたと思わずにはおれません。



「中央構造線」この字がやけに気になります。
高知の桂浜から見た太平洋。



土佐湾沿いに車で走ると、まるで太平洋を眺めているかのようなお墓が立ち並ぶ光景を思い出し、地図を触りながら穏やかな日々を願いました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

世見2017年03月26日闇の支配者達も焦っている







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
きっと


平穏な日々を過ごしていると、何となくつまらなく感じるのは何故なのでしょう。
きっと欲が深いのですよネ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/26


インターネットの普及により、闇を牛耳る支配者達もセキュリティーに頭を痛めているという。



欧米の超エリート集団は今、何かに怯えていると私は書きたくなっています。
何が王手なのか、感じ取りたくて仕方がない。時折、不思議な世界の方に直接教えられるのではなく、頭の中に降って湧いたように、本当私には思いもつかない思いが湧き上がって来ます。



どんな人間も死んでしまえば、この世のことはこの世のこと。貧しくとも心清らかに生きた人間との差は、きっとあの世でわかるはず。



「闇の権力者達が仕掛けを施しても、自分達の成果が得られず、世界経済は一人歩きをしている現状に焦っている」



何故こんなことを書くのかさえわからないが、誰かが動かし、現在の為替になっている。


次のサミットはどこで行われるのか私は知りません。
だが、次のサミットかその次のサミットかで、金融対応策がどこかの国から提案される気がしています。



トランプ大統領の腹の内は読めたものの、闇の権力者が操作するより早く、一般投資家の動きのスピードが勝っているのが今のようだ。



ユーロの空中分解の危機が迫る今、打つ手はあるのだろうか?


「ヨーロッパとアメリカの闇の支配者達の思惑通りに事が運びにくくなっている」


何故こんなことを書くのかさえわからない。


インターネット動画による暴露事件が世間を賑わせる日が近付いている気もしています。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

世見2017年03月25日「朝鮮」







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
季節が


桜の季節が到来します。
春爛漫 ウ〜ン 思うだけで春気分です。



人生はいつでも「今日が出発の日」と思うと元気が出るものなのですよ。



だからネ。
今日も一日、自分らしくお過ごしくださいネ!


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/25


いつだったかこの世見で、北朝鮮の国民は15年を待たずして姿を消す、と書いたことをフッと思い出しました。



何故思い出したのかわかりませんし、「書きました」と言い切れるものはありません。
この世見は3000回を優に超えていますので、原稿用紙は6000枚をとっくに超えているために、お読みいただくのも大変なことと思います。



北朝鮮の正式な国名は「朝鮮民主主義人民共和国」だそうです。
アメリカと当時のソ連が分割統治していたために、朝鮮半島に悲劇が起きました。



北朝鮮の侵略により、朝鮮戦争が勃発。
私達がニュースで知る限りでは、ミサイルの脅威を現実として受け止める日が来るようにも思えるのです。



対岸の火事ではなく、むしろ日本がターゲットになっているとも思います。



朝鮮半島の歴史は戦の歴史でもあります。
人類は何故これ程までに戦争を好むのでしょう。



私達は日本の食卓に、ごく自然と韓国料理を取り入れています。
韓国料理の原型となった宮廷料理のキムチやチヂミにビビンバと、美味しいと思える味には国境はありません。



あなたは今、北朝鮮に対してどれだけの危機感を持っておられますか。



私は大変心配になっています。
「朝鮮」という国名は、古来から由緒ある国名として知られ、太祖が明にお伺いを立てて朝鮮という名が決まったようです。



朝鮮王朝成立までも戦、その後は後継者争いで戦と、いつの世になれば朝鮮半島に春が来るのでしょう。



故金正日総書記も人の命を弄び、子も又、命の尊さを忘れています。
わが子が現代世界最悪な独裁者になる姿を、あの世でどのように見ているのでしょうか。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

Beforeitsnewsの警告メール2017年3月24日







きていました、私にも、教えてくれた友人にも。
残念ながら英語がぜんぜんな私にはわかりませんでしたが、翻訳してくれていらっしゃるので、毎度の「日本や世界や宇宙の動向」さんより転載いたします。




私は、Beforeitsnewsのニュースサイトに読者として登録していますが、今朝、Beforeitsnewsから以下の緊迫したメールが届きました。



本当に、メールで警告している通りのことが起こるのかどうかは分かりませんが(実際に起きても、その深刻さが軽減されることを願うばかりです。)。。どうなることやら。。。。参考程度にお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下は私に届いたメールの和訳です。)
読者 様

貴方を怖がらせるつもりはありません。ただ、どうか差し迫る危機に向けた対応策を取ってください。


預金口座にほんのわずかの預金がある場合でも、当座預金口座を持っている場合でも、個人退職年金、401k或は証券口座を持っている場合でも、金融システムにほんの少しのお金を預けている場合でも、今があなたを守る最後のチャンスとなるかもしれません。



それは何を意味しているかというと。。。
この10ヵ月間、米諜報機関のインサイダー、ジム・リッカーズ氏は世界中を走りまわり、差し迫る危機に関する重要な情報を入手しました。



最初に彼はワシントンDCを訪れ、次にロンドン、南米、アジアへ飛びました。その中で、リッカーズ氏は元FRB議長のバーナンキ氏、中国人民銀行のトップのZhu Min氏そして超エリートのビルダーバー・グループの関係者に面会しました。



さらに彼は諜報機関(CIA内外)の幹部とも情報を交換しました。彼らから集めた情報を基に、彼は非常にショッキングな出来事がもうじき起こることを予測しました。



もうじき、グローバル・エリートによって326兆ドルの世界金融システムが凍結されることになります。もちろん意図的に行われます。



そして、信じられないほど壊滅的な結果をもたらします。もしそのようなことが起きたとするなら、48時間以内に世界金融システムは完全崩壊します。その結果、米国民の多くに大打撃を与えるだけでなく、その前からトランプ政権が終ってしまう事態になりかねません。



詳細は以下のビデオをご覧ください。
リッカーズ氏が全てを明かしています。
(ビデオから抜粋)

「世界的ネットワークのグローバル・エリートは密かに世界の資産を強奪する計画を実行に移します。



国際決済銀行、世界銀行、世界の中央銀行、IMF、FRBが金融崩壊の引き金を引きます。
その結果、世界中の企業や銀行が破産します。また、グローバル・エリートらは3595社の資産管理会社を乗っ取るつもりです。



資産管理会社のブラックロックには5兆ドル、フェディリティ・インベストメントには2.2兆ドル、バンガードには3.14兆ドル、UBSには2.71兆ドル、ステートストリート・グローバルには2.46兆ドルの資産を保有しています。



326兆ドルの大崩壊が差し迫っています。そして、グローバル・エリートは即座に世界金融システムを凍結し、投資家は口座からお金を引き出すことができなくなります。



グローバル・エリートのネットワークが承認しなければ現金の流出入ができなくなります。このようなカオス状態の中でトランプ大統領の任務が継続できなくなります。



(リッカード氏の経歴は省略)

今回の金融崩壊では世界金融システムの凍結という新たな方法が実行されます。
リッカード氏は彼の著書で、今回の金融崩壊では前回とは全く違う形で世界中の資産が破壊されることになります。



1970年代来のインフレが起こり、1930年代来の破産が続き。1914年来の為替崩壊が起こります。



その結果、国家権力が召集され国民のパニックを封じ込めます。資本主義への信頼は2度と回復しません。
今回の金融崩壊では、2008年よりもさらに多くの投資家が富を失います。また、今回の金融崩壊は前回よりも長引きます。



世界中にネットワークを持つグローバル・エリートは今回の金融危機を利用して世界の資産の強奪を行います。彼らは攻撃を始めました。金融システムの暗黒時代が始まります。巨額の資産(お金)が失われます。そして米国民の多くが、長い間、現金を使うことができなくなります。



今回の金融危機で史上最大の富の没収が行われます。
彼らは金融危機を通してワンワールド・オーダー(世界統一秩序)、ワンワールド・タクセーション(世界統一徴税システム)、ワンワールドマネー(世界統一通貨)を完成させようとしています。彼らは国際金融法を不正に操作しながら彼らのアジェンダを完成させる基礎を築き上げました。



彼らは、金融危機が起こると同時に世界金融システムを凍結することで、世界経済をリセットする時間を得ることができると考えています。



金融危機が実際に起これば、トランプ大統領であってもそれを止めることはできなくなり、トランプ政権の弱体化が始まります。



グローバル・エリートは巨大な資産管理会社(Too big to fail)を彼らの管理下に置き、管理会社の資産を凍結します。


以下省略

Joe Schrieferより
Publisher, Agora Financial

P.S.  326兆ドルの金融崩壊が差し迫っているという事実に大きなショックを受けました。今回の金融崩壊も意図的に仕組まれています。金融市場が大混乱した結果金融崩壊が起こるのではありません。今回の世界的金融崩壊は189人のエリート工作員が仕掛けています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(こちらが読者の一人の私に届いたオリジナルのメールです。)
Dear Reader,

I don’t mean to alarm you − but please be prepared to take action.

If you have a dime in a savings or checking account…

If you have money in an IRA, 401(k) or brokerage accounts…

If you have a single penny in the financial system…

This could actually be your last chance to protect yourself.

Here’s what I mean...

For the past 10 months, U.S. intelligence insider Jim Rickards has crisscrossed the planet − gathering details of a looming event.

His journey has taken him from Washington, D.C., to London, Latin America and Asia.

In an effort to cover EVERY base, Jim has met one on one with former Fed Chair Ben Bernanke…

Bank of China honcho Zhu Min… and even the head of the ultra-powerful Bilderberg Group.

In addition, he has consulted with top intelligence officials − inside and outside the CIA.

All of these meetings have led Jim to confirm this same shocking prediction.

We could soon witness the $326 trillion “freezing” of the world financial system.

It will be purposeful.

It will be destructive beyond belief.

And when it occurs, it could happen inside of 48 hours.

Not only would this event devastate millions of individual Americans.

This same event could end Trump’s presidency before it really even begins.

But you don’t have to be a victim.

In this world-premiere video interview, Jim reveals all (including who’s behind this looming catastrophe).



You’ll discover exactly what’s coming.

You’ll go inside Jim’s closed-door meetings with the elites of global finance.

You’ll even get details on how to prepare, including Jim’s recommended investments. (Just one of them could have already handed you up to 1,178% gains!)

For immediate access to this world-premiere story, simply go here now.

Sincerely,

Joe Schriefer
Publisher, Agora Financial

P.S. Here’s what I find REALLY shocking about the coming $326 trillion collapse: It will represent the world’s first “purposeful” financial collapse. Folks will think it’s happening as a result of random market chaos. But behind the scenes, some 189 operatives will orchestrate every moment of the crisis. What does it mean for you and your family’s financial future? Just go here for details… from Jim Rickards himself.

記事引用は⇒日本や世界や宇宙の動向さんより

どの程度受け止めるられるかは、お任せいたします。

原田武夫さんは「米欧勢が今次金融メルトダウンを通じて画策しているのは事態の収拾ではなく、混乱の維持と拡大を通じた世界史の刷新である可能性が極めて高い点。米系国際金融資本の動きもその観点から分析すべきことをまずは認識すべき。」


また、「米欧勢が今次金融メルトダウンを通じて画策しているのは事態の収拾ではなく、混乱の維持と拡大を通じた世界史の刷新である可能性が極めて高い点。エネルギーはその際、根底的な事情として大きな役割を担っていることをまずは認識すべき。」とデイリー・レポートで書かれてあります。






posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月24日地球に暮らしている自覚を







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
無理しない


仕事って、楽しい時ってそうはない気がします。
職場に出勤したくない日だって誰にもありますし、仕事に嫌気がさす日だってあります。



でもネ。
どんなことにも倦怠期はあります。
時を重ね自分の人生を振り返ると、自分の人生こんなものと思える日が来ます。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/24


「宇宙」この言葉を聞いて、どのような想いが浮かびますか。
日々の生活に追われ、宇宙に想いを馳せることはないかもしれません。



でも、私達が住んでいるのは、宇宙の中にあるひとつの惑星です。
地球も生命体で、寿命は後45億年ともいわれています。



私が次回出版する本は『あの世の仕組み』の第2弾です。
私が不思議な世界の方に教えられたあの世の仕組みからすると、いつの世にか、姿形は変われども、生まれ変われるチャンスが幾度かやって来ることになります。



今だけを大切に思うのではなく、次の世が輝ける星であるためにも、ほんの少しでも心に余裕を持ち、地球に暮らしている自覚を持って欲しいと思います。



今宵の夜空の遠いところで、ガス雲から星が誕生しているかもしれません。
又、大爆発を起こして星が死を迎えているかもしれません。
地球は人類にとって病気になっている気がする昨今、いつ地球が病死するかもしれません。



どうも人類は錯覚をしていて、知恵が備わっているのは宇宙広しといえ人類だけだと思っている気がしています。



地球の条件下でしか生命が維持出来ないと思っているようですが、ヒ素を好む生物もいるのがわかると、人類は過信しているようにも思います。



「コメットさん」というテレビドラマが随分前に放映されましたが、長い髪の毛を語源とするコメットが、40〜45年頃までに地球に接近することと思います。



又、それまでにも、天体ショーの大火球・大音響が人々を驚かせることと思います。
地球の守る意志が、隕石を落下する場所を海へと誘導していることを忘れてはいけません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

“昭恵爆弾”に慌てふためく安倍首相!3月23日籠池氏証人喚問







日本維新の会の橋下徹氏がワシントンを訪問したと…。
「もっと日本に外圧をかけてくれ」と述べたといいます。

「外圧がなくては変わらない」ということですか?
保身も保身で、果ては外圧とは笑止…。




阿修羅の記事を転載いたします。
いま、日本の動向が変わる潮目かもしれません。


▼“昭恵爆弾”に慌てふためく安倍首相!
 「わが世の春」を謳歌していた安倍晋三に取って誤算だったのは突然、「2つの爆弾」が破裂したことだ。


 1つ目は籠池爆弾。「昭恵夫人を通して安倍首相から100万円の寄付を受けた」と言うほど森友学園の籠池泰典と安倍晋三夫婦は“蜜月”の関係を続けてきた。


 残る一つの爆弾は妻、昭恵だ。安倍晋三は妻を自由にさせていたかに見える。が、実は夫婦でしっかり役割分担していたのである。


詳しくはここをクリック
http://79516147.at.webry.info/201703/article_304.html

安倍首相が抱えた2つの“爆弾”が破裂! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/739.html


コメント

1. 2017年3月23日 06:50:23 : RXNIdNH79U : nKQSOV2epSs[29]
▲△▽▼
> 実は夫婦でしっかり役割分担していたのである。
安倍晋三は、国家を私物化して甘い汁を吸うために、内閣官房に
「内閣人事局」を作ったのです。


身内びいき・縁故主義(ネポティズム)政治にこの「内閣人事局」を
利用し、国家を私物化させていきました。


安倍昭恵が官僚を動かせたのも、「内閣人事局」があるからなのです。

by 兵頭正俊 @hyodo_masatoshi



2. 2017年3月23日 07:04:43 : dIMvvbMOSk : TdzGVKXJbE0[1]
▲△▽▼
国民からすれば安倍が核爆弾
籠池と昭恵は安倍の自滅だし地雷だろう
自ら仕掛けた地雷を踏んだに過ぎない



3. 2017年3月23日 07:09:08 : UF0kuB3bKA : SpDxDDo722E[43]
▲△▽▼
安倍信者の騙しの手口。
格安国有地なら 「朝日も森友も同じ!」 と主張する面々
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/column/2017/03/19/post-1463.html



4. スポンのポン[6227] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年3月23日 07:20:31 : ub3Hx2T5Ns : HiNKVHdYRfQ[880]
▲△▽▼

■笑わせないでくれたまえ。

 自民党の犯罪を自民党が追求ってか。
 


5. 2017年3月23日 07:58:27 : UF0kuB3bKA : SpDxDDo722E[46]
▲△▽▼
証人喚問を 「大人のリンチ」 にするなと山本太郎
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/708.html
 

疑惑解明ほど遠い 籠池氏23日喚問
事情を知るとみられる 迫田英典国税庁長官 (国有地売却時に財務省理財局長) らは
呼ばれない。
http://mainichi.jp/articles/20170320/k00/00m/040/135000c

 
専門家たちは 「自民の自己防衛」 「他の当事者を呼ぶべきだ」 と指摘。



6. スポンのポン[6231] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年3月23日 09:58:35 : ub3Hx2T5Ns : HiNKVHdYRfQ[884]
▲△▽▼

■自分で自分の首を絞める自民党。

 

7. 2017年3月23日 11:17:12 : KdO4ZcPv4k : WFkx9HtZLdA[1]
▲△▽▼

 
      わぁ〜 アッキやってもうた!!!!
 

8. 2017年3月23日 11:19:12 : KdO4ZcPv4k : WFkx9HtZLdA[2]
▲△▽▼
 
  アホアベについて話し始めました
  籠池 恨み骨髄
 
 

9. けろりん[2170] gq@C64LogvE 2017年3月23日 13:40:51 : ECjf10sQlw : SsGV36BfDk4[271]
▲△▽▼



<  神様がご覧になっておられるので・・・  >


『 WBC 』を敗退させ、
『 大雨 』を降らせ、
『 甲子園 』を延期させ、
『 愚民ネトウヨ大衆 』を暇にさせ、
『 チョンNHK 』に電話恫喝させ、
『 衆参両方 』を席に着かせ、
『 北のミサイル詐欺 』を不発させ、
『 報道未定洗脳マスコミ 』を諦めさせ、



__________________
・・・神様が準備万端__
キミのために整えちゃったのよ
スピりっちゃる昭恵さま・・・
あぁ〜、カムナガラ。
/ブ〜メラン宇宙創造天網恢恢・神


<  神様がご覧になっておられるので・・・  >
・・・と、言われ見られる『 贋神 』は、悦ぶが・・・


カムナガラ・『 ものほんブ〜メラン神 』は、
< わたしを頼り”ご都合”利用するのではなく、
  あなたの「おもう・いう・する」をよく見なさい >


『 ご都合ネトウヨ宗教保身カルト/ご都合スピりっちゃる私益宗教カルト 』
・・・・表裏一体。
・・・・こう、・・・おっしゃられている。


< どうぞ、ブ〜メラン恢恢神__からです >
ありがとう。



『 しまったァ 』
安倍ご夫妻、籠池ご夫妻、稲田ご夫妻、
各ご夫妻方・・・
『 100万、漏らしてしまつたぁ 』
『 メ〜ル、漏らしてしまつたぁ 』
『 賞状、漏らしてしまつたぁ 』


天網恢々・おケツカイカイ神は
_すべてを漏らさず
見ている、観ている、診ている。

ありがとう。

家庭内・野党フリフリ ”トロイ木馬使い手”_____
ネトウヨすぴりっちゃる昭恵さま。
<  神様がご覧になっておられる・・・  >




10. 2017年3月23日 13:55:19 : MhsKhvnTic : KonTLpopQSg[245]
▲△▽▼
その通り、安倍昭恵は夫婦揃って頭は悪いが悪知恵は夫婦共に優れている。同じような境遇で育ち子供の頃から我慢などしなかったのだろう、国民の生活や気持ちなど知る由もない、何の為に議員になり何の為に総理になっているのか、国民の為でない事だけは確かだ。



http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/748.html


用済みごフウフ、気づかないのは当人のみですかね。
もうあちらは動き始めているのですね、トランプさんに変わったんですよ。キッシンジャーさんが後ろに控えているんですよ。ちょっとずつちょっとずつ、あなたたちの周りで事態は引き潮がきてるんですよ。


それにしてもいつも鋭い切り口のカレイド・スコープ氏の記事の中に「松井ヤンキー」のことが書かれてましたけどね、竹渕(たこち)に住んでたんですよね、松井氏も橋下氏もね。さて、地元では有名でした…。めっちゃ嫌われものの子どもだったと、友人にそれはそれはよく聞かされましたよ。そんなことまでご存知なんてカレイド・スコープ氏の情報収集って一体…。






posted by キキ at 18:39 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月23日ノアの箱舟







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
人生って


空の景色は今日も違います。
私も姿形には明日も変わりがないかもしれませんが、きっとどこかが違うかもしれません。



でも心の中はそれほど進歩がなく、困ったことが起きるとアタフタとする。


まぁ〜こんなものなのでしょう。人生とは!



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/23


「アララット山の氷河にノアの箱舟がある」とモスコー放送が伝えたといいます。



本当かなぁ〜。
こんな思いは私にはありません。


誰かが今、私にこのように話をしてくれるから書けているだけです。
その日は1947年の夏だったようです。「8・9」この数字が今見えました。
凍りついた湖に眠る巨大な舟を見付けた飛行中のパイロット2名もおられるとか。



「この巨大なる舟を目にした若者の数は180人以上」


今日も何を書いているのでしょうネ。
聞こえることを書くのって楽しい。意味はノアの箱舟と言われたので、そのことであるくらいはわかります。



娘が産まれた次の年に、朝日新聞にノアの箱舟のお話が載ったようです。
このお話を信じるか信じないか、なぁんてどうでもいいのです。
私達は、ノアの箱舟から学びとらないといけない時期に来ていると思っているのです。



人々の心の有り様は、時代が移り変わっても中々成長しません。
地震の揺れに恐れおののく私達ですが、巨大洪水の恐怖は想像以上のように思います。
大津波の洗礼を受け、尊い命が召されたのを体験したのは、今から6年前です。
再び大災害に心が凍る日がきっとやって来ることでしょう。



震度4クラスが最近は気にならなくなり、震度5クラスでも被害が少ないと気にも止めなくなったようにも思いますが、慣れることのない地震の揺れ。



「油断大敵」な時を迎えている現在、いつどこが大きく揺れるかわかりません。
「今生きている」自覚を常に持ち、日々をお過ごし下さいませ。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

世見2017年03月22日皆様と出会えたことに感謝







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
良いこと


「何かいいことないのかなぁ〜」
こんな言葉が出ることってありませんか。


どんなことがいいことなのでしょうネ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/22


大昔の人達は、空を見上げることで何を感じられたのでしょうか。
地球に現在住む我々は、他の惑星との距離を知り、自分達がいつの世にかそこに住めることを夢見るようになっている気がします。



でも、日が昇り日が沈む光景をゆったりとした思いで眺められるのは、一握りの人と、旅に出た時くらいしか味わえないのは何故なのでしょうネ。



都会からは満天の星が消えました。
月明かり、星明かりを頼りに歩いた頃は空気も美味しく、さぞや人々の心にありがたい世界だったに違いありません。



春の日差しが心地良い季節が始まります。
春霞みもおつなものと思うもよし、花冷えで冬とサヨナラをするもよし、四季のある日本を楽しめる時を過ごしませんか。



雲が流れ行く様を見とれることを忘れてしまった私達。
とても大切なことを、どこかに置いて来てしまったのかもしれません。



この齢になっても初体験ができる人生を、不思議な想いで受け止めながらも、講演会をさせていただいたり、本を出版させていただいたり、ご相談での人との出会いがあったりと、64歳までは考えもしなかった時を刻んでいます。



ご相談では多くの友を得ました。
桜島のターミナルで、人々が行き交う姿に人の温もりを感じ、子供とお弁当を食べる友もいます。



一人で病気と闘っている友もいます。
幸福っていったいどのようなことを言うのでしょう。



今日は、私から心を込めて、読者の皆様と出会えたことに感謝しているパワーを送りたいのです。


生きている時には様々な思いがやって来ますが、人生は終わってみるまで答は出ません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

世見2017年03月21日純金の神殿!?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
チャレンジ


やってみたいことってどんなことですか?


私は「スカイダイビング」には憧れますが、高いところは腰の辺りから下にゾクゾクッといいしれぬ不快感が走る私には無理な世界です。


春らしさを感じ始めた今。
あなたも何かにチャレンジして見てください。
私は一人カラオケにチャレンジしてみます。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/21


純金で覆われた神殿があったといわれます。
ダビデが作成した図面で造った神殿だとも、不思議な世界の方は話されます。



この神殿の大きさは耳を疑いたくなります。
神殿 約10m 奥行き 約30m 高さ 約15m
純金で覆われた神殿にしては大きいと、私は思ってしまいました。



7年と3ヶ月をかけて築かれた神殿。
ダビデの時代のことです。
ケルヒムは5mもあり、勿論純金。
それも2つあったとか。



ケルヒムと教えられるがまま書いていますが、人なのか動物なのかもわかりません。


レバノンの森には黄金が眠っていたようです。
ソロモンは、ダビデに負けずとばかりに純金づくしの生活をしていたようです。
レバノンの森の近くには今もまだ黄金が隠れているとも教えられました。



「膨大な黄金郷 ヌビア」
レバノンの森ではないのか。
疑うことはやめて先に進みます。
アレ、急に部屋が静かになりました。



すると、

「アフリカ東部の紅海の下」
こんな声が聞こえます。
「プトンは掘り尽くされたが紅海には夢がある」



「シバの女王も純金好きだったが、産出できる場所を封印してしまったためにわからないが、北イエーメンの砂漠の下に眠っている」



「砂金と砂漠の砂が入り混じって、太陽の光が当たると黄金の輝きだった」


このお話が本当だとしたら、黄金はまだあることになりますネ。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

世見2017年03月20日力強い男性の声が‥‥







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
身内


身内のことで悩む時の心得として申し上げておきたいのは、身内って「誰と誰のことなの」かが大切です。



縁があり、夫妻 親子 兄弟 姉妹 祖父母 親戚と人生に関わる人々が身近にいます。



でも、一番大切なのは、日々誰と生活をして、守るべき相手が誰で、守りたい相手に自分が出来る範囲がどこまでかを知っておくこと。それを知っていないと、あれもこれもしなくてはと思ってしまい心が乱れます。



時折、身近なる人への想いの整理をされると心が軽くなります。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/20


ムイマツシャーハ
トエー
ムヒーローエ
ラーパー
トシーレーベ
ツレアーハー トエーウエ



今聞こえた言葉を書き写しました。
意味も何語かもわかりません。
日本に於いても2000ページにも及ぶ大作だと言っておられます。



「創世記初めに神が天と地を創造した」


私でも知っている言葉が聞こえた。

「アフカリストー」この言葉が聞こえたので声に出して言ってみたら、「ありがとう」と日本語で返って来ました。



いつも何を書いているのかわからないのに、原稿用紙に何かを書こうと思ったら、こんな声がいきなり聞こえます。



「エフカリストー」「エフカリストー」と2回言って見たら、
「ソーテールが現れる」
「イエースース クリーストス」
あなたもお読みになって首を傾げるでしょうネ。
私だって同様です。



ただ、神様がおられると思う方が幸福になる気がしています。
神なる存在は、考え方によってはこの世に送り出してくれた両親もそうかもしれません。
命の尊属を続けさせてくれる自然界も神と言えます。



力強い男性の声が続きます。


「エローヒーム デバル」
アレ、何となく初めて少し違う。変なのですが、先程まで言葉が逆さまのような気がしました。


今日も意味がわからずごめんなさい。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

世見2017年03月19日変貌する大陸の姿







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
努力は


特別欲しい物が最近ありません。
物欲はかなりなくなりました。


“欲”をいえば「若返り」くらいです。
だからといって何の努力もしていません。


人って、努力を続けてからしかやった充実感も味わえませんし、欲も満たせないのですよネ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/19


私も、地球の一部を占領しています。


この星しか知らない私ですが、部屋を見渡しますと私だけの世界が広がっています。
好きな曲が流れ、蕾の百合の花が自己流に活けられているためか、百合の良さがいかされていませんが、満足が花咲く我家です。



今日のように地球の一部を間借りしている気分でいると、部屋の中にこうしているだけで幸福な思いになります。



地球は鉄を中心に、酸素やケイ素など多くのもので出来ていると言われます。
火山活動で地下から地上に飛び出すかのように流れ出す硫黄も、地球の豊かな資源のひとつです。



地球は様々な物を作ってくれています。
ダイヤモンド、エメラルド、ルビー‥‥。金もあれば白金もあります。
地殻物質と言えそうな、ウランまでもがあります。



古代末期まであったといわれるパンゲァ。
古代後期にはアフリカ、オーストラリア、南極、インド半島、マダガスカル島、それと南アメリカが、南半球に広がっていた大陸だと教えられると、地球は生きていると実感してしまいます。



私も皆さんと同じで、揺れるのも大雨も雷も好きではありません。


でも、全て地球の営みです。
オリンピックの五輪のマークを見て大陸を思い浮かべますが、現在の大陸の姿は過去とは違います。



今も地球は、陸のデザインを変えているのです。
私では想像出来ない環境下だった大大大昔。大陸の内陸部は、夏と冬との気温の差が50℃もあったと、不思議な世界の方は話されます。平均気温が45℃。クーラーがないと過ごせないと思う私は、そんな時代には住めません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの時神戸大学の教授に天下っていたら今の私はなかった 天木直人氏








文部省の天下り問題がいまも報道され続けている。

その組織的な広がりは際限なきがごとくだ。
 
ついに外務省のOBまでもリストに含まれたことが報じられるようになった。
 
そのニュースを見て私は14年前の事を思い出した。
 
私がレバノン大使を首になった時のことだ。
 
あの時、私の辞職を電話一本で通告してきたのは、私より二年後輩の北島官房長(当時)だった。
 

あのような電報を書いた以上覚悟は出来てるでしょうねと。
 

そしてその後に次のように続けた。
 
一度だけは就職先をあっせんしてあげますと。
 

神戸大学の国際学部長の五百旗頭教授は竹内外務次官(当時)とは学生時代の友人の間柄であるから、竹内次官にお願いすれば2年間は神戸大学の教授に天下れますと。
 

あの時私がそれを受けていれば、いまの私はなかった。
 

私はそれを断り、外務省と決別し、外務省の対米従属外交を批判する道を選んだ。
 

その後、竹内次官は最高裁判事に天下り、北島官房長は、いまでは警察組織の上に立つ国家公安委員の一人だ。
 

五百旗頭教授は、数々の政府審議会委員や防衛省防衛大学校長を経て、あの東日本大震災復興構想会議議長まで務めてる。
 

天下りはこの国の官僚支配と不離不即である。
 
天下りがなくなる時は、この国に革命が起きる時である(了)


天木直人のブログさんより


天木氏の発言する内容はとても意味があると思います。
この国から天下りや世襲議員などがなくなれば、日本はもっとよくなっていくでしょう。


わたしがゼネコン勤め時、たくさんの天下りがいてましたが、威張ってましたね。そして、社員も一歩引いてたし、気を遣ってましたね。まぁ、消防検査などで消防庁の天下りがちゃんと?便宜を図っていましたから、その役どころは勤めていましたが、だいたいこんなものです。






posted by キキ at 00:00 | 希望の光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

世見2017年03月18日自然界を守る働き







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
見た目とは


男なのに 女っぽい人
女なのに 男っぽい人
見た目と心の内は随分と違う人は多い。



気が強そうに見える人がいつもウジウジと考えていたり、気が弱そうに見える人が実は芯が強く頑固だったりと、人は見た目で判断しちゃ駄目なようです。



でもネ。
人間だもんネ。
皆似た所ってあるものなのですよ。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/18


「マングローブが自然界を救う」
こんなタイトルを付けたくなるくらい、自然界は人類によって大きく傷付けられました。



私も、日々自然界にお礼を言っているのですが、自然界に感謝の気持ちを表す行為はできてはいません。緑化に少しでもなればいいと思い、ベランダに花々を育てているのと、油を使った時、洗う前に拭き取ることを忘れないくらいしかやれていません。



マングローブは、淡水と海水が入り混じる河口付近で堆積した泥の中で生活できる植物です。


人類が汚した土壌を食い止めて海を守ってくれていると教わりました。
貝類も、海を守るために海岸辺りに生息するひとつの生物だとも教えられたのですが、埋め立てや人間の勝手な行動で、貝類も生活出来にくくなっていて、海の生態系にも変化が起き始めていると言われます。



植物のプランクトンは海の食物連鎖を守っているのに、人類は自然界を守る働きをしていないという思いになります。



ある日、太陽風から地球を守っている磁場が大病をするかもしれません。
このまま温暖化が進むと、恐竜がいた時代に戻るかもしれません。



恐竜時代の温度は現在より6〜14℃高かったと教えられると、唸りたくなってしまいます。



海面上昇ってあると思えます。
多分、陸地から水の部分が消えるでしょう。
こうなると火山活動も多くなると思えるのです。
もしかすると地震が多くなったのは、温暖化が大きな要素にも思えるのです。



私達は地球でしか暮らせません。
一人一人が自然界に「ありがとう」の気持ちを持たないと罰が当たります。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

世見2017年03月17日アメリカの闇の権力者たち







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
一人でない


私は一人で生きていないなぁ〜と実感できるのは、こうして書いた原稿をワープロで打ってくださる方やネットにアップをしてくださる方がいて、私以上に私の書いたことを心に留めてくださっている方がいるのがわかるからです。



誰も一人では生きて行けません。
会話をする相手がいない人も、自分の命を守る食材作りをしてくれている人がいます。



ひとりぽっちな人っていないのです。
他愛もない会話が出来るか出来ないかでは人生観も違いますが、人恋しい日は誰にでもあります。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/17


世界を牛耳る暗のグループのことを知り得ている人は、どれくらいおられるのでしょうネ。私なんか、不思議な世界の方々に教えられないと、全くもって知り得ることも出来ません。


だからと言って、こうしてお伝えをする時はわかったつもりで書いているのですが、後で誰かに質問されてもわからないのが現実です。



不思議な世界の方曰く、この6年で世界の権力者の顔ぶれが随分と変わったと言われます。


昨年の8月までは、アメリカ大統領の予測はヒラリー女史でしたが、9月に入り暗の社会が大きく変化する事態が起き、両者を支援する者が出たり大混乱したと言われます。



ヒラリー女史の敗北の要因のひとつは、暗の権力者の心変わりだったとも思っています。


不思議な世界の方が言われた「金融統制体制」なる考えのヒラリー女史に足をすくわれると思った権力者達が、彼女を選ばなかった気もしているのです。



大統領就任後、アメリカは未だに落ち着きを見せてはいませんが、暗の権力者達はトランプ大統領の底を見抜けているとも教えられました。



ただ、ネオコン(?)グループのひとり女史の仲間の動きが気になるのです。
何故気になるのかと言われるとわからないのですが、ネオコンを立ち上げたひとりのこの女史。かなりご立腹のようで、巻き返しを狙っているのですが、この女史、病気をしていないでしょうね。肉体的エネルギーが薄く感じています。



6年前は元気だった人々。そういえば、レーガン元大統領はお幾つになられたのでしょう。


あの頃強気だった側近の人達は高齢者になっていますよネ。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

世見2017年03月16日大洪水時代







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
気運


「一度は会って見たい人は誰?」と聞かれたら、ビートたけしさんと吉永小百合さんでした。



人により気運にも差があると思います。
その差がどこからやって来るのかわかりませんが、永きに渡りテレビで活躍をされている方々や知名人の方々には、気の運が高い人が多いように思うのです。



私が申し上げる気運とは、
人には平等にご自分がご自分だけに語りかける会話があり、その会話が言動や行動を生んでいる為にご自分が気運づくりをしているのがひとつ、もうひとつは、ご自身が持っている運気をキャッチする能力が実に見事にマッチした姿の時に人は気運に満ちて見え、人からも愛されるのだと信じています。



だからといって凡人なる私達は真似すらも出来ませんが、ご自分がご自分の心の中で話す言葉くらい優しくホッとする会話はなく、その会話をして気の運を高めないと損をしていると思います。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/16


大洪水時代が到来し始めています。


世界を震撼とさせる自然災害。
保険会社は保険の支払額の多さに愕然とする日がやって来ると思えるのです。



こうして書くとお読みくださるあなた様は日本のことを一番初めに考えるかもしれませんが、今は日本だけが特別な大災害にみまわれているのではありません。



巨大化したサイクロン ハリケーン 台風 マダガスカル島もサイクロンの被害に遭いやすい島です。中南米も気になる地位です。森林火災が発生してかなりの面積を焼失するでしょう。



山火事も巨大化します。
カリブ海 米国の東部もハリケーンや豪雨に襲われるようにも思います。



小さな川も遡る津波。思い出して欲しい!津波の脅威を。
東日本大地震の教訓は生かされなくてはいけません。



スマトラ沖の大地震では震源地より250km離れた場所も地震発生から約30分後津波が到達して建物は跡形もなく姿を消しました。



我国は夏が来ると台風が当たり前のようにやって来ます。火山も多くいつどこで大噴火が起きるかわかりませんし、地震も実に多い国です。



大洪水時代はすでにやって来ているのです。完全崩壊の入江が見えます。岸は以前の姿がありませんし、美しかった砂浜も消えています。



大津波は海岸を飲み込みます。
大津波はジェット機の速さで海岸にやって来るのですが、海岸付近ではスピードを落とすもののそれでもかなりのスピードです。



地殻が1000kmも壊れたといわれるスマトラ沖の大津波。
洪水時代はもうすでに始まっているのです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

ジャーナリスト菅野完の勇気に敬意を表する











私はいま読売テレビのミヤネヤで放映されているフリージャーナリスト菅野完のインタビューを聞きながらこれを書いている。

 
菅野氏の語っている言葉の数々はいずれも今度の森友疑惑の本質をズバリついている。

 

私は、ここまであらゆる不都合が表面化しても、安倍首相が森友問題ですぐに倒れるとは思わないが、間違いなく安倍首相は追い込まれていくと思う。

 
それは決して野党の手柄ではない。

 

今度の事件の英雄は、一人はこの問題をいち早く見つけて情報公開請求をし、それがかなわなかったので訴訟に訴えた、あの豊中市の市議だ。

 
彼の追及がなければ、この問題は世の中に出てこなかったに違いない。

 
そして二人目の英雄は、いましゃべっているフリージャーナリストの菅野完氏だ。

 
いうまでもなく、彼は「日本会議の研究」(扶桑社)を出版し、世の中に安倍政権を支えている日本会議の危うさを知らしめた人物だ。

 
今度の問題もまさしく日本会議を一網打尽する形で追及している。

 
彼の出自や過去の経歴はここでは問わない。

 

いま彼がテレビで語っている森友疑惑に関する言葉の数々は、この問題を封じ込めようとする安倍首相を震撼させるものである。

 
ここまで勇気ある発言をする者を私は知らない。

 
この菅野完氏の発言が、このまま森友疑惑をトカゲの尻尾きりで終わらせようと目論む安倍首相を木っ端みじんにしてくれる事を期待したい(了)

天木直人氏のブログさんより転載


akahata316.jpg
新聞あかはた2017年3月16日号より



あべのやってきたことと、国民の厳しい視線の先


アベノミクスの大失敗(というか内容も何もない)、日本国民の貧困化やスーダンPKO…。


一般の国民以下のレベルで、尊敬すべきところの何もない、政権にしがみついて、厚顔無恥。なにの結果も出せなかった(そりゃ当たり前)指導者たる資質どころか、教養も謙虚さもなにも感じられない自己中なアベ首相…。


ここへきて勃発した軍国小学校事件のマスコミの報道のちょっとずつの裏切りにもだいぶん焦っていることでしょうね。さらに防衛大臣の嘘と謝罪って‥‥。





プーチン大統領がエリツィン元大統領夫人や、ワレンチナ・テレシコワ(わたしはカモメ)元宇宙飛行士のお誕生日に花束を贈って祝う姿〜、素敵ですよね〜花束を携えてやってくるなんて(^^♪


それにひきかえ本当に恥ずかしい、こんなものが日本の首相だなんて。
いつまでも、純然たる日本人が騙されていると思っているのか…。


ヤフーニュース3月16日15時6分
学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題をめぐる参院予算委員会の16日の現地調査で、籠池(かごいけ)泰典理事長への聞き取り調査を終えた舟山康江氏(民進)が記者団に「(籠池氏が)安倍(晋三)首相から、(昭恵)夫人を通して100万円をもらった、と語った。時期は2015年9月ごろ」と説明した。


阿修羅より
> 菅野氏はいろいろな証拠をあっちこっちに個々に保管をしているようだ。
> そして菅野氏の腹心の仲間がこの証拠の所在を知っている。


成る程、このタイミングでこの話をマスコミに発表したのは、籠池元理事長の帰り道の安全と当局の逮捕を防ぐためだった訳ですね。


仮に帰路で籠池氏を殺しても、菅野氏はすでに問題の閣僚の名を知っている。
そして、発表自体は、籠池氏がするということで、脅しにもなっている。


籠池氏が、逮捕されれば、菅野氏からその閣僚の名が告げられ、菅野氏が逮捕または、殺害されても、仲間が発表するという手筈になっている……巧妙だ。

…★…★…★…★…★…★…★…★…★…

なるほど。籠池氏も菅野氏も、命かけているのが分かる。

だから、菅野氏は、「今夜の料理は、鳥の鍋、夜は入浴でもしてもらって・・・」と、しっかり胃の内容物まで教えているかのように言ったんだ。

たった二人だけで、1日、1日、命をかけて日本の闇を明らかにしようとしている。
すごい!多くの日本人の眼を光らせて彼らの命を守ろう。

この闇の深さはイモズル式で、日米合同委員会の闇、司法の闇(最高裁、検察犬)、日本会議の闇。稲田父と在特会や桜の繋がり、そしてキタの繋がり、などなど透けてみえてくるかな...一部でもいいから、突破口を開いて欲しい
阿修羅掲示板より


この「日本会議の研究」の著者菅野氏、なかなかの人物ですね。
それにしても、2月に辞任しときゃよかったのにねぇ〜。






posted by キキ at 23:00 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月15日桜田門外の変







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
気楽な


私は社交家ではありませんので、近くの公園で日曜日の朝、昔の若者の男女がゲートボールを楽しんでいるのを見ていて、ちょっぴり羨ましくなります。



でも、心の中ではゲートボールをする年寄りではないと言っている自分がいますが、どう見ても年齢が近い人ばかりです。



一人カラオケも願望のひとつ
でも、日々の行動に変化なし


もしかするとこのまま同じ人生を歩みそうです。
やっぱり、原稿用紙に向かう自分が一番気楽な気がします。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/15


大阪の四天王寺の境内で自刃した人がいたといいます。


その人の名は 高橋多一郎。
水戸藩の人です。
桜田門外の変に関与した一人です。


桜田門の前で、白い雪の上に鮮血が舞ったあの日。桜田門外には事件後、無数の指や耳があったとも伝えられています。



水戸藩の戦死者はただ一人。
残る17人は、自刃又は死罪になったと言われています。



井伊直弼が暗殺されたのが3月だったと教えられ、3月の東京に大雪が降ったのだと思うと、春が遠い年って異変が起きるのだなと思ってしまいました。



私は何故か、この桜田門外の変がその後の日本の歴史を作った気がしています。


ひな祭りが血まつりになった桜田門外の変。斬り合い合戦が私達には想像も出来ませんが、こうした命のやり取りが日本の首都東京で起きていました。



今の日本からはクーデターなどは程遠く、街行く若者を見ていると、高杉晋作の胸の内を理解出来る若者がいるとは思えない。



150年ほど前の日本人は、現代人にはない気迫に包まれていたことでしょう。
西南戦争で西郷隆盛が勝利していたら、上野の銅像のお顔も違っていたかもしれません。



城山陥落の頃、火星が地球に異常接近をしたのをご存知ですか。
それと、九州没海には軍艦が展開し、戦艦など多様な艦が鹿児島湾に勢揃いしたこともあります。



桜田門外の変からスタートした歴史の変動を、春の夜中に書を読みあさるのもいいようにも思います。



平和な現代日本ですが、多くの血が流れて今こうして平和なのです。
小さなことでも喜べる日々を送りたいと思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

世見2017年03月14日アメリカとロシアの動き







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
未来は


一人暮らしの人 子供のいない人
きっとご自分の将来が不安になることでしょうネ。



でもネ。
結婚をして相手がいても、将来(未来)って不安なものなのです。



子供がいないから‥‥と将来に不安を持たれる前に、先ずはご夫妻仲良くを心掛けてお過ごしになると、きっとあったかい未来が開けます。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/14


日本人の平均寿命は、男性80.21才、女性は86.61才です。
アメリカ合衆国はと申しますと、男性は76.3才、女性は81.1才です。



トランプ大統領は、私と同じ齢の70才です。平均寿命からいくと、トランプ大統領は後7年間この世におられることになります。



同じ齢のトランプ大統領だけに頑張って欲しいのですが、中々落ち着かない政権で、いつ何が起きるかわかりません。



日本では、金融政策の変更なる動きもいつ起きるかわかりません。

貿易赤字になると日本はどうなるのでしょうか。

日本は、輸出に“待った”がかかり過ぎている気がするのです。

輸出が伸び悩むと、国民の生活にも影響が出ると思います。

経済的に、いつ“ドボン”が来るかわからない思いにもなります。

世界の格付けランキングでは、日本はかなり低いと言われています。



いつの日か、それも遠くないある日、国債の価値が下がり、資金を調達するコストも上がるでしょう。


企業も、銀行からの借り入れの時の利率も上がります。


東京オリンピックが無事終了し、その後の日本の行く末は、やはり心配なことだらけです。


安倍首相がロシアに対してオリンピックの開催をおめでとうと言ってから、我国にリレーされて、ロシアからオリンピックの開催おめでとうと言われる方が近付いていますが、プーチン大統領に思い通り料理されてしまった日本。



北方領土の2島返還はあるかもしれませんが、彼には残りの2島を返すつもりを感じません。


ただ、北朝鮮の労働者がその返す気のない島で働いているのが、私の見える世界では不思議に映りました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

世見2017年03月13日エル・ドラドの伝説







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
友として


離婚願望があっても、子供のことや生活費の問題やらで答を出せないご夫妻がおられるのなら申し上げたい。


「夫妻」という間柄が嫌なら、「友達」になられては如何ですか。


友達なら許せる枠も違ってくるはず。
寝床が隣だってかまわないでしょう。
友達なのだし、それと体の異変を感じ取った時には看護士にもなってくれる友でもあります。


「離婚」この文字に心を踊らされる前に、一番身近な友としてもう一度相手を見てください。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/13


「エル・ドラド」― 私でも知っています。



でも言葉は知っていても、何のことなのか今ひとつわかりません。
何故、今日は原稿用紙に向かうとエル・ドラドなのでしょう?



まぁ〜いいか。次に進めます。
何となく書きたいことが感じ取れます。後は不思議な世界の方の教えのままに進行することといたします。



エル・ドラドとは、部族首長の名前です。エル・ドラド伝説は一部を除くと本当のお話です。



標高が2600mもある場所に、半月と半月の間が丸く見える形をした湖がありました。
この湖の真中に月が映し出されると、人々は神々が降りて来られたのを知り、エル・ドラドは全裸になって金粉を全身に塗り、筏に乗って湖に映る月へと向かいます。



彼が映し出された月の上に到着すると、湖を取り巻く村の男達は一斉に葉を重ねた笹笛に似た笛を吹き、その音が湖に鳴り響きます。



女性は香木を焚き、湖は香木の煙と異様なる笛の音色とが混ざり、幻想的な世界が広がります。その中、エル・ドラドは筏にうつ伏せになり、月の光を浴びるのです。



すると、金色の肌が月の光とマッチして、エル・ドラドが月に溶け込んだように見えたといいます。



やがて、エル・ドラドの体から月が抜けていくかのように、月は彼の頭上へと移動し、湖から姿を消していくのです。



アンデス山脈には、どうやら金鉱があったみたいです。
エル・ドラドから月が離れて行くその時、村人は手に持った金を湖に投げ込みます。エル・ドラドは湖の底の神への挨拶の為に飛び込み、湖底で体の金を洗い供えたといわれます。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

世見2017年03月12日ヘロデ王







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
恋は


不謹慎を承知で書きますが、「不倫」と言われる恋も恋。
「結婚」この文字がちらつくと辛くなるのが「不倫」。



「不倫は駄目」は正解ですし、道徳的にも駄目。
でも、悩んでいる人に申し上げたい。
「好きな人がいてよかったネ」と。



でも、その恋は妻になれないから燃えているのかもしれません。


それって純なる恋ではなく憧れです。
恋は惚れられた自分を褒めることが一番。


その方の未来より、今の自分の恋心を抱き締めてあげてください。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/12


春の陽気につられて、川沿いを歩いて見たくなります。
川面はユラユラと周辺の光景を映し出します。



春風が通ると、「冬を忘れないで」とヒヤつとした、それでいて心地良いものが頬や首筋に流れて行きます。



日本中を櫻色に染めながら、今年の春の訪れです。
日本にはお花見という文化があります。



櫻の花びらが舞い散る下での食事。子供の頃は、三味線の音に合わせ、歌・踊り・お酒の3点セットのお花見を我家ではしていました。



随分とお花見も様変わりしましたが、のんびりとお花見に出掛けたくなっています。



お話はいつものように飛びます。「ヘロデは十人の妻を生涯に得た」―こんな声が聞こえるので書き始めると、随分と違う方向に変換されてしまいました。



ヘロデとはいったいどなたなのでしょう。
十人の妻を娶るなんて! 女性からすると「娶る」という字も少し不愉快です。“取る女”なのですからネ。



この時代も血筋ゆえの王位継承問題は起き、二人の弟は処刑され、王位継承者に定められた長子も陰謀発覚で処刑されています。



現在も同様な事件がマレーシアで起き、世界を震撼とさせています。
ヘロデという人は妻が十人もいたために、子供の問題も大きかったに違いがありません。ヘロデが王国を三分にしたことが又々歴史を作りました。長子を処刑後、さすがのヘロデも精神に異常をきたし、錯乱したヘロデはデッキから落ちて死にました。



5日後のことです。
「このヘロデが亡くなる2年前にイエス・キリストが誕生した」と今、不思議な世界の方に教わりました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

インド バイク運転手も一緒にレッカー移動降りることを拒否







降りることを拒否したライダーも一緒にけん引することになった北部ウッタルプラデシュ州のある日。



自分のバイクだけけん引されたくないという運転手の訴えを認めた担当者は、バイクに乗ったままレッカー移動することになりました。あぶないのでどうかマネしないで下さいね、と伝え手は言っています。



交通部によると、モーターサイクリストはモール道路の「駐車禁止区域」に車両を停車させ、その後彼に対して違反切符が切られ、レッカー移動となったようです。


india0310.JPG




交通警察は、彼がバイクから降りることを断ったと、カーンプルのパダ Chauraha エリアから荷台の上に座って男とバイクを牽引しました。


事件のビデオはソーシャルメディア上で広まりました。
一部の人々は笑いを止めることができず、他の人は警官に怒りを表明した。



ライダーがレッカー車に揺られてて不安定です。
距離が長かったらかなり負担だったんじゃないかと…。



バイクの持ち主Mohammad NoumanがモールロードのJSタワーの下の駐車できない場所に駐車したために罰金を支払うことに合意したのですが…。



しかし、すぐに細かいスリップが彼に発行された後、Nouman は、SP(トラフィック)担当者によると、警察への罰金の支払いを拒否しました。



警察は、罰金を払わなければ、バイクは牽引されて交通警察に送られると警告しました。
警察はバイクを車で牽引して車両を牽引しようとしていた。バイカーも一緒に乗っている」とSPトラフィック担当者が語った。



その現場に目撃者がいたし、Noumanが罰金を払わないことを選んだ場合、車両を牽引することを警告した警官とNoumanは意見を交わし、車を牽引したという。



SPトラフィック担当者は、Noumanが後で彼の行為について謝罪し、彼のオートバイを解放するために300ルピーの罰金を支払ったと言いました。当局者は、警官が規則を破って警察に従わなかったのはNoumanである、とし、警官はこの件に何の責任もないし無罪だと言ったようです。

記事引用は⇒インド/timesofindia.indiatimes.com






posted by キキ at 10:35 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェラルド・カーティスとは何者だろうか…








2010年の記事を転載いたします。

コロンビア大学のジェラルド・カーティス氏は、CIA対日工作部隊の先兵。



20100717224112.jpg



アメリカの単なる大学教授のジェラルド・カーティス氏が多忙な日本の首相と76分も話す事ができるのはなぜか?



アメリカの単なる大学教授のジェラルド・カーティス氏が、特に小泉純一郎元首相と懇意にしており、小泉純一郎元首相の次男である小泉進次郎氏がコロンビア大学の政治学部へ留学する際には、入学の手続きから毎年の単位取得に至るまで、すべてを根回しをしたのはなぜか?




CIA工作員リストとして挙げられていた「Crowley Files of 1996」と呼ばれる文書には、ジェラルド・カーティス氏が含まれている。


Curtis, Gerald L. Columbia University, New York, NY 10027

つまり、ジェラルド・カーティス=アメリカ。




ジェラルド・カーティス=アメリカはなぜ「みんなの党」を強く推薦するのか?


「みんなの党」のホームページに「答え」がある。


「みんなの党」のホームページから、アメリカが支持するみんなの党の選挙公約を抜粋。

http://www.your-party.jp/policy/manifest.html#manifest01



・民主党政権の「派遣禁止法案」は、かえって働き方の自由を損ない、雇用を奪うものであり反対。


・政府の金融資産500兆円のうち3分の2を証券化し、金融市場に新たなビジネスチャンスを創出。


・政府株売却(転換国債等の手法で売却) 


郵政      5兆円

JT      2兆円

道路会社    0.5兆円

政投銀1.3兆円・商工中金0.4兆円・空港地下鉄株0.4兆円)



ジェラルド・カーティス=アメリカは参議院選挙で、今の民主党菅直人政権が過半数を取るのがベスト。


過半数に足りないときは、みんなの党と組むべき。


国民新党と社民党との連立は望まない。


(動画)ジェラルド・カーティス

 http://www.youtube.com/watch?v=gzsV1VCn-zk&feature=player_embedded#!


 http://alternativereport1.seesaa.net/article/129016928.html


第二次世界大戦中、アメリカ軍は敵国・日本の通信文を解読する目的で、コロンビア大学に優秀な日本語の使い手を集め、暗号解読部隊を編成した。



その後、21世紀の現在に至るまで、この「コロンビア大学は、米軍の対日・工作部隊の本拠地」となってきた。



日本の前・麻生政権に至るまで、歴代・自民党政権が成立すると、誰を大臣・副大臣にするか、その名簿を作成し、首相官邸を訪問し、「この中から閣僚を選べ」と日本の首相に命令してきたのが、CIA対日工作部隊の先兵=コロンビア大学のジェラルド・カーティスである。



TV等に温和な評論家の「仮面を被り」登場する、この対日エージェントは、鳩山民主党政権が出来ると、自分の名簿通りに閣僚が選出されなかった事に激怒し、先日、首相官邸に怒鳴り込んで来た。



激怒したジェラルド・カーティスは上司のジョセフ・ナイ、リチャード・アーミテージに不満を報告し、今後、マスコミを通じ、民主党政治家のスキャンダル攻撃が始まる可能性が出てきた。



コロンビア大学の専売特許である「心理戦争」によって日本人の洗脳が完了したと考え、「日本人はアメリカ人の意のままになる」と考えている傲慢なジェラルド・カーティスは、日本にも未だに愛国者が残っている事、かつてアイルランドを武力支配した英国に対し、英国のアイルランド駐在官僚へのテロが次々と実行された歴史の教訓を忘れているようである。



無能なエージェント・諜報員ほど、記憶力の弱体化が死に直結する事への自覚が無い。


http://blog.kaisetsu.org/?eid=799213

「米国の鳩山批判に小泉氏の影」(世田谷通信)


ニューヨークタイムズ紙の電子版などの一部のアメリカのメディアが、民主党の鳩山由紀夫代表が日本の月刊誌に寄稿した論文の一部を意図的に抜粋し、鳩山代表や新政権に対する批判を繰り広げている問題で、背後に小泉純一郎元首相の影があったことが分かった。



8月31日付のニューヨークタイムズ紙の電子版に、 コロンビア大学のジェラルド・カーティス教授による厳しい鳩山論文批判が掲載されたが、このジェラルド・カーティス教授という人物は、以前からアメリカにおける「自民党の広報マン」と呼ばれていた人物であることが分かった。



ジェラルド・カーティス教授は、特に小泉純一郎元首相と懇意にしており、小泉純一郎 元首相の次男である小泉進次郎氏がコロンビア大学の政治学部へ留学する際には、入学の手続きから毎年の単位取得に至るまですべてを、根回しをした人物である。


以後、小泉進次郎氏の肩書きに箔をつけさせるために、小泉進次郎氏を米国戦略国際問題研究所の研究員などにも斡旋し、コロンビア大学大学院修了の課程まで、すべてジェラルド・カーティス教授が根回しをした。



このような人物が、鳩山代表の論文の中から意図的に抜粋した箇所を故意に婉曲させて英訳し、アメリカ人の批判を煽っていたのである。(2009年9月2日)


http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100622/plc1006220306005-n1.htm

【菅日誌】21日

2010.6.22 03:05

このニュースのトピックス:菅首相

【午前】9時49分、公邸発。50分、官邸着。執務室。10時10分から38分、内閣府の大島敦副大臣、田村謙治政務官。39分から11時06分、植松信一内閣情報官。7分から34分、荒井聡国家戦略担当相、平岡秀夫内閣府副大臣。44分、首相会議室。45分、白川方明日銀総裁、仙谷由人官房長官が入った。


【午後】0時22分、白川、仙谷両氏が出た。23分、執務室。3時3分、仙谷官房長官、古川元久、福山哲郎両官房副長官、阿久津幸彦、寺田学両首相補佐官が入った。49分、寺田氏が出た。52分、阿久津氏が出た。4時08分、古川氏が出た。10分、仙谷、福山両氏が出た。5時から43分、記者会見室で記者会見。44分、執務室。6時1分、小ホール。国と地方の協議に出席し、あいさつ。9分、執務室。32分、大会議室。地域主権戦略会議開始。7時02分、同会議終了。3分、執務室。7分から40分、福山官房副長官。57分、官邸発。59分、公邸着。


8時、ジェラルド・カーティス米コロンビア大教授が入った。9時16分、カーティス氏が出た。




http://unkoiro.blogspot.com/2009/09/crowley-files-of-1996.html

某掲示板より興味深い資料を見つけたので取り上げておく。

http://cryptome.org/cia-2619.htm

これはCIA工作員リストとして挙げられていた「Crowley Files of 1996」と呼ばれる文書だ。


そこにCIA Sourcesとして2619人のリストがまとめられている。


説明によれば現在、グレゴリー・ダグラスという人物がクローリー研究に於ける成果をまとめたサイトを運営しているという。


The Crow: Crowley Files of 1996

http://www.crow96.20m.com/

そのトップページにはこうある。

The Crow

The Crow was the CIA code name for Robert Trumbull Crowley, once Deputy Director of Clandestine Operations for that agency.


In 1996, Crowley gave a quantity of his private papers to several journalists.


Because of his position with the CIA, Crowley was privy to many of the agencies most closely-kept secrets and his files are legendary.


After his death in October of 2000, various official U.S. agencies attempted to get these files back into official cover but they have proven to be completely unsuccessful.


The Crow will be publishing selections from these files for the benefit of the scholar and historian and the unhappiness of untold others.


"For a quarter of a century the CIA has been repeatedly wrong about every major political and economic question entrusted to its analysis.”


Senator Daniel Patrick Moynihan, The New York Times, 1991

They still are.


【訳】

The Crowはロバート・トランバル・クローリー氏のCIAコードネームでした。


彼はかつて政府の機密任務において要職に就いていました。


1996年、クローリーは大量の手記を数人のジャーナリストに送ったのです。


クローリーはCIAでの地位によって多くの政府系エージェンシーに関与していました。彼とそれらのファイルはもはや伝説的です。


2000年10月の彼の死後、あらゆる米国系エージェンシーがそれらのファイルを取り戻そうとしましたが、その試みは失敗したことが判明しています。


The Crowは学者、史学者、それによる数々の不幸にとって有益となるよう、これらファイルを選び公開するでしょう。



「四半世紀に渡って、CIAに分析を委ねられたあらゆる重要な政治的、そして経済の問題について過ちを繰り返しています」

ダニエル・パトリック・モイニハン上院議員 ニューヨークタイムズ 1991

彼らは今でも


実際、このリストの信憑性はどうだろうか。


しかし間違いなく言えることはこのリストが1996年には作成されていたということだろう。


ここにジェラルド・カーティス氏が含まれている。


>Curtis, Gerald L.

Columbia University, New York, NY 10027



それ以外には朝日新聞の主筆 船橋洋一氏もリストに乗っている。

Funabashi, Yoichi Ashai Shimbun, Washington, DC

記事引用は⇒HDDさんより

第4連絡部も関係あるでしょうね。
それにしても、日本の未来は暗く険しい…







posted by キキ at 00:52 | 歴史の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月11日モンスーン







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
母が


8年前の私と今の私とでは、随分と心の内が違います。
8年前は母がいましたから子供の心がありました。



母があの世に旅立つと誰もが思う寂しさの感情もありましたが、今からは自分中心の考え方で生きられる思いにもなりました。



年齢のせいもあるのかもしれませんが、親子の本当の別れは、親との肉体の別れだというのがわかります。



だぁってネ。
こうして母のことを書きたくなるのは、いつも私の心の中に母が生きている証ですもの。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/11


アラビア語の「マウスィム」という言葉に由来するモンスーン。毎年5月〜9月が注意しなければいけない時期です。



豪雨をもたらすモンスーン。
このモンスーン、衛星やあらゆる手段で予測度をアップさせたと言えども、正確な予測が出来ないと言われています。



モンスーンが到来しなければ、インドは随分と経済も発展したかもしれません。
もしもモンスーンの動きが読めたならば、市場価格の先読みも出来、お金持ちになれるかもしれません。



モンスーンの勢いの強弱で随分と違います。弱ければ世界の大陸は干ばつ・飢饉に襲われ、強大なら台風・洪水に襲われます。



このモンスーンの気紛れさから経済の動向も見えるし、政治家も人生を左右されるのです。ガンジス河附近の町や村、バングラディッシュの上辺りは豪雨に注意をする周期がやって来ているようにも思います。



「ムンバイ」「ラオス」「コタ・バハル」「香港」だって、いつ豪雨に見舞われるかわかりません。


フィリピンの島も豪雨に襲われそうです。ニューギニアだって他国のことではありません。



陸と海上の気温差が、モンスーンの発生する要因です。
モンスーンの風は、地球そのものと生きているのです。地軸の傾き、自転によって向きが変わるのだそうです。



温暖化が進むと、豪雨は巨大化へと向かうしかありません。
日本も影響を受けるのです。
地震も恐怖ですが、洪水も恐怖をもたらします。
今年も雨の洗礼を受けることでしょう。



オーストラリアも気になりますし、火山から噴出した火山灰が、モンスーンで田畑を押し流す光景が見えました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

草間彌生さんワシントンヒルシュホーン博物館で展覧会2017年








Washington’s Hirshhorn Museum

ワシントン、政治の世界では様々なことが目まぐるしく動いていますが、今この町で最も注目されているのは、ある日本人アーティストによる展覧会です。


題して、「無限の鏡の部屋」 Infinity Mirror Room…。



光、反射、オブジェを使って繰り出される空間と時間の超越です。これはアーティスト草間彌生さんがとりつかれてきたテーマのひとつです。


yayoi1.JPG

yayoi3.JPG

yayoi2.JPG


現在ワシントンのハーシュホーンミュージアムでは彼女の独特の色彩、形を体験しその先を覗き見るために列に並んでいます。



博物館館長メリッサ・チュウ
「最近はひとりで宇宙を感じる時間がどんどん少なくなってきます。自分が宇宙と一体化する時間です。このイベントはとても独特で感動的な経験です」。



今では世界的に知られる草間さんですが、日本からニューヨークに移り住んだ1960年代初め、すでにアートの世界では多くのファンを持つスターでした。



初期の作品は、今日彼女のトレードマークとなっているモチーフが既に使われています。単純な模様や水玉の繰り返し、それらで草間さんは”無限“を表現します。


yayoi4.JPG

yayoi5.JPG



その代表的なシリーズは、「インフィニティネット」無限の網の目、です。作品同様にカラフルな現在87歳の草間さん、ハーシュホーンのキュレーターのインタビューに、イメージの反復で無限を目指す境地を次のように答えました。



「同じものが積み重なることにより、宇宙の端まで届く広がりのある世界が生まれます。それが私が持つ、シンプルなイメージです。ちょうど繰り返し作用が人間の感覚を研ぎ覚ましますが、同時に人間は心の奥底で、真の驚きを求めています」。





今回の展覧会をプロデュースした、キュレーターの吉竹美香さん
「彼女の作品は非常にプロセス志向の強いものです。網目や水玉など、特定のモチーフの繰返し(反復)は非常に長い時間重労働を必要とします。そしてその反復が有機的に広がります」。


草間さんはたびたび自分の絵の一部にもなります。写真を撮られたり、じっと見られたり、そうされることが気に入っています。



1960年代、水玉模様の着物を着たアーティストは、街頭でのハプニングで知られました。時にはヌードになり、時にはヴェトナム反戦運動に加わりました。



このころから無限の部屋の作品を制作するようになります。
Infinity Mirror Room20の部屋のうち、最終的に6つの部屋に絞りました。



草間さんの魅力のひとつは、遊園地のビックリハウスのような効果です。黄色のこの作品は、無限に広がるカボチャ畑を表しています。



吉竹美香さん
「表現されているのは命です。死の必然性との向かい合い、彼女が経験した空虚を埋めること、そのための絶え間ないエネルギー、人と繋がる欲望…。それは知覚と視覚の明確さを意味しているように思います。


yayoi6.JPG

yayoi8.JPG


草間さんのストーリーは複雑です。
子どもの頃から幻覚に悩まされ、父の浮気の監視役に母に命じられたことで、心に大きな傷を負いました。1970年代に心と体を壊し、日本に帰国、その後40年間本人の希望で精神病院に住んでいました。すぐ近くのアトリエで仕事をすることも、本人にとっては、アートメディスン、art medicineアートの薬でした。



彼女は芸術が必要です。そうでなければ、彼女はおそらく生き残ることはできなかったでしょう。彼女は毎日、儀式をする必要がある誰か、あなたが知っている、絵を描いている人です。


yayoi9.JPG

yayoi99.JPG

yayoi7.JPG


ハーシュホーンでの彼女の作品は、間違いなく観る人に喜びを与えます。特にObliteration Roomと呼ばれる部屋では、入場者が自由に水玉を貼り付けることで、アート芸術を体験できます。


人びとが出たり入ったり…部屋が目まぐるしく変わる様子、これがまさに草間さんの狙いだといいます。骨の折れる作業と長い時間がこの作品が今、展覧会になっていますが、この列を作っている人たちが並ぶ今も、新しい作品のための彼女の作業は続いています。

ハーシュホーン美術館HP


記事引用は⇒PBS

<そのほか大竹富江さん>
大竹富江さん死去ブラジルで活躍した芸術家「心」で描く







posted by キキ at 00:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9割の日本人が○○!!







9割の日本人が○○!!


https://www.facebook.com/imai.hiroyuki.7?fref=nfさんからの転載です

------------ 転載 --------------



9割の日本人が同じような服を着て学校や職場に行き、

9割の日本人が同じような髪型をして、

9割の日本人がAKBの総選挙の結果を気にして、

9割の日本人がSMAPの解散にショックを受けて、

9割の日本人が洋画は見るけど洋楽を聴かず、

9割の日本人がマイケルやジョン・レノンやダイアナ妃を変人だと思っていて、

9割の日本人が英語を6〜10年勉強してるのに英語が話せず、

9割の日本人がクリスマスが何だか知らずにお祝いしていて、

9割の日本人が民族衣装を正月と花火大会にしか着ず、

9割の日本人が星条旗はかっこよくて日の丸は気持ち悪いと思っていて、

9割の日本人が1都8県の上空がアメリカの支配下だと知らず、

9割の日本人が尖閣・竹島が中国・韓国に支配下になるかもと怯え、

9割の日本人が自分の年金がウォール街に盗まれている事を知らず、

9割の日本人が消費税が増税すればするほど経団連が儲かる事を知らず、

9割の日本人がTPPは自由貿易だと思っていて、

9割の日本人がガンが不治の病だと思っていて、

9割の日本人がガン保険にお金をつぎ込んでいて、

9割の日本人が頭痛の原因である頭痛薬を常備していて、

9割の日本人が坂本龍馬を英雄だと思っていて、

9割の日本人がジャーディン・マセソン商会を知らず、

9割の日本人が現政権が薩摩・長州・土佐だと知らず、

9割の日本人が総理の祖父が満州でアヘンを密売したり、日本に文鮮明を連れてきた事を知らず、

9割の日本人が人気イケメン議員の祖父が東京大空襲の指揮官ルメイに勲章を授けた事を知らず、

9割の日本人がモンサントやF1種を知らず、

9割の日本人が長くて太い飛行機雲に何の疑問を抱かず、

9割の日本人が日銀やFRBが民間銀行だと知らず、

9割の日本人が製作費20円で作った紙切れを1万円だと思っていて、

9割の日本人がNASAの莫大な予算は月や火星に行くために使われたと思っていて、

9割の日本人がビル・ゲイツやレディ・ガガは宇宙旅行のチケットを本当に買ったと思っていて、

9割の日本人がニコラ・テスラを知らず、

9割の日本人が電子レンジはもともと兵器とした開発された事を知らず、

9割の日本人が小保方さんを嘘つきだと思っていて、

9割の日本人がAIDS・SARS・鳥インフル・デング熱・ジカ熱が自然発生したと思っていて、

9割の日本人がマクドやスたバやディスニーのイスラエル軍支援を知らず、

9割の日本人がイスラエルのパレスチナ虐殺に荷担している事を知らず、

9割の日本人が本当にホロコーストがあったと思っていて、

9割の日本人がアメリカの企業が敵対するナチスに献金していた事を知らず、

9割の日本人が911の犯人がアルカイダだと思っていて、

9割の日本人がイスラム過激派が本当に存在すると思っていて、

9割の日本人がロシア・中国・イランが怖い国だと思っていて、

9割の日本人が311や福島を天災だと思っている。



自分で調べない。考えない。興味を持たない。
それを思考停止と言う。



なかむら けんいち



記事引用は⇩
http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12199991258.html


ちょっと追加するならば、

9割の日本人がNHKほかテレビの情報を正しいと思っていて

9割の日本人が女は男のために着飾るものだと思っていて

9割の日本人がスポーツ競技は正しいスポーツマンシップと思っていて

9割の日本人がある石けんメーカーがシー・シェパードのスポンサーと知らず

9割の日本人が芸能人や政治家が似非日本人とは知らず…。


思いついたらまた追加…






posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毒にまみれた現代人の一日







●毒にまみれた現代人の一日←---クリック(こちらのリンクから転載させていただきました(__))リンク切れ



----------<引用開始>----------

朝、けたたましい目覚ましの音で一日がスタート。

朝は食欲がないけれど、とりあえず

ハム(発ガン性の添加物たっぷり)エッグ(抗生物質入り)と

食パン(ポストハーベスト小麦粉入り)に

マーガリン(トランス脂肪酸ガンのもと)を付けて。

飲み物は健康のために牛乳(加工過程で激しく酸化した)を一杯。

そのあとハミガキと洗顔(科学薬品で必要な脂まで根こそぎ落とす)

髪を整え、メイク(石油製品を顔に塗る)して、会社へ。

満員電車(電磁波の嵐)に揺られ、会社到着。

インスタントコーヒー(コーヒー味の液体薬品)片手に仕事に勤しむ。

よく利用する会社のウォーターサーバーは、100%純粋な水

(自然界にありえない構造)だから、とても安心なんだ。



お昼休憩。昼はコンビニで買ったサンドイッチ(添加物の嵐)と

午後の紅茶(砂糖の塊)。最近肌荒れがひどいので

サプリメント(栄養より添加物の方が多い)も摂っておこう。

歯磨き代わりにガム(味の付いたプラスティック)を噛んで

午後の仕事をこなす。就業後、同僚と焼き肉を食べに行くことに。



食べ放題焼き肉(成長促進剤やホルモン剤漬けで病的に育った牛)や、

フルーツやサラダ(ポストハーベスト、塩素漂白剤漬け)

も沢山食べてお腹いっぱい。そして帰宅後

お風呂を溜めてる間に、プリンになってきた髪を

買っておいた市販の毛染め液(殺虫剤の400倍の毒性)で

染め直し。今日は疲れが取れる入浴剤

(化学薬品が全身の皮膚から吸収される)も入れて、

シャワー(世界一塩素濃度の高い漂白剤のような水道水)を浴びて

メイク落とし、シャンプー(台所洗剤と同じ洗浄成分配合)して、

蒸気(塩素が気化した有害なもの)に包まれていい気分。

お風呂から出たら、すぐ化粧水や乳液(化学薬品)を付けなきゃ。

プラセンタやヒアルロン酸(毎日付け続けることで

肌の再生能力を弱らせる)配合だからお肌に良いんだー。

少し小腹が空いたから、カップ麺(コート剤(環境ホルモン)が融解)

でも食べようかな・・あっ、やっぱり健康を考えて

野菜ジュース(還元濃縮の処理でビタミンの大半が壊れた)にしよっと。

今日は焼き肉食べたから、歯磨き後は

モンダミン(化学薬品が口の粘膜から吸収される)もしておこう。

寝る前にPC(脳を覚醒させる光)でメールチェック。

枕元にケータイ(脳に影響を及ぼす電磁波)を置いて就寝。

一日が終了。




おおげさに見えるかもしれませんが、

現代人の生活の実態って、だいたいこんな感じですよね。

これだけ添加物や薬品にまみれた生活を

長年続けていたら、そりゃガンや生活習慣病になるのも

当然です。しかしほとんどの人は気にもとめていませんし

ましてやガンの原因だなんて思ってもみません。

「年を取れば病気になるのは当然」

誰もがそう思っているかもしれませんが、

人は本来、自然に即した生き方をしていれば

病気になることはありません。

「添加物も水道水も日本のものは全部安全」

「顔の脂は汚いから落とさなければいけない」

等も政府や企業による刷り込みです。

手放しでなんでも信用して後で泣きを見るのは自分です。

後で有害なものだと分っても、誰も責任なんて取ってくれません。

自分の身は自分で守るしかないのです。



----------<引用終了>----------



今日、乳がんの方の話をきいていたのですが、自分の体が痛くなるほどぞっとしました。
病気は怖いです。


なにもかも全部安全なものをというのは難しいですが、できるだけ気をつけたいものです。


よく聞くのが、「安全なものをと思ったら、何も食べれなくなるから、気にしない」


多くの人がこういいます。100パーセントできないなら、まったく気をつけないというのはおかしい話です。


まずは30パーセント気をつけて、そのうち、慣れてきて、それが50パーセント、つぎは快感になってきて、80パーセント・・・という具合になってくるともかぎりませんから・・・^^




私は、ATLキャリアで、娘に母乳はあげられないと聞いた時から、自分なりに調べ始めました。父が鹿児島県出身であり、父曰く鹿児島にはこれが多い、ということでした。


出産して16年、添加物や化学物質がいっぱいはいっているものを選ばず、農家から野菜を取り寄せて、腹膜炎にかかってからは、肉などもほとんど食べない生活をしています。服薬もしません。


同じキャリアを持つ身内は私と違い、まったく何も気にせずコンビニなどを利用しまくる人ですが、乳がんを患い、退院後も病院通いが続いています。風邪をひきやすく、疲れるとすぐ薬を飲みます。

本当のところはどうかわかりませんが、10年以上の潜伏期間を経て、病気は目に見えてくるものだと思います。

父の家系は、お薬が大好きな父や叔父、叔母は、みな痴呆がひどく、たった一人、全く薬を飲まない人は、まったく痴呆がありません。なにか関係してるかもしれません。

<関連記事>
がんを引き起こす食べ物トップ10とは


記事引用は⇒にゃん子さんののブログさんより






posted by キキ at 00:00 | 健康関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月10日帝国ペルシャ







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
伝承


子供と親との違いは、年月を過ごしただけ体験が多いことだと思うのです。
苦労をした人としない人との区分は、育ち方と環境のようにも思うのですが、人間の感性には差があって、同じ体験をしても学びは様々です。



それと、初体験ってこの世を去るまで続きます。
でもお子様にはご自分の体験を良きように伝えてください。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/10


激動という言葉が好きなわけではないのですが、「激動」この言葉が似合い過ぎる国、イランが頭の中を過ぎります。この国に石油が出なかったら、ステップ地帯は乏しい草を必死で求めて、山羊や羊が集まる景色になっていたことでしょう。



私などは、イランと言われるよりペルシャの方が馴染むのですが、石油ひとつで大きく変化した国になってしまいました。



かつてはシルクロードに象徴され、ペルシャ絨毯など、私が憧れを抱く素晴らしい作品だらけの国でした。


世界最古の帝国のペルシャ。古代から伝わるゾロアスター教を圧倒したイスラム教。第二次世界大戦後はアメリカとガッチリ手を組み、近代化が進む中で貧富の差が拡大したのも事実です。



私が、不思議な世界の方々から様々なお話を聞く度に思うことは、誰もが我身保全を優先し過ぎるあまりに、幸福の価値観を思い違いしている気がするのです。



今の生活環境に不満や不平を言いたくなる前に、ほんの少しでも世界に目を向けて、幸福感を人より多く見付けて欲しいのです。



日本には、陸続きの国は存在しません。
イランは、南と西にアラブ世界、東はアフガニスタンとパキスタン、北西にはトルコ、北にはロシアが接しています。



イランはユーラシア大陸のほぼ中間にあるため、シルクロードの要衝にもなりましたが、あらゆる民族の移動の通過地点であることが、侵略、征服、又災いをもたらしました。



私達日本人にとって、水は澄み切っているのが常識ですが、世界には、水一杯が命に関わる地域があり過ぎます。古代ペルシャの人々は砂漠で水を得るために、深い地下の運河を造り、地中の湿り気を集める用水路を造りました。



一杯の水のありがたさを忘れてしまっている私達。
幸福は、一杯の水に感謝できることから始まると思えるのです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

Dear総理大臣安倍晋三氏







Dear Prime Minister Shinzo ABE.
Dear総理大臣安倍晋三氏。


2017年03月04日
原田武夫氏
http://haradatakeo.com/?p=66554



彼らがずっと深く日本を知るようになりたいという願いを表すとき、私は常に外国の友人にアドバイスを与えます。



私は、以下の通りに彼らに繰り返し言います、
「この日本の首相ではなく、ここ日本で本当に支配するのは我々の天皇です」と。



第2次大戦の後決定したルールにより、我々の天皇が心理的に、そして、身体的にまだ両方ともへの十分な力をもって国を導いていくとは、誰も思っていません。


しかし、一旦日本が克服するのがとても難しいような巨大な困難に立ち向かうならば、日本国民は民主主義的に選択された首相にはある政権でなく、皇室の合法性に頼る傾向があります。


さて、これは日本です。


現在では、たとえ彼の党(自民党)が日本国会で最も強力なもののままであるとしても、シンゾウABE(日本の首相)はますます多くの政治的混乱に関係していました。



これに加えて、ドナルド・トランプ米大統領が、最近マイアミの彼の豪華なヴィラにシンゾウABEを歓迎しましたことは、「米国の最高権力に支えられている」と通常解釈されます。



それでも、ある政治的な悲劇は、東京へ彼の到着の直後に急に始まりました。
大阪にある極めて保守的な学校「MORITOMO-GAKUEN」に違法な優先処置をとるために、彼の妻を含むABEのオフィスがその政権を濫用したと、日本のマスメディアは、大きく指摘しています。



進行中のドラマを開始する際に、テレビ東京社を除いて、日本の主要なマスメディアは、シンゾウABEを攻撃することをあえてしませんでした。



それがわかったとき、私はこれがそのうちに劇的に拡大しなければならないと自発的に思いました。


なぜ?


第2次大戦の後の占領期間から、日本のマスメディアは、日本皇室との緊密な関係で、USGによって厳しく制御されました。



CIA中央情報局と他の米情報部が担当していて、公的な権限を与えられます。あるいは大量に「要求」「命令」をメディアに対しできます。



特に上記のテレビTOKYO社で働いている人に非常に密接に連絡しているので、日刊の新聞がどのようにこれらの命令によって人工的に、そして、戦略的に「作られるか」について、私は全く確信があります。



要するに、「MORITOMO-GAKUEN」まわりの進行中のスキャンダルは仕組まれたもので、私の視点からは、米情報部によってされる典型的秘密工作であるに違いないと、我々は認めなければなりません。



そして、彼らのうしろで、我々の皇室は、常に立っています。



誰かが彼に以下をささやくとすぐに彼が辞任するという決定をするためにとても優秀だったので、Jun'ichiro KOIZUMI(前日本の首相小泉純一郎)はまだ日本の社会で彼の疑似政治生命を楽しむことができます。



それは、

「我々の天皇は、あなたが終わる時が来たこと」と、私は言います。



シンゾウABE(我々の親愛なる首相)もそうしないならば、誰でも今後あなたの健康状態について心配しなければならないでしょう。



危機的な日付は、6日か3月7日、ちょうどベトナムからの彼らの帝国陛下の到着の後の日です。


次の最高責任者、麻生太郎(その人は2018年の春まで日本のバブル経済を担当しています)が待っています。それを忘れないでください。


I always give an advice to my foreign friends when they express their wish to get to know Japan much more deeply. I repeatedly tell them as follows:


“It’s not Japanese Prime Minister but our Emperor who really governs here in Japan.”



Because of the constitutional strict rule after the WWII, nobody believes our Emperor still has sufficient power to both psychologically and physically lead the nation. However, once Japan faces enormous difficulties which seem to be extremely hard to overcome, the Japanese nation tend to rely on not the political power the democratically elected PMs have, but the legitimacy of the Imperial House. Well, this is Japan.



Currently, Shinzo ABE, the Japanese Prime Minister, has been getting involved in more and more political turmoil, even though his party, the LDP, remains the most powerful one in the Japanese Diet. In addition, Donald Trump, the US President recently welcomed Mr. and Ms. ABE even in his luxurious Villa in Miami, which is usually interpreted that PM ABE is fully backed by the US supreme power.



Nevertheless, the political tragedy to be has abruptly begun just after his arrival back to Tokyo.


The Japanese mass media are loudly pointing out that ABE’s office including his wife should have abused its political power to take an illegal preferential measure to an ultra-conservative school “MORITOMO-GAKUEN” located in Osaka. In the very beginning of the on-going drama, no major mass media in Japan dared to attack PM Shinzo ABE, except for TV TOKYO Corporation. When I found it out, I spontaneously thought this should dramatically escalate in the course of time.


Why?


Since the occupation period after the WWII, the Japanese mass media have been strictly controlled by USG in close connection with the Japanese Imperial House. The Central Intelligence Agency and other US intelligence agencies are in charge and empowered to give nor mere “requests” but “orders” to the mass media in Japan. Because I had very closely contacted particularly a guy working in the above-mentioned TV TOKYO Corporation, I’m quite sure how daily news is both artificially and strategically “made” according to these orders.



In short, we have to recognize the on-going framed-up scandal around the “MORITOMO-GAKUEN” has to be, from my viewpoint, a typical covert action done by US intelligence agencies. And behind them, our Imperial House is always standing.



Jun’ichiro KOIZUMI, the former Japanese PM, can still enjoy his quasi-political life in the Japanese society, because he was so talented to make a decision to resign as soon as someone whispered to him the following:


“Our Emperor recently talked to himself that the time has come for you to end up.”


I would say, if Shinzo ABE, our dear Prime Minister, wouldn’t also do so, everyone would have to worry about your health condition from now on.


The critical date will be either 6th or 7th of March, the date just after the arrival of their Imperial Majesties from Vietnam. The next PM to be, Taro ASO, who is in charge of the next bubble economy to be in Japan until the spring of 2018, is waiting. Don’t forget it.

以上下手くそな翻訳ですみません




原田武夫氏のデイリーレポートより

デフォルト総理、安倍晋三総理に決まる2017/03/06

これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる

⇒“今日の焦点”はズバリ:

「“デフォルト総理”、安倍晋三総理に決まる」です。



⇒その理由は……:



─我が国はこれからどうなるのか。
そのことについて明確な認識を持っているのかがカギです。


―ある者たちはこう声高に語ります。
「我が国は必ず不死鳥の様に復活し、デフォルトなどならない」


―また別の者たちはこう言います。
「我が国に未来はなく、デフォルトで崩壊する」


―その実、どちらでもないのです。
正しくは「いったん崩壊しかけるが、そこから復活する」のです。


―復元力の原則が働くからです。
「下げは上げのため」であるためにまずは落としているのです。


―その時、誰かが「責任者」になる必要があります。
全ての過去を背負って、身を沈める者です。


自民党大会で安倍晋三総理大臣が総裁の任期を延長しました。

3期9年まで務められることにしました。

これでこのまま行くと安倍晋三総理大臣本人が総裁であり続けます。

つまり我が国の政治的リーダーでもあるわけです。



そのことはイコール何を意味するのか。

我が国がデフォルト(債務不履行)になる際の総理が決まったのです。

安倍晋三総理大臣は自らを「デフォルト総理」に任命した。

それが昨日(5日)に生じた出来事の真意なのです。

早ければ来年(2018年)春にも最初の真実の時が訪れます。

その時「デフォルト総理」は何を語り、何を為すのか。

「その次」に向けて走り始めましょう。

既にその時は到来しているのですから。

以上


abeshinzo氏、既定路線のようですね。
頑張ってください。






posted by キキ at 23:00 | 原田武夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月09日歴史物語「近藤勇」







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
人間だもん


人間だから、悩みのポイントも悩み方も同じです。
悩んでいる時は“自分だけが何故”と思える。でも、誰もが悩むことがあると思うと「人間だもん」が出て来ます。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/09


激動の時代に生きた男達と、現代の男達とでは、心意気がどのように違うのでしょうか。
「勤王か佐幕か」、日本中を巻き込んだ世変わり。もしもあの時代に生まれていたら、男性諸君は「生きる」ということをどう受け止めたのでしょうか。



女性はなす術もなく、世変わりを見るだけだったのでしょうか。
忙殺された日々を送る人も、悩みの処理に行き詰まった人も、今日はご一緒に日本の歴史に一時を過ごしましょうよ。



フッと思うのです。
孝明天皇が崩御されず、信頼していた慶喜ともっと語りの場を持てていたら、どのような終盤を迎えたのだろうかと。



歴史物語を振り返りますと、たったひとつ物語が変更されただけでも、随分と違う物語が出来上がります。



江戸無血開城後、宇都宮城の戦いを初めとする戦が起きていきました。
新撰組局長の近藤勇をクローズアップして見ると、伊東甲子太郎を暗殺しなければ、狙撃されて右肩に重傷を負うことなく、鳥羽伏見の戦いも現実知る戦とは異なっていたかもしれない。


又、天然理心流の宗家を継ぐ腕前の勇も、傷を負わなければ、途中で大半の歩兵も脱走をせずに勇の勇姿に従い、流れが幾分変わっていたかもしれません。



それと、伊東甲子太郎の死してからの念は強く、伊東甲子太郎の同志によって首実験の末に捕まり、板橋宿の馬捨て場において多くの人々の目の前で斬首。その後、その首は焼酎漬けにされて京都の三条河原に晒されました。



今お伝えすることは、歴史に詳しい人もそうでない人もご存知の物語ですが、因果応報では答を得られない近藤勇の物語に思えるのです。



日々何気なく暮らす私達ですが、ほんの少しの思いやりが後の人生に幸福をもたらすかもしれません。


一人の人の、今の世の役どころは死んでもわからないかもしれませんが、今日を精いっぱい生きることが大事なことと思えるのです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

英国人医師シリアで助けた赤ちゃんをトルコで見つけるDavid Nottデイヴィッド・ノット







彼女は忘れられない女の子だと英国の外科医David Nottデイヴィッド・ノットは話す。


アレッポの自宅が空爆され、両親を失ったうえに、手足の大半の骨を折った生後5か月のマラムちゃんのことは、1月にBBCで紹介されました。


bbcmz.JPG

bbcyy.JPG

bbcki.JPG


シリアの戦争の中でも、マラムちゃんのことは際立っていました。マラムちゃんを手術した外科医David Nottデイヴィッド・ノット氏は、トルコに亡命したマラムちゃんを見送りましたが、その後の安否がわからなくなっていました。その別れから数ヶ月が経った今、ノット氏が、マラムちゃんの消息を知ることになりました。


アレッポの被害者の名前が伝えられることはありませんが、マラムちゃんの苦しみは深く記憶に残りました。空爆で両親を失ったマラムちゃんは、重傷を負いました。


ノット医師は、シリアでマラムちゃんの足の手術を行いました。股関節に爆弾の破片が残っていました。当時わずか生後5か月のマラムちゃんは、シリアからトルコに入り取り残されてしまいました。




しかし、数ヶ月に渡り、マラムちゃんの行方を追っていたBBCは、ノット医師とマラムちゃんを再会させることができました。


bbcdf.JPG

bbcvv.JPG

bbcb10.JPG

bbcb13.JPG

bbcb12.JPG


ノット医師の「驚いたね〜!」という言葉とともに、歩み寄ると、彼女はにっこりと微笑み元気いっぱいの様子でデイヴィッド・ノット医師を迎えました。


ノット医師は、「かわいいいね!本当にかわいい!」とマラムちゃんの成長ぶりを心から喜んでいます。そしてマラムちゃんに、お人形をプレゼントしました。


マラムちゃんを抱いている男性は、「足はよくなっていますか?」と問いかけるノット医師に、「最後の手術はつらく耐えられないと思いました。傷はよくなっていて、骨は再生して、神経の損傷をこれから治療します」と話します。


子どもは痛みを記憶しないといいますが、マラムちゃんは忘れることのない苦痛を味わいました。


デイヴィッド・ノット医師
「マラムちゃんに会って本当に感激しました。けがの治療に当たるときは、感情を抑えて冷静さを保ちますが、マラムちゃんのようにかわいい子どもはいつまでも心に残ります。別れたその日から毎日マラムちゃんのことを気にかけていました。再会できたこの朝は一生記憶に残る素晴らしい一瞬です」。
記事引用は⇒www.bbc.com







posted by キキ at 19:31 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月08日天災は人災?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
無意識に


母の分と言って飲むビール
父の分だと言って呑む日本酒
その日本酒は夏でも熱燗


なぁんにも気にせずに見ていた、親の飲み方。
でも、至る所で親と同じことをしている自分を発見。


ということは、自分のどこかに親が寄り添ってくれているからかもしれません。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/08


3月8日は、旧初午で赤口です。
暦には、大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅という六曜があり、今日は赤口に当たります。



春らしい陽気に誘われて、散策に出たくなります。風は気まぐれで、肌寒くさせたり上着を脱がせたりと、今の季節特有のイタズラもしますが、櫻の蕾がうっすらとピンク色に染まり、花ビラの舞いを私達に早く見せたがっている気もします。



雪解け水はさぞ冷たいことでしょうが、溶けた雪水は川に春の訪れを知らせながら、海に到着する日を楽しみにしていることでしょう。



まるで、私達の人生のように四季が移り変わって行きます。
私達は、自然界の猛威に慣れることはないものの、平穏過ぎると又、大災害が来るのではと心配になってしまいます。



自然界に生かされている私達なのに、人類は愚か者なのか、山を切り刻んで住み家にしたり、海に陸を造ってしまいます。



阪神淡路大地震が起きた要因には、六甲山脈を縦横に穴を開けたことや、関空建設も関わっていて、そのことが地震を大きくしたと思い込んでもいます。



東日本大地震の脅威は未だに悪夢のように思い出されますが、人災の原発事故を見ますと、自然災害より人災の方が上を行っている気がします。



新幹線が小樽に到着するまで、後13年。
リニア新幹線は本当に人に害を与えないのだろうかと、心配が頭の中を過ります。



東京−名古屋間が最短40分、東京−大阪が67分で結ばれるのです。私が一番気になるのが、南アルプスを貫通する25kmの長大なトンネルです。



山の神々が激怒されるのではと心が痛みますが、工事で出る山の残土の行方も気掛かりです。



煙を吐き出しながら走る機関車の時代と今とでは、一日の時間は同じなのに、人の心の変化はスピードアップしたみたいです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

フランス「ゼウス」嵐が1999年以来の大嵐2017年3月7日








フランスで暴風により2名が死亡し、重傷者も発生しているようです。
一昨日からの大嵐「ゼウス」は、60万世帯以上が停電し、これは1999年以来となる嵐による停電世帯数を記録したということです。


道路の破損状況は大きく、
嵐により、木が道路上だけでなく、家や電力線の上に横たわり、幹線道路などのレーンを中断しているようです。多くの自治体や学校が予防措置として閉鎖されています。。


警戒中28部門オレンジコード、「風」正午には、小康状態ですが、コルシカ島、ヴァール、アルプマリティーム、ロゼール県、オート=ロワール県、カンタル、ピュイドドーム、アリエ、ロワール、ローヌ川において警戒状態のままです。


5090148_6_63c7_la-tempete-vue-depuis-nice-lundi-6-mars-le_f45571b52b0f1545c82888ec2973a5e8.jpg

5090396_6_916c_en-nombre-de-coupures-d-electricite-sur-une_2d464e044e95bdb535772606dee82516.jpg


中央のフランス部では、突風が毎時100〜130キロであり、早朝までそれは続く、と予報官は言います。「激しい風は、その後、地中海にへ向かう」、月曜日の夜にコルシカ島で「特に暴力的な島の端部の突風と同様に救済を呼びかけます。


コルシカ島では、予想される突風は100〜毎時130キロに到達し、さらにケープコルシカ島で非常に時折毎時150キロとみられます。


フランス気象局は、「アルプスでは、風は高い高度で非常に強いだろう、また雪も〜」と警告しています。
以上ルモンドより

今日は、こちら西宮市では雪がちらつきとっても寒いです。昨日も降ってましたが、急に暖かい日々があるし、最近の気象は寒暖の差がはげしく、世界的にも異常気象の様相です。地震もあちらこちらで起きていますし、太陽活動の影響があるのかもしれません。雪、暴風雨、雹もあり、人びとの意識とともに気象も激変しているのかもしれません。


flood ca.jpg
過日のカリフォルニア州


記事引用は⇒www.lemonde.fr







posted by キキ at 23:00 | 災害・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月07日韓国、中国の動向は?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
今を


子供の未来を心配し過ぎないでください。
今日を思ってあげて欲しいのです。



心というのは生物だと思うと、今日を大切にする人の方がエネルギーは高くなり、先のことばかりに気を馳せる人は今が見えにくくなると思います。



子供もご自分も 健康が一番。
未来より今日の現実を忘れずに!


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/07


韓国の輸出先が中国だったとしたら、これからウォンはどうなるのだろうか?



韓国の輸出が伸びないとウォンは‥‥。
異様に思える進学熱。大卒者が圧倒的に多くなっています。
中小企業への就職はしたくないであろう大卒者達。それが原因なのか、中小メーカーの製品は良品といえないらしい。



韓国の銀行は大丈夫だろうかと、フッと心配になってしまう。
いつの日にか、イエ、近い内に不動産価格が暴落するようにも思えるのです。
韓国も日本と同じで少子化時代に入り、今後、不動産で借金をした人々が苦悩する日が来ると思っているのです。



隣国の韓国が危ない。こんな思いが広がるのです。
造船ってどんな感じなのだろう?
足を引っ張っている気がします。
内需も駄目。歴史問題をたてにして、日本からお金を絞りとっても天井があります。



北朝鮮はいつ何をするかわからない。
失業率が悪化するのは見えてしまってもいます。
次期大統領は誰になるのか?



「中国の習近平国家主席の沈黙が長く続いた後、彼が口を開いた時、アジアが大きく変わる」



何故かこのようなことを書きたくなる私。
アメリカと中国の通貨問題も、トランプ大統領が話す内容で一変する気配が濃厚に思えています。


「不当に人民元を安くしている」と、トランプ大統領なら言うだろう。



不正通貨を操作している気がする中国。
アメリカが特別関税を中国に突き付ける日が来るとしたならば、中国とアメリカの関係はどうなるのだろう。



オバマ前大統領が行ったことを覆すのが大好きなトランプ大統領。
現在交換レートは定着しているが、さてどうなることやら‥‥。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内でケーキ2400個誤発注…2時間で完売常連の支えと従業員に感謝







ひなまつりの3月3日、日本最北端に位置する北海道稚内市(人口約3万5千人)のスーパーにケーキ2400個が届きました。240個頼んだつもりが、担当者のミスで10倍の量を注文していたのです。急きょ半額にしてツイッターで呼びかけたところ、わずか2時間で完売。いったい何が起こったのでしょうか? お店の営業部長に話を聞きました。


08b07_1446_d92f272a_e7289cd8.jpg
2400個届いた商品の一部=相沢食料百貨店のツイッターより

0307cake.JPG


240個のつもりが…
 

誤発注があったのは、稚内駅前にあるスーパー「相沢食料百貨店」。ひなまつりに合わせた商品として、ケーキ240個を注文したはずでした。

 

ところが当日朝、店に届いたのは予定の10倍にあたる2400個。発注端末で入力する際、単位が「個」ではなく「ケース」になっていることを失念し、ケーキ6種類をそれぞれ「40」と入力。40個×6で240個頼んだつもりが、40ケース×6の2400個注文が入っていたのです。

 

「商品が届いてびっくりしました。賞味期限は3月5日だったので、食べ物を無駄にしないためにも1個100円で売ることにしました」と話すのは営業部長の福間敏彦さん。


ツイッターで拡散
 

「本日広告の品の【不二家のケーキバイキング】ですが、240個発注したつもりが2400個来てしまいました..........ネタではなく、本気で売り切れないので助けていただけないでしょうか! 半額の100円(税込)です!賞味期限は3月5日まです!」

 

「ちなみに、チョコバナナ・チョコレート・マンゴー・マロン・スフレチーズ・苺ショートの6種類です! 今、10個入アソートパックを必死で詰めてます!!! よかったら、ご家族で!お友達と!会社で!ひなまつりパーティしませんか!!」

 

誤発注のため100円で販売することをツイッターで告知すると、一気に拡散。「稚内近くの方は、ぜひヘルプを!」といった応援の声が広がる一方で、「稚内行ける人なんて限られすぎてる」「さすがにTwitterにも出来ることと出来ないことがあるんじゃないかな……」といったコメントも寄せられました。


100個以上買ってくれた人も
 

ところが、午前9時に開店すると直後からお客さんが殺到。ツイッターを見た常連さんを中心に、会社の同僚たちの注文をまとめて買いに来てくれた人や、一人で100個以上購入してくれた人もいました。そして2時間後の午前11時ごろに完売。

 

福間さんは「まさかの完売で、売り切れるとは思っていませんでした。多くのお客様に支えられていることを実感するとともに、自分の売り場を後回しにしてまでケーキ販売を手伝ってくれたスタッフにも感謝の気持ちでいっぱいです」と話します。

 
相沢食料百貨店の3月3日のツイッターは、こう締めくくられています。

 
「さきほど、本日の営業を終了いたしました。本日はたくさんの応援をいただき、誠にありがとうございました。皆さんが職場やご家族、お仲間同士で連携して駆けつけてくださった様子に、すごく幸せな気持ちになりました。楽しいひなまつりになりますように! 感謝を込めて」

 

「すべての方にお返事できず、ごめんなさい! 弊社というよりは『稚内』を思って返信くださる方が多くて、これまた嬉しかったです!!」
記事引用は⇒withnews


ツイッターの力すごいですね。






posted by キキ at 00:00 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

オバマがトランプタワーに盗聴器を仕掛けたのは事実です!







今朝も反日左翼の〇HKが、トランプがオバマによって盗聴されていたとツイートしたことに関して、証拠もないのにトランプはオバマをスパイ扱いしているなどとトランプを見下した報道をしていました。相変わらず反トランプ節がさく裂しています。



本当に…〇HKってどこまで偉そうなんでしょうね。
〇HKは国民から強制的に受信料を徴収し偏向報道を続けて国民を洗脳しているどうしょうもない集団です。



〇HKや他の日本のマスコミは(特に)海外のニュースは一切報道すべきではありません。なぜなら、彼等はCNNの口パクでしかないからです。日本のマスコミにはプロのジャーナリストはいません。彼等は無能な怠け者集団です。



では、以下の記事を〇HKはどのように報道するのでしょうか。
ビデオの詳細は御伝えできませんが、専門家によると、オバマが大統領選でトランプを敗北させるためにトランプのスパイを行っていたことを示す証拠資料が出てきました。



日本のマスコミは、オバマは良い人のように映していますが…。
実際はオバマの8年間は共産主義独裁政権だったのです。その間にアメリカは色々な面で破壊されました。オバマが唱えていた「チェンジ」はアメリカを破壊するためにチェンジすることだったのです。


それにオバマの出生証明書は偽造されています。オバマは大統領の資格はありませんし、反米イスラム教徒の共産主義者であることも明らかになっています。



全てがでたらめでした。ミッシェル・オバマは性転換をしたことも発覚しましたし、オバマ一家はねつ造一家です。また、オバマ政権は、オバマ政権或はヒラリーが引き継ぐ民主党政権が永遠に続くよう様々な工作を行ってきました。

http://www.thedailysheeple.com/mark-levin-delivers-devastating-proof-that-obama-spied-on-trump-campaign-the-evidence-is-overwhelming-six-federal-agencies-involved_032017
(概要)
3月5日付け

昨日のトランプのツイッター(大統領選前にオバマがトランプタワーの電話を盗聴していた件)の内容に関して左翼メディアは一日中トランプの発言をバカにしていました。彼等はトランプを笑いものにしたり貶したり偏った報道をしていますが、トランプをひどく中傷することが彼等の仕事なのです。



いくら彼等が内容を歪めようとも、オバマとオバマ政権がトランプとロシアを関連付けるための工作としてトランプと彼のスタッフの通話を盗聴していたことは確かです。



憲法関連の法律家のレビン氏は大統領選前まではトランプの熱烈な支持者ではありませんでしたが、日曜日の
FOXのインタビューにて、レビン氏は、オバマとオバマ政権がトランプのスタッフの通話を盗聴したとトランプがツイートしたことに関して、メディアが完全否定していることに対して反論しました。



以下のビデオの通り、オバマとオバマ政権がトランプを大統領にさせないために民主主義の下に行われる大統領選に直接関与したことを示す証拠資料があるとレビン氏は伝えました。




また、オバマは6つの政府機関(FBI、CIA、NSA、DOJ、財務省金融犯罪実行ネットワークおよび国家情報長官)を巻き込んで大統領選に関与したことが明らかになっています。







レビン氏:
確たる証拠があります。トランプのツイートなんかではありません。オバマがトランプのスパイを行っていたことを示す証拠資料があるのです。


オバマとオバマ政権はFISA(外国諜報活動偵察法)裁判所に2度も足を運び、トランプの大統領選キャンペーン、政権移行、そしてトランプのスタッフに対してスパイを行っていたのです。私は米国民にその証拠の全てをお見せできます。



反トランプの主要メディアのウェブサイトから証拠が入手できます。それを見ればトランプがオバマにスパイされていたとツイートしたことが事実であることが分かります。

記事引用は⇒日本や世界や宇宙の動向さんより


obama-surveillance1.jpg




オバマを光の存在の使者のようにあがめている人もいたりなんかして…。ほんとどうしたのかと思ってましたが…。今頃は、〇HKと同じく、事実を認めず、意味不明の、誰もわかってないとかなんとか言って開き直ってたりね。


オバマはハッキリ言って一流の俳優に等しいくらいの演技力でした。ころっとホワイトハウスを去るときの涙なんかに騙されてますね。


どうでもいいような芸能スキャンダルなどばかり放送してました。こうしてなんか隠されているんじゃないのか?って感じてた人も多くいたんじゃないかと思います。


日本のマスコミは、どれもこれも同じ報道ばかり。浅はかで似たような見解ばっかりでした。トランプ大統領が優勢と伝えたところはなく、ヒラリーが当選確実なんて言ってましたよね。


まるで、意外なことでも起きたかのようなトランプ大統領の誕生にも、ヒラリーびいきをいついつまでもやってて、トランプバッシングをいまだに続けています。


日本人も真面目で勤勉で争い事を好まず、ひどいことを言われてもされても、ぐっと飲みこんでやってきましたが、その上、メディアにバカにされるかのような報道内容で、まだ騙そうとしているのです。戦後の延長線上の報道のままで、マッカーサーとGHQの紐付きのままです。


腹が立つったらありません。






posted by キキ at 20:08 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育界のノーベル賞2017年グローバル・ティーチャ―賞最終選考オンライン講座スペイン教師









去年の2016年、グローバル・ティーチャ―賞に日本人高橋一也氏がトップ10に選出されました。高橋氏は、中学校の授業にレゴを採り入れて楽しく成果を上げているユニークな先生です。昔にこんな先生がいたら、英語の勉強も楽しかっただろうな〜って思っちゃいますね。



さて、今回のグローバル・ティーチャ―賞2017でトップ10に残ったのはスペインの教師。絶大なる人気で、動画による授業はたくさんの子どもたちに観られています。







●global teachers prizeグローバル教員賞について

グローバル教師賞は、職業に卓越した貢献をした卓越した教師に毎年授与される100万ドルの賞です。1回目で50人、2回目で最終的に10人に絞られ、最終受賞者が決められます。


この賞は、教育者の重要性と、世界中でその努力が認められ賞賛されなければならないという事実を強調しています。それは、彼らの生徒だけでなく、周囲のコミュニティにも、最高の教師の影響を認めることを目指しています。



25253773323_388d41f137_k-1100x430.jpg
昨年のファイナリスト

icoy35430307-youtuber160909192934-1473442367452.jpg

10470001_1488449156793_71_20_0_gra.jpg


彼の名はダヴィッド、David Calle 2週間後には、教師のノーベル賞と言われるグローバル・ティーチャ―ズプライズを受賞するかもしれません。


世界中の179の国、2万人の候補者の中から、最終選考に残りました。ネットで配信される彼の授業は、70万人の生徒が観ています。


世界一の教師になるかもしれないダヴィッドさんは、驚き戸惑っているといいます。今までの教師とは違うタイプだといいますが、彼の教え方は伝わるようです。(カメラが三脚の上にセットされています。ダヴィッドさんのネット授業が撮られています)



ダヴィッド・ストリートさん
「世界中の何百万人もいるうちの教師の1人にすぎませんが、多くの子どもたちに無料で授業をするという私たちの活動が評価されたのかもしれません」…。



「ふたつの理由で始めました。まず塾では時間がなく十分説明ができないし、生徒の疑問にも答えられなかった。それに生徒が週末寂しいと言っていました(笑)。ふたつめは経済危機です。両親が失業して塾に来られなくなった子どもがたくさんいたからです。」



子どもたちは、塾で勉強を終え、家に戻り、物理・化学・数学の問題を解きます。



これまでにアップロードした動画は700本。Unicoosというウェブサイトに投稿され、世界中で70万人が視聴しています。グローバル・ティーチャ―・プライズで選ばれた2万人から最終選考に残りました。


david calle1.JPG




もし受賞したら、100万ユーロの賞金は、Unicoosプロジェクトの強化のために投資するといいます。



「子どもたちが情熱を持ってあきらめなければ、実現できないことは何もない」と語ります。共感しながら教えることがダヴィッドさんの秘訣です。グローバル・ティーチャ―・プライズを受賞するかどうかは、3月19日までわかりませんが、すでに数多くの賞を受賞しています。是非受賞して欲しいですね〜。



記事引用は⇒http://rtve.es/v/3934799

画像
http://www.elmundo.es/sociedad/2017/02/22/58ad6bd5e2704e42238b45ea.html

http://www.cope.es/detalle/david-calle-el-profe-de-mates-finalista-de-los-global-teacher-prize.html?id=2017030210470001

http://www.globalteacherprize.org/2017-finalists/







posted by キキ at 18:33 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本がもし財政破綻したら我々の暮らしはどうなるのでしょうか? ある日突然に…








日本がもし財政破綻したら我々の暮らしはどうなるのでしょうか? ある日突然に…



日本がもし財政破綻したら、我々の暮らしはどうなるのでしょうか?
ある日突然日本国債がデフォルトしました、というニュースが流れたとします。(突然という事は実際にはないと思いますが。)



銀行の倒産、預金封鎖、企業も倒産し街には失業者が溢れ、公共(警察、消防等)も機能不全になり、無政府状態となり、略奪行為が横行し、自衛隊が取り締まる。こんな事実際に起きますか?



その後、IMFの管理下で建て直しを図るのでしょうが、円の価値は暴落し資産もなく、年金等もなくなる。
もしそうなったら、日本はどうなってしまうのでしょうか?




<答え>

私は財政破綻と国家破綻は別と考えています。
財政破綻はおそらく破綻宣言はされずにインフレをある程度放置し、国民生活が困窮してもどうにも出来ない状態となることです。この状況では国は国家として機能しており、困るのは一般国民で公務員はそれなりの環境を維持しつつ国が運営されていくと思われます。



それと比べて国家破綻は国としての機能は不全となり質問者様の懸念されるようなある種無政府に近い状態となり治安の悪化も激化すると思われます。




そのときにIMFがどう日本への関与をしてくるかですが、破綻規模からしてIMFの手持ちの拠出金程度では日本の外貨準備金にもならず、救済はあくまで緊急的で治安維持、食料配給のための資金の融資をするのが精一杯だと思います。



その緊急融資の条件としてネバタレポートにあるような内容(実際はもっと過酷な要求になる)が政府に突きつけられて、しかたなく役人の既得権益や雇用、国民の資産などが没収されていくものと思われます。もちろん質問者様のおっしゃるとおり年金は国債の紙くず化と同時にそのほとんどが消失すると思われます。


そのときに起こる様子を以下に整理してみました。




最初に起ることは「預金封鎖」です。
銀行で月に20万円程度までしか下ろせなくなり、連日大行列のため現金が底をついてすぐに閉店してしまいます。 旧紙幣はまもなく使用できなくなり新円の切替えです。新円と旧円の交換比率はおよそ1:10以下になると想定され上限があって1口座あたり4,50万円程度まで。つまり500万円以上あっても50万円を残してすべてチャラとなります。



また金融市場(為替、株、先物、現物など)が閉鎖されます。株などは売買が一旦できなくなり、円相場は値が付かないので貿易が一時停止して、輸入決済がストップします。



日本発の恐慌が全世界に波及して海外でも国家破綻の連鎖が起こり、多くの銀行や企業が一時休業や破綻に追い込まれます。ペイオフは破綻規模が大きすぎるので実施されませんから預金はや積立の生命保険は自動的に消滅します。



短期間で政府および地方自治体にお金が無くなり公務員の給与が滞り始めて、行政サービスが停止または機能しない状態に追い込まれます。



以上で国は膨大な借金を国民の預金で帳消しにして新紙幣のもとでゼロからのスタートとなります。




次に生活レベルでの出来事です。

1.銀行の大量破綻と預金の没収などで資産を失った国民は、物価の急上昇と合わせて生活が困窮します。


2.国家破綻により外貨準備金の多くを失い深刻なドル外貨の不足が発生します。


マスコミは日本は対外資産があるから心配ありません、落ち着いて行動してくださいという原発事故時と同じようなコメントを繰り返しますが、時すでに遅しで長期間にわたり輸入物資の調達に影響が出る。


3.2.に伴い深刻なエネルギー不足、電気代が暴騰する。


4.輸入食料、肥料の調達が非常に困難になり、価格が暴騰して一部で配給による救済などの措置がとられる。


5.生活物資の中で石油製品などの輸入原料に頼ったものを中心に価格が暴騰する。


6.失業、金利暴騰による住宅ローン破綻の激増で大量の人が家を失いホームレスが激増する


7.警察機能の低下、食料不足による飢餓により窃盗、自殺、殺人など治安が著しく悪化する。


8.ローン破綻や餓死者により大量の空き屋が発生して、不動産価格は地方を中心に暴落する。


9.年金の大半が消滅して、医療、介護サービスが崩壊するので、飢餓とあわせて老人や病をわずらっている人を中心に大量の死者や介護難民が出て人口が短期間に激減する。


10.ガソリン価格の暴騰により車の需要が激減し、自動車産業、郊外型の大型ショッピング、レジャー、観光、高速道路会社などはたとえ破綻初期の混乱を乗り切っても遅かれ早かれ倒産する。


11.教師への給料の遅延で教育現場が崩壊し、多くの私立、国公立高校、大学が補助金を絶たれて破綻する。


12.外国から優良な不動産や企業を買いたたかれる。


13.国境を中心に周辺国の侵略を受けて紛争が起きる。


14.国内が想像を超える信用収縮を起こし、企業倒産などでGDPは現在の1/10以下まで落ち込む


15.ライフラインの維持ができない自治体が自治体ごと破綻して人の住めない死んだ町が国内に多く発生する。


16.アメリカなどの周辺国が日本人へのビザ(査証)の発行、入国を制限または拒否をする。


17.海外にある日本人の口座が凍結され、預金引き出しや送金ができなくなる。


18.日本国内での円→ドルの交換がほぼできなくなる。


19.金は現時点で売買時に身分をすべて金融庁に報告されているのですべて没収される。


20.不動産、株、債権は、一定割合で課税される。


21.緊急特例措置として公務員や特殊法人の大量リストラ、個人の財産税、消費税の大幅UPなどが行われます。



<関連記事>
「借金チャラ」の日本史あるいは「支払い猶予」と「預金封鎖」
ロイター報道(現金廃止論:1万円紙幣の廃止?)
ジム・ロジャーズ「日本は2016年17年にハイパー・インフレへ」
預金封鎖はあるのか?金融が変わりそうな2016年「最後の審判の日」
ヨーロッパの大きすぎて潰せない銀行(複数)が破たんします!
高額500ユーロ紙幣廃止か「より隠ぺいのために使われている」
金融市場に新たな嵐が吹き荒れています2016年2月10日
今年の秋から世界的な大恐慌〜金融崩壊が起こる可能性が高いそうです!?
米経済崩壊の予兆 大西洋上から大型船舶が完全に消える ロシア政府内部報告書より

記事引用は⇒ヤフー知恵袋より






posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解散・総選挙は来年秋までないとスクープ報道した朝日の衝撃







きょう3月6日の朝日新聞が一面トップでスクープ報道した。
安倍首相は解散・総選挙の時期を、来年(2018年)9月の自民党総裁選後とすることも含めて、先送りする検討を始めたと。
 


これは、同じくきょう3月6日の産経新聞が書いている「予算成立後の4月解散説」や、きょう発売の週刊ポスト(3月17日号)が書いている「7月都議選との同時解散説」とはまったく正反対の予想記事である。
 

どちらが正しいか。
 

私はその書きぶりから見て朝日が断然正しいと考えている。
そして私がこの朝日のスクープ記事を読んで真っ先に念頭に浮かんだのは、情報月刊誌「選択」の2月号が書いた仰天記事だ。
 


私は2月5日のメルマガ第98号でその事を書いた。
すなわち、「安倍に『三期目』やる気なし」と題する「選択」のその記事 は、安倍首相には来年秋の自民党総裁選まで解散する気はないと書いた。
 


そして安倍首相は来年9月の総裁選挙に立候補して続投する気はないとまで書いた。
 



私が仰天したのはその事であった。
そして私は、それは十分有りうると妙に納得し、その事をメルマガで書いた。



それ以上長くやっても行き詰まるだけだ。
誰がその後を引き継いでも山積する難題に苦しむだけだ。
 


やりたい放題やって、あとはよろしくと逃げる、安倍首相がそう考えてもおかしくないと思ったからだ。
 


ところが朝日の記事はそれを真っ向から否定している。
安倍首相は3年9年までやる気を見せている
というのだ。
 

もしこの朝日の記事が事実なら、安倍首相の強気はここに極まれり、である。
 

そして、それもまたいかにも安倍首相らしい。
もしそうなら、3期9年の任期の間に、辺野古はつくられ、日本は米軍に完全に支配され、中国との和解はますます困難になってアジアは分断され、なによりも憲法9条は捨て去られる。
 


それを阻止する事ができるのは、森友疑惑で野党共闘が安倍政権を総辞職に追い込めるかどうかだ。
 


勝負は今しかない。
 野党共闘がこの千載一遇のチャンスを活かして安倍外遊を阻止し、安倍打倒につなげる事が出来なければ、安倍長期政権は確実になる。
 

日本の戦後政治の正念場である(了)
記事引用は⇒天木直人氏のブログより


さて、これは辞任がなくなってきた感じでしょうか。
なんだか、またいつものあべの顔つきに戻ってきている気がします。安倍政権の続投?
続投の場合、defaultへ向けて走り始める、ということなのでしょう…。


共産党小池氏が共闘なしでどこまで追い詰めるか…。それにかかっているかな。






posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月06日沈む朝鮮半島







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>


お日様の顔が火照り出した感じが、少しずつし始めています。


春 春 春‥‥
川の流れを見に行きたくなる。
都会に住むと、鳥の鳴き声はカラス。
山道を歩くと、山間の木々の間からお日様の優しい光がキラキラとする。



そこに鳥の鳴き声が聴こえる。
行ってみないと損をしそうな季節がやって来ます。
心の中を春一色にしましょうよ。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/06


朴クネ政権がスタートして、今年の2月で4年が経ちました。
朴クネ大統領が就任してから、中国との外交関係に力を入れて来たラインが今、ストップしているのを感じます。


私は日本語しか喋れないし、読むことも日本語だけしかできません。
もしも私が中国語を話せたら、朴クネ大統領のように中国で現地の人とお話がしたいと思います。



習近平国家主席とも数回会談した朴クネ大統領。
きっとこの頃が、一番ウキウキしていた時期でしょう。
覚えておられる方も多いと思いますが、アメリカを一番初めに訪問するのはわかりますが、次に選んだのが中国でした。



日韓関係の悪化を執拗に推し進めた狙いとは何だったのだろうか?
慰安婦問題を蒸し返して国民を煽り、日本へ攻撃を続けた真の目的は何であったのだろうか?



これも、裏の誰かの思惑に踊らされてのことだったのだろうか。もしかすると、尖閣諸島問題を認めたのかもしれない。竹島問題を解決というより、自国の島にするのも入っていたのかもしれないが、そうでもない気もする。



寧ろ中国経済依存姿勢を見せたかったのだろう。


「沈む朝鮮半島」


こんな題名を付けたくなる私ですが、中国から見たらモンスターになってしまった金正恩委員長。戦略があるのか、構想があるのか、常軌を逸しているのか、国連制裁決議など気にしていないのか、核・ミサイルが外交に役立つことはないと思うのですが‥‥。



韓国も北朝鮮も中国と仲良くしたいはずだが、叔父の張成沢を処刑したことで、中国との話し合いのラインが消えたと思われるのです。



モランボン楽団が中国親善公演を中止した出来事の裏には、金正恩委員長と核実験の実施との関係があったと思えるのです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

世見2017年03月05日ベートーベンの恋の想い








世見2017年03月05日
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
時代に


私のような者でも、会話に英語を入れてしまっています。


それと、駅前には横文字が目立ちます。
後100年もすると、看板から日本の文字がもっと消えるようにも思います。


風流なぁんてことはもう感じ取れない時代になったのですネ。
日本の良さをもっともっと味わいたいものです。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/05


私は理由なくクラシック音楽が好きです。
だからといって、曲名は殆ど知りません。わかっているのは作曲者だけです。



朝、一枚のCD選びから私の日課がスタートします。曲が流れ、珈琲を飲むと、今日も生きている実感が湧いて来ます。



名曲の数々が、世界中で多くの人達の心をどれだけ和ませて来たのでしょう。


「ベートーベンってどのような人だったのだろう」
フッと思うと、「恋」この言葉が浮かびました。
「恋心」。私なぁんか遠い場所に置き去りにしてしまった感じがします。



何故ベートーベンと思った時「恋」なる言葉が心に広がったのかわかりません。
でも有名作曲家の恋って、曲にどのように現わすのだろうかと思うのです。題名と曲が一致する『運命』と『田園』しかわからない私には、ベートーベンの恋心なる曲がわかりません。



確かに、美し過ぎるメロディーが踊り出す『田園』を聴くと、純なる恋の体験者と思うのですが、ベートーベンの曲を理解出来るはずのない私が、ウン何だこの曲という曲がひとつあります。



燃えたぎる情念が男性の体を駆け巡る曲、と言いたくなるのです。
ベートーベンが生きた時代にタイムスリップすると、郵便馬車がよく似合う。



スマホでメールが手紙のように思う人もいるかもしれない現代とは違い、馬車に人々の想いのこもった手紙を乗せて郵便馬車が到着。あの頃の人々は、どのような思いで便りを受け取ったのでしょうか。


ベートーベンの恋の想いが詰まったと思い込んでいるこの一曲、『交響曲第8番』。


男性諸君。
今、恋心を忘れかけている人も、恋心真最中の人も、一度聴いて見て下さい。


又、男心がわからないと思っておられる女性の方も、聴いて見られると不思議と男心がわかった思いがします。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

世見2017年03月04日北朝鮮の崖っぷち政権







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>


お花は水をやらないと枯れてしまいます。
育てるというのは中々難しい。


お花だって特徴があって、水をやり過ぎると枯れるお花も、又水を与えないと直ぐに枯れるお花もあります。


だからネ。
「お花の命は自分が握っている」と思うと、愛しくさえなります。
お花を育てるのと子育てとは違いますが、見返りを求めない愛こそが愛だと私は思っています。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/04


この年齢になると誰もが思うことなのかもしれませんが、「自分の人生の天井を見た観」は何から来るのでしょう。



わかることは「寿命」。30年後の自分を考えることはできません。
それ故か、トランプ大統領の心の内がわかる気さえしてきます。
トランプ大統領と同じ年齢なのですから。



気力はあっても体力がついて来なくなる70代。人生やり残しをしないためにも、この世での時間を精一杯生きたくなります



こんな思いの私が、20日に講演会を開きます。会場にお越し下さった皆様と気をひとつにすることが出来るように、70歳の思い出作りをしたいと思っています。



人生の終わり方にはそれ程種類ありませんが、一番はやはり病死だと思います。北朝鮮の金日成主席は病死。金正日総書記も病死です。金正恩委員長はどのようなラストシーンを迎えるのでしょうか?



若いからといって長生きできる保証はありません。お父上の金正日総書記も、敵対的なる人々25万人に対して、監禁や公開処刑を実施しました。



この国の実態は、飢餓が蔓延しており、7歳の少年の背は韓国の同年齢の少年より8cm低かったとも言われています。



崖っぷち政権は、今も改善していないと思っています。人口2405万人といわれる北朝鮮。お父様の時代と今とでは大きく人々の心の内も変わり、粛清によって座を守るのにも無理があるとも思えます。



ミサイル発射、核暴挙‥‥もしかすると金正男氏暗殺は、殺人兵器をどこかに売るための宣伝(!)だとしたら、背筋に冷たいものが走ります。



数では圧倒する軍事力ですが、本当のところ100万人を越えるといわれる朝鮮軍が満たされているとは思えないし、兵器性能には「?マーク」が付きます。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

究極の追随外交 日米首脳会談の危険4経済従属,深掘りのレール








究極の追随外交日米首脳会談の危険その1「へつらい米で厳しい目」
究極の追随外交日米首脳会談の危険その2「同盟『さらに強化』の危険」
究極の追随外交日米首脳会談の危険その3沖縄“差し出し”ご機嫌取り


trump-dinner.jpg

Pm-pissed.jpg


Trump Tells Abe His Knife And Fork Skills Are “Tremendous”
トランプは、あなたの(ヒラリーへの)裏切りと二股のスキルは驚異的だと安倍に言った。
元記事⇒www.therisingwasabi.com


「2日間の生産的な話し合いを終え、安倍首相は日本へ帰国中だ」。トランプ米大統領は、2月12日のツイッターでつぶやきました。



「生産的な話し合い」の結果、合意したのは3分野(@経済Aインフラ投資やエネルギー分野B貿易・投資)にわたる経済対話の枠組み。首相は「私から新たな経済対話の枠組みを立ち上げることを提案した」と明かします。



交渉を仕切るのは日本側からは麻生太郎副総理、米国側からはペンス副大統領。3分野は、金融、財政だけでなく、為替、通商、さらにはインフラ・エネルギー分野の多岐にわたります。



●米国兵器の購入

戦後の日米の経済交渉は、日本側の譲歩と屈服、従属の歴史でした。その枠組みを「米国第一」のトランプ大統領に首相は進んで提案したわけです。


トランプ大統領は、対日赤字削減のために日本の為替政策や自動車産業を名指しで非難。安倍首相は、首脳会談前にトヨタ自動車の豊田章男社長と作戦会議も持ちました。会談後、豊田社長は「両国首脳が話し合いの場をもっていただいた。大変よろこばしい」と喜んでみせました。



首脳会談で日本側が本当に約束したことは何か。ある市場関係者は「日本として数兆円の対米投資が求められたのではないか。日本国内の製造業の力がそがれてしまう」と危機感を抱きます。


安倍首相は、15日の参院本会議で米国製の兵器購入が「米国の雇用にも貢献する」と発言。日本の軍拡が米国経済を支えていることをアピールしました。



●アジア太平洋へ

共同声明は、「既存のイニシアチブを基礎として地域レベルの進展を引き続き推進する」としました。この「既存のイニシアチブ」には、環太平洋連携協定(TPP)も含まれています。TPP交渉で譲歩した内容が、今後の2国間の協議で、深掘りされるレールが敷かれたことになります。TPPにしがみつく安倍首相の手によって日米の経済関係は未踏の領域に入りました。



共同声明は2国間だけでなく、「アジア太平洋地域」にわたる「貿易・投資」や「市場障壁の削減」を目指すこととしています。日本の橋渡しでアジア太平洋地域に「米国第一」が襲い掛かろうとしています。

しんぶん赤旗 2017年2月17日より

お読みいただきありがとうございました






posted by キキ at 15:38 | 歴史の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「米ドル軍票」という韓国の切り札








原田 武夫氏の2014年の記事です。


●金融マーケットにおける若き「猛者」の言葉


「米国との関係で『もはやこれまで』となった時、韓国には切り札があるのですよ」



今、韓国の外交が、傍から見ていて実に見苦しい。ついには4月に予定されているオバマ米大統領の我が国への国賓訪問についてまで横槍を入れたというのだから開いた口が塞がらない。



我が国当局から米側に対して提示した日程案を指差し、「そのタイミングにしか朴槿惠大統領の日程は空かないので、日本ではなく韓国を訪問して欲しい」というのである。



その余りにも必死な様子を伝える公開報道を読んで、私は冒頭に紹介した言葉をふと思い出していた。世間一般では全く知られていないが、金融マーケットにおいては若き「猛者」として知られる人物が語った言葉だ。「猛者」は言う。



「韓国が持っている切り札---それはヴェトナム戦争に大勢の韓国軍兵士が出征した見返りに米国からもらった大量の『米ドル軍票』です。実は、韓国の名だたる財閥の本家本元の邸宅の応接間の壁にはこの米ドル軍票が壁紙の下にびっしりと貼ってある。



そしてそこを訪れた米国からの賓客が交渉によっても首を縦に振らないと見るや否や、最後にその壁紙をはぎ取って見せるのだそうです。『我々韓国人は一体どれだけの血を米国のために流してきたと思っているのか』と叫ぶ韓国人の主人を前に、米国からの賓客は反論が出来ないと言います」



しばしば北朝鮮と中国の関係について専門家たちは「血の同盟」と呼ぶことがある。朝鮮戦争当時、「義勇軍」という名目で中国が助けてくれたから北朝鮮は勝利出来たというわけなのだ。だが、「血の同盟」は何も共産圏だけではなく、米韓の間にも存在していたというわけなのだ。「猛者」の言葉は続く。




「実は『米ドル軍票』が韓国国内で大量に埋められている場所があります。それは何を隠そう、我が国でもよく知られた遊園地の敷地の下です。そこにドラム缶に詰められた無数の『米ドル軍票』が眠っています。



もちろん、いざという時のためです。韓国のリーダーたちは米国からいよいよ追い詰められた時にこれを掘り出し、全世界に対して示すのでしょう。『我々韓国人こそが米国の盾となってこの東アジアを守ってきた国民なのだ』と」


img_b5f4a35b636ecd66e68f28d9cad515ca105766.jpg




●韓国が生き残る道は「日韓同盟」しかない!?


誤解無きよう書いておきたいのだが、私は個人としての韓国人を云々しているわけでは全く無い。外交官時代以来の親友の中には韓国外交通商部のエリート外交官たちが何人もいる。



しかし、あれだけ聡明で、米国留学経験も長く、英語は日本人外交官とは比べ物にならない位に流暢な韓国エリートたちがいながら、なぜ結果としての「外交政策」となるとあれほどまでの失態を演じてしまうのかが不思議でならないのである。



かつてそんな疑問を漠然と抱きながら、親友である韓国人エリート外交官に尋ねてみたことがある。すると彼は小声でこんな風に応えてくれた。



「原田さん、韓国のリーダーたちは皆知っていますよ、韓国が生き残る道はただ一つ、『日韓同盟』しかないと。でもそれは表立って言ってはいけないルールになっているのです。だからひとたび日韓で喧嘩になると、社会的弱者がはけ口を求めて反日行動を起こし、これがエスカレートして収拾がつかなくなるのです」



ハァと深いため息をついた彼が不憫でならなかった。しかし聡明なエリートたちであればあるほど、韓国国内に歴然と存在する「格差社会」とは距離を置いて生活しており、だからこそ貧困層のはけ口を自分たちではなく、「ニッポン」に向けざるを得ないという国家的な論理が厳然と存在することも、彼の言葉からはっきりと分かったのである。



韓国はなぜここに来て切羽詰まった外交政策を展開しているのか。その理由はグローバル・マクロ(国際的な資金循環)が織りなす世界史を紐解くとよく分かる。私の研究所の公式メールマガジンや公式ブログにおいても詳しく説明して来ているとおり、実は現在の極東情勢は朝鮮戦争が開戦した1950年頃の状況とある意味酷似しているのである。



第二次世界大戦の終戦後、我が国は深刻なデフレに陥った。そのため、政府はインフレ誘導を決断。「そこまでしてしまうと後で大変なことになる」と止めにかかった日銀の制止を振り切った時の政府による政策は、結果として激しいインフレを引き起こしてしまう。いわゆる「復興インフレ」である。



その一方で1948年には米国の支持を受ける形で「大韓民国」が成立。その初代大統領に就任した李承晩は徹底した反日政策を展開した。1949年に我が国の対馬について領有宣言をしたのがその典型である。



だが、海上で高まる緊張にもかかわらず、我が国は1950年に「警察予備隊」を設立したばかりであり、全くの丸腰であった。韓国側はその後、1952年に「李承晩ライン」を一方的に設定するにまで事態をエスカレートさせていく。



だが、そんな危機の最中に北方からいきなり風が吹いてきたのである。1950年6月25日午前4時(韓国時間)、北緯38度線で北朝鮮軍が宣戦布告することなく、砲撃を開始したのだ。「朝鮮戦争」の始まりである。



その後、3年間にわたり続くこの激しい戦いの中で、李承晩政権は首の皮一枚にまで追い詰められ、反日工作どころではなくなってしまう。対する我が国はといえば、「国連軍」の名目で進軍する米軍に対して援助物資を盛んに提供し、ついには1954年から3年間続く「神武景気」を味わうことになったのである。



朝鮮戦争について一般には、半島全体の共産化を画策した北朝鮮側が仕掛けた戦争だと言う風に理解されている。だが、結果から見るとイデオロギー的に見ると「敵」であるはずの北朝鮮に当時の我が国が経済的に助けられたのは事実なのである。



対する韓国はと言えばようやく北緯38度線まで北朝鮮軍を追いやることに成功するものの、その後、軍事独裁政権が続く中、1970年代後半まで北朝鮮よりも経済的には貧しい状況に苦しむことになってしまうのである。




●本当の歴史を紐解くカギは北緯38度線にある!?

表向き語られているそうした「史実」を例のマーケットの猛者に話すと、彼は笑いながらこう切り返してきた。



「原田さん、それはあくまでも表向きの話ですよ。本当の歴史を紐解くカギは北緯38度線にあります。終戦の直前になぜか関東軍が南下し、第十九師団と第二十師団もそれを黙認してこのラインで所轄を分けたところから、全てが始まっているのです。そしてもう一つ。金日成の弟を調べてみて下さい。大きな発見がありますよ」



かつて小著「『日本バブル』の正体 なぜ世界のマネーは日本に向かうのか」で触れたことがあるのだが、ここでいう「弟」とは金英柱を指す。現在でも死亡が確認されていない謎の人物であり、驚くことなかれ、大戦中は「関東軍の通訳」を務めていた。



「本当の朝鮮半島を動かしているのは我が国の旧陸軍士官学校人脈です。韓国側にも大勢います。そしてその人脈を担う者たちがかなりの高齢となり、いよいよ存命者が少なくなってきている。



しかし事柄の性質上、そう簡単に引き継ぐというわけにもいかないのです。そう、これこそが朝鮮半島が揺れ動いている本当の理由なのです」



私はこう語る「猛者」の顔を見ながら、ふと「残地諜報者」という言葉を思い起こしていた。あれほど謀略戦を行ってきた旧日本軍であり、関東軍なのである。終戦後、再び決起するための人脈を残して来ていて当然なのだ。



その一方でこれを封じ込めるため、米国があわてて李承晩を大統領の座に据えたのも納得がいくのである。そして仮に北朝鮮側にもこうした人的ネットワークが連なっており、旧軍のルートで何らかの意思疎通が行われていたとなると「朝鮮戦争」の持つ意味合いはガラリと変わってくるのだ。




●「米国以上に米国的な国」になってしまった韓国の正念場

そして現在。エマージング・マーケットとして1990年代初頭よりバブルとその崩壊を繰り返してきた韓国は表向き「先進国」のステータスを米欧等から与えられてはいる。



だが、1990年代後半の経済危機の結果課されたIMFによる処方箋を完璧に執行した結果、「米国以上に米国的な国」になってしまった韓国は、それまでの繁栄を支えてきた金融資本主義がいよいよ逆回転を始めた今、もはや逃げ場所が無いところにまで追い詰められている。



終戦後、朝鮮半島を陰から支える人脈として構築されてきた向きからすれば、いよいよその姿を現すのには絶好のタイミングであるはずだ。そしてそれと北朝鮮が何らかの関係を持っていたということなのであれば、米国が北朝鮮を蛇蝎の如く嫌う理由もよく分かるのである。



その一方で、これまで米国によって支えられてきた「韓国」人脈はといえば、いよいよ姿を現すこうしたうねりに黙って追随するか、あるいは徹底抗戦するかのどちらかを余儀なくされる。そしてその全てはボスであり、本当の創造主である米国の意向次第なのである。




●「よもやこの場に及んで北朝鮮を選択するはずはないよな」


そうすごむ韓国がオバマに訪日を取りやめさせてでも、とにかく自らへと国賓訪問させたいと考えるのは至極納得が行くことなのだ。



だが、元はといえば量的緩和を縮小し始め、金融資本主義の終わりを告げ、その渦に韓国を巻き込んだのが他ならぬ米国なのである。何らかの理由をつけて、米国勢がある日突然、北朝鮮に接近する可能性は十分すぎるほどあるのである。



他方で現下の展開を見ていて大変気になるのが、北朝鮮が「微笑外交」「和平攻勢」に転じていると言う点だ。いよいよ17日から米韓合同軍事演習が始まるにもかかわらず、軍事的な対決の構えを見せていないところがかえって怪しい。



むしろ「我々はここまで努力したのに、結局、無視したのは韓国だ。やむを得ず攻撃する」と今から61年前と同じように宣戦布告なき開戦へと北朝鮮が突っ込むとするならば、実態は一気に急変する。「動乱」の始まりだ。



無論、ここで米軍が本気で応戦してしまっては第二次朝鮮戦争になってしまう。韓国との同盟関係に基づく義務を形だけは果たしつつ、早期停戦から、仲介者(たとえば北朝鮮でも建国前から存在している朝鮮キリスト教会を経由して、ヴァチカンのローマ法王フランシスコ等)を立てた上での米朝交渉へと一気に走りだす可能性は十分ある。




当然、韓国側はその様子を見て激昂することは必至であり、米大使として韓国側に工作するのにはそれなりの人物である必要がある。そのため、インテリジェンス分野での経験も豊富とされるマーク・リッパート国防長官首席補佐官を次期在韓米大使にオバマ大統領はノミネートする動きがあると言っても過言ではないのだ。



正に激変といった動きであるが、そこで文字どおりの「漁夫の利」を得る国、そしてその政権がある。他ならぬ我が国であり、安倍晋三政権だ。61年前と同じように極端な金融緩和に走る中、巨大な「軍需」が出現すれば第二の神武景気が訪れることになる。同時に「国防意識」が我が国で高まり、保守的な安倍晋三首相への支持はウナギ登りになるはずだ。そう、実に出来過ぎたゲームである。



このまま行くと「泣き」を見るのは韓国だけである。国内の経済状況に鑑みて介入どころではない中国が事態の静観を決め込めば、もはや救われなくなる。出発点において「恨み」を抱く国家が、果たしてそれを捨て、真の「共生」と「過去の克服」へと乗り出すことが出来るか。−−−正に正念場が訪れている。




原田武夫
株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)代表取締役(CEO)
東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に外務公務員T種職員として入省。12年間奉職し、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を 最後に自主退職。在任中は、六ヶ国協議や日朝協議等に多数出席した。「すべての日本人に“情報リテラシー”を!」という想いの下、情報リテラシー教育を多 方面に展開。自ら調査・分析レポートを執筆すると共に、国内大手企業等に対するグローバル人財研修事業を全国で展開する。

記事引用は⇒現代ビジネスより







posted by キキ at 14:41 | 歴史の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャクリーン・ケネディ故大統領夫人のラブレター競売に2017年3月2日







悲劇的な死を遂げた故ケネディ大統領の夫人、ジャクリーン・ケネディさんのラブレターが競売に。







英国大使、デビッド・オームスビー・ゴアと親密になったジャクリーン・ケネディ夫人ですが、1968年にギリシャ人の富豪オナシス氏と結婚するまで、この英国大使と手紙のやり取りをしていました。




ジャクリーンさんとイギリスの駐アメリカ大使で、貴族でもあった男性との実らぬ恋をめぐる一連の手紙が、今週オークションに出品されます。




手紙が書かれた期間は、ケネディ大統領の暗殺からジャクリーンさんがギリシャの富豪アリストテレス・オナシス氏と結婚するまでの間でした。



今年1月にウエールズのオームズビー・ゴア氏の自宅から見つかった19通の手紙です。


jackie1-xlarge_trans_NvBQzQNjv4BqegvceZ2PohtP-D3vVXbYfA9bNWQliEXGC_nbWHtM_jA.jpg

gettyimages-51109343.jpg

09jackie3-master768.jpg

09jackie1-master675.jpg

09jackie4-master675.jpg


一連の手紙が示すのは、オームズビー・ゴア氏とジャクリーン夫人がこの恋が結婚に結び付く寸前であったということです。


ジャクリーンさんと英国大使であった男爵とのラブレター。


手紙にはハートのイラストも描かれています。


オームズビー・ゴア氏は、駐アメリカの大使で、故ケネディ大統領にとって、親友であり、アドバイザーでもあった人です。



ジャクリーン・ケネディさんとイギリスの米駐在大使との間で交わされたラブレターが今月オークションにかけられます。




この失われていた一連のラブレターは、ケネディ大統領の暗殺後に書かれたものですが、ジャクリーンさんがギリシャの海運王、オナシス氏と結婚した後にも及んでいました。




―――オークションを開催する会社による案内―――


ここにある手紙が示しているのは、デビッド・オームズビー・ゴアさんとジャクリーン・ケネディさんとの間の非常に感動的なラブストーリーです。


2人の恋は、結婚に繋がってもおかしくありませんでした。



親愛なるデビット、あなたは私の愛する兄弟であり、恩師であり、私が唯一知る独創的な精神の持ち主です。
愛をこめて、ジャッキーより



1963年11月にケネディ大統領が暗殺されたとき、オームズビー・ゴアさんも妻を交通事故で亡くしていましたので、互いに独身だったのです。



ふたりは、休暇を1.2度一緒に過ごす時もありました。明らかにロマンスの花が咲いていたのです。



デビッドさんの手紙の下書きには、「密かに結婚しよう」と書かれてありました。ふたりは明らかに秘密結婚をしようと考えて、将来を話し合っているようでした。しかしその後、ジャクリーンさんは、オナシス氏と結婚しました。



当時デビッドさんが、ジャクリーンさんにあてた手紙がありました。


「どうしてこんなつらいことが起きてしまったのでしょう。あなたの説明を理解しようと何時間も何時間も考えました。結局同意はできないものの、ある程度のことは理解しました。あなたの写真を観るとむせび泣いてしまいます」と綴られています。



心が張り裂けそうな内容の手紙ですが、驚くべきことに彼女からの返事があるのです。オナシス氏のヨットにある便せんで書かれたその返事は、



「いつもあなたを想っている。あなたとわたしは多くの人生で、死と希望と痛みを分かち合ってきた。わたしたちは永遠にそれらを共有し、永遠に一緒だ。あの日々を一緒に過ごした者同士として、最も親しい者同士として」。



オークションは3月29日に設定されています。



追記※

CIAはJFKを殺したと認めます


http://www.alternativenewsnetwork.net/uncovered-report-cia-admit-killed-jfk/

からの転載です

---------- 転載 -----------


発見された報告書:CIAはJFKを殺したと認めます


(Neon Nettle):発見された報告書:CIA彼らがJFKを殺したと認めます:


CIA長官として任期中のコンゴへの関与で有名なCIAのジョン・マコーネ元首相(ポーランド)は、ポーティティオで検査された報告書を通じて、 CIAはおそらく元大統領ジョンの死に責任があるとしている。 Fケネディ。



このレポートは、以前は「SECRET / NOFORN」とマークされていた2013年9月にリリースされました.CIAの外部で共有されないことを意味します。 内部情報機関誌の「知的財産」誌に掲載され、ジョン・F・ケネディの暗殺50周年を記念するためのものでした。





Uncovered Report : CIA Admit That They Killed JFK

 November 4, 2016 SatyaRaj レジスタードマーク 0 Comments


 Post Views: 13,571

(Neon Nettle) : Uncovered Report : CIA Admit That They Killed JFK :


Ex-head of the CIA John McCone, notorious for his involvement in the Congo (detailed in an extensive post by John Simkin) during his term as head of the CIA, has been revealed through a report inspected by Politicio to have hidden information implicating the CIA as possibly responsible for the death of former president John. F Kennedy.


This report was released in September 2013, previously marked “SECRET/NOFORN” – meaning not to be shared outside of the CIA. It was purposed for publication in an internal Central Intelligence Agency magazine, Studies in Intelligence, and served as a testament to the 50th anniversary of the assassination of John F. Kennedy.
(転載元⇒世界と日本の真実さんより)

記事引用は⇒BBC

画像
www.nytimes.com
www.telegraph.co.uk/news







posted by キキ at 11:50 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスの田舎のホームレスの人びと







医療体制がままならないジレンマを抱えているイギリスですが…。ホームレスの問題も深刻です。



ホームレスの人たちを支援する慈善団体は、来年の地方予算のさらなる減額により、ホームレスはより厳しい状況に置かれるだろうと警告しています。



イギリスのホームレスはおよそ6000人で、(そんなわけがない)2012年以降毎年その数は増加しています。しかし、イギリスで最もホームレスの多い、コーンウォールでは、ホームレスの問題に対処するため、この1年で予算を倍にしています。


bbc201703032.PNG
バス停で座る2人



コーンウォールの冬は厳しく、ホームレスならなおさら寒さが身に沁みます。


海にほど近い場所にあるバス停ではホームレスの人ふたりが小さな椅子に腰かけています。「すぐ夏になるさ」と彼らは話します。そのうちの1人、ジェームスさんは福祉を打ち切られ、8ヶ月間ホームレスです。



201703033.PNG

bbc201703031.PNG



「寒いときもあるけど、なんとかしのいでいます(彼は両手をこすり合わせ続けています)」。もうひとりのホームレスのダナンさんは、アルコール依存症で昨年10月に離婚し、ホームレスになってしまいました。



凍てつく寒さの中、病気を抱え、ぐっすり眠ることもできません。アルコール中毒を治すため、3年半取り組んだことがありますが、この歳でこうなるとは思ってもみなかったと話します。



「ちょっとしたことでこうなるんです」とダナンさんは言う。


201703030.PNG

201703004.PNG



場所を町の郊外へ移動すると、木立の中にホームレスの人がいる気配があり、そこにはテントで暮らす人がいました。数個のテントの中には、数人の人が寝泊まりしているということで、彼らは6カ月以上もこの生活をしています。



この周辺には、過去最高となる96人のホームレスがいます。慈善団体職員の男性は大忙しとなります。食料を配っているのです。中毒や病と闘っているホームレスは、風光明媚なコーンウォールにはその存在は想像しにくいところですが、確かにホームレスの数は増えています。



しかし、こういった生活をしている人たちと接触するのは簡単なことではありません。農村部にホームレスがいるとは思わないこともあり、彼らのことに気づいてない人がほとんどです。都市部には、ホームレスの人は時折見かけることがあるでしょうが。





あるホームレスの71歳の男性は、こうした生活を5年以上強いられているようです。寒さや、イギリスの曇った空、吹き付ける厳しい風、多い雨に、時には着ているものや寝袋が5日間も乾かない時もあると彼は話します。



町にはホームレスのための避難所などはどこにもありません。2人で身を寄せ合って公衆トイレや建物のひさしなどをさがして一晩を過ごします。明日になるとまた寝るところを探さねばなりません。



我が国でも、目立たないですが、貧困がじりりと増えています。
子ども食堂などで、救われている人もいますし、学校の給食が唯一の食事の子どももいます。リストラや離婚や病気をきっかけにホームレスになってしまう人もいます。いろいろな制度をもっと充実させていくべき深刻な問題です。

記事引用は⇒BBCnews


<関連記事>
イギリスでゴミをあさる人びと







posted by キキ at 00:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月03日水害も恐ろしい







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
節句


おひな様です。
女性の皆さ〜ん
今日は年齢を忘れて乙女に戻りましょうよ。
女の子の日なのですから。



私はピンク色の服でも着ようかなと思っています。
女性はかわいい方がいいと思いませんか。


ご主人のおられる方も、恋人がおられる方も、私のように相手がいない方も、皆ご一緒に! ネェネェ ニコッとチーズです。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/02


今日はひな祭り。耳の日でもあり、先勝です。
旧ひな祭りは3月30日だったのをご存知ですか? 彼岸の入りは17日の金曜日です。20日は春分の日であり、そして私の講演会の日です。



今年も春がやって来ます。
櫻の花びらに春への感謝を添えて、散歩するのもおつなことと思います。



サテ、今日は朝から気になります。偏西風が蛇行したらどうなるのでしょう。
何故このようなことを思うのかわかりませんが、凄く気になります。



熱波と高気圧群の関係もわかりません。でも書きたくなりました。
南北に蛇行する偏西風と気象との関係はどのようになるのかなぁ〜。



「ダブルジェット気流に注意しなさい」
こんな声が聞こえました。



異常気象は今年も現状のままのように思います。
米国南東部の降水量には注意して欲しくなりました。
米国は、落雷・竜巻も注意して欲しいです。


今年も、世界地図を見ていますと、洪水・暴風雨が立て続けに起きるようにも思います。



中国の「華」が付く地方は干ばつに注意、と書きたくなりました。
集中豪雨と強風には日本も注意です。
強風で大きな物が倒れるのが見えました。



洪水は記録的な被害をもたらします。
地震も恐ろしいのですが、大水害も気になります。
荒川は大丈夫かなぁ〜。
こんなことも思います。



荒川の上流で、総雨量が500ミリを超えるとどうなるのでしょう。
関東大地震も恐ろしいのですが、大水害も恐ろしいと思ってしまうのですが!








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

世見2017年03月02日宇宙開発が進むと







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
上手に


言葉足らずは誤解を生みます。
意思をハッキリと伝えたい時は、身内であればある程、言葉を端折らず伝えたいことをじっくりと伝えて下さい。


きっと良い関係が保てます。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/02


「宇宙の中の地球」


日進月歩といわれる分野が天文学だと言われます。
太陽の力を借りて進む宇宙船。


宇宙大航海時代到来の人類は、どこまで宇宙を知ることができるのだろうか?
ソーラー電力は、夢である宇宙の旅を、どれだけ実現に結び付けてくれるのでしょうか。



日本の技術は、今後の宇宙旅行計画への道筋を付けてくれると思いたい。
ただ、宇宙が身近になり、新たなる問題が生じるかもしれないとも思っているのです。



地球にしか生命体は存在しないと思っているのは我々人類だけで、他の惑星にも生命体がいるかもしれませんし、宇宙空間に生命体が浮遊しているかもしれません。



ご存知ですか? 猛毒のヒ素が大好物なる生命体がいることを。
ヒ素を摂取すると中毒症状を起こすとされています。そのヒ素を取り込む細菌がこの地球に住んでいるのです。



宇宙開発が進むと、環境が適していなくとも数を増やす生命体がいつ発見されてもおかしくありません。



星も生命体だと思っている私ですが、星が生まれ姿を消す神秘なる世界は、宇宙の姿そのものです。



ウルトラマンの故郷は光の国です。いつの日にか地球の悪を懲らしめに、光の国からウルトラマンがやって来てくれると嬉しいと思うのですが、ウルトラマンの故郷があることを信じたいだけで終わっています。



地球外生命体の存在を信じるか信じないか、あるいは興味なしと言うのかは個人の想いとして、H₂Oは地球だけにあるのかといったら、違うと答えたくなってしまいます。H₂Oが程良い環境下だから暮らせるのが地球だとしたら、きっと宇宙の中に、私達の住む地球に似た環境の惑星があっても不自然に思わないのです。あなたはどのように思いますか。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

外電での安倍と森友学園疑獄事件の報道は日本のTVでは知らされていませんのでUPします。








トランプ会談では、あんなにキャッキャッしてたメディアですが、安倍晋三に関する疑惑は外電でもばんばん報じられています。



ドイツ国内最大の発行部数を誇る『南ドイツ新聞』(Süddetche Zeitung)のウェブサイトに、2017年2月26日、安倍昭恵夫人に関する記事が掲載されました。そのなかで、渦中にある森友学園の国有地不正取得疑惑と、安倍晋三・昭恵夫妻の関連が報じられています。


o2048118013879874781.jpg


ひと−−安倍昭恵
日本国首相夫人、ある名誉職に就任していたことで論争の渦中に安倍昭恵夫人は独立して行動する人物だ。



たとえば東北における誇大妄想じみた津波対策の防潮堤建設を視察したときのように、しばしば夫・安倍晋三首相の政権を批判している。



LGBTのデモに参加して共に行進したり、安倍首相が与する民族右派について怒りを表したりしている。安倍首相は、食料品産業の実業家の娘である昭恵夫人が官邸に真っ向から対立する意見を持っていると好意的に述べている。



とはいえ異なる見方をすることもできる。つまり、子どものいない54歳の昭恵夫人が、夫に代わってさまざまな仕事を引き受けているという見方だ。



だから彼女は、首相の代理として、日本人戦死者と戦争犯罪人がともに祀られている靖国神社に参拝したのだ。



批判者に...とっては、昭恵夫人の自由なふるまいは、計算されたもののように見える。彼女は、右派の国粋主義者である自分の夫を、よりリベラルで穏健であるかのように見せている。だとすると、それによって彼女は自分の夫の支持率を稼いでいるのだ。




大阪の塚本幼稚園への関与をめぐって批判を浴びた今では、安倍昭恵夫人は確かに関係を絶っている。その幼稚園では、4歳児に、曾祖父母の世代のように軍隊の隊形を組ませて行進させている。



園児に国歌を教え込み、明治天皇の『教育勅語』(1890年)の暗唱を強要している。そのなかでは支配者への忠誠と両親への愛が同一に扱われ、小国民たらんとするように求められており、必要な場合には毅然として自己を祖国のために犠牲として捧げよと言われている。



幼稚園の指導者陣は幼児に「世界で最も純粋な民族に必要な」「愛国心と誇り」を植え付けようとしている。差別主義的な文書を保護者の家に送りつけて、「まるで日本人のようなふりをしている外国人」などと決めつけている。



またある文書では「私は差別はしておりません、しかしながら心中韓国人と中国人は嫌いです」と書いている。安倍首相のほうはといえば、著書『美しい日本』の中で彼は1930年代の社会の回帰を夢見ていたのだった。



彼が長年唱えてきた「愛国教育」を、塚本幼稚園は着々と準備してきており、拡大しようとしている。森友学園本部は私立小学校の設立計画を進めてきており、安倍昭恵夫人はその名誉校長への就任を承諾していたのだった。




森友学園は安倍政権のおかげで、新校舎の用地を見積額10億円弱のところ1億3400万円で手に入れている。しかも森友学園が主張するところによれば、86%もの割引が行われたのは、土地が汚染されてしまっていて処理のために10億円弱かかったからだという。



高まる批判のなかで、安倍首相は、自分と昭恵夫人は土地売買に関与していないと国会で断言している。万が一関与していた場合は、彼は政治家を辞めるとしている。


abed.jpg

2425.jpg

image.jpg


ワシントンポスト紙、「日本の首相は最大の危機に直面。このスキャンダルはいつでもすぐに消え去るという兆候を示さない。「モリトモ学園」が「安倍晋三記念小学校」になることを期待して土地を買収したことが明らかになった。



「大阪の幼稚園、在日韓国人を蔑視する内容のプリントを配布」と題してフィリピンのABSがそのまま報じている。その他各社も報道。東南アジアで警戒感が広がっている。




森友学園に関するその他の国際報道は、Japan Times, Mainichi, @tokyoreporter 位のようだ。なかでもTRは詳細で日本会議にも触れ、更に詳報も打っている。




『森友学園』国有地売却問題に関する国際報道。ロイターが続報を発信。『塚本幼稚園』がヘイトスピーチに類する発信を行ったことを謝罪したことに加え,安倍首相の国会質疑の件,「日本会議」との安倍内閣の関係もカバー。



トピックは4点。以下要約。『森友学園』国有地売却問題に関する国際報道。更に実はインドネシアのTribunNewsも13日時点で報道。「日本会議」のこともハッキリと書いてある。やはり右傾化する日本には親日国といわれる国でもアジアの国は警戒している。



日本のイメージダウン甚だしい。一日も早く、国会で答弁したとおりに、「美しい国」のために国会議員を辞職していただきたい。



ワシントンポストの記事は、フェイクニュース!」
と言い張ったものの、事実だと判明して、慌てて削除したフェイクニュース収集サイト


・ロイター(2月24日)
日本の総理大臣の妻は、政治的騒動の渦中にある学校との関係を断ち切る

・ガーディアン(2月24日付)
安倍晋三と彼の妻は、超国家主義の小学校とのつながりで追い詰められている

・フィナンシャル・タイムズ(2月23付)
日本の安倍首相は、大幅値下げした土地取引スキャンダルに引きずり込まれる
(※「Japan’s Abe pulled into scandal over cut-price land deal」でgoogle検索のこと)




国防総省の星条旗新聞(Stars and Stripes)の記事と写真が


示唆する「安倍一派」の決められた運命




そして、極め付きは、「スターズ・アンド・ストライプス」のこの記事だ。大見出しは、ワシントンポストと同じ。


【「スターズ・アンド・ストライプス」の記事の内容】


日本の首相は、不法な土地取引と(その取引に関する)事実を隠し、さらに、韓国と中国を"邪悪な国"だと言い張っている幼稚園側の根拠に乏しい主張などによってスキャンダルに巻き込まれている。


それは日に日に高まっており、首相の在任期間中最大の危機に直面している。



安倍晋三は、すべての不正行為を否定しており、妻の安倍昭恵は、騒動の渦中にある建設予定の小学校の"名誉校長"を辞任した。しかし、このスキャンダルは一向に収束する気配が見られない。



「この件については、非常に多くの疑惑があり、(安倍首相夫妻は)それに答えるべきだ」と言っているのは、上智大学の政治学の教授・中野晃一氏。



「安倍首相が直接関与していたかどうかは(今のところ)はっきりしていない。しかし、仮にそうでないとしても、この問題はダメージとなる」。



そもそも、このスキャンダルは、一地方のヘイト・スピーチに端を発している。


moritomo0223.jpg



大阪府豊中市に塚本幼稚園は、「在日韓国人と在日中国人は "悪い考え"を持っている」と書いた手紙を保護者たちに送っていた。


特に、中国人に対しては、軽蔑的な言葉を使って。
(途中省略)


この幼稚園の園長、籠池泰典は手紙を送ったことを認め、共同通信は、保護者から入手した手紙の内容を報じた。


スターズ・アンド・ストライプス」の記事を日本語に直すと優しい表現になるが、ニュアンスは「不正な安倍夫婦」と、もっとストレートな表現だ。




鴻池祥肇のこんにゃく芝居に騙されるな。

あれは、ただのズブズブ応援に過ぎない



d76d81924c426719bc5bd1f44a658946.jpg



ロシアサイトもでてます⇒ロシア/izvestia.ru

機械翻訳
それは間接的に安倍晋三首相と彼の妻が関与する政治スキャンダルを成長します。すべての先週の野党議員は、国の違法な土地のお得な情報への関与や論争の評判との非公式愛顧教育機関で最初のカップルをキャッチしようとしました。



スキャンダルは非常に真剣に日本の基準に登場しているが、専門家は、それは安倍晋三の辞任へ、あるいはその位置の著しい腐食につながらないだろうと信じている - 3月5日のプレミアパーティーメンバーは第三項のためのパーティのリーダーとしての在任期間の延長に賛成しました。



一方、主戦論者のバイアスと幼稚園の話は、おそらく氷山の一角にすぎませんでした。先週の初めに、それは既に恥保典Kagoykeが実際に4月にオープンする予定ともともと安倍を命名することが望まれる新しい学校にてわずかな収入のための土地を取得することができることを知られるようになりました。



これは、首相の名前が校舎への資金の回収を増加させることと考えられていました。安芸阿部 - もう一つのピリッと辛い詳細は、学校の名誉監督が正式に記載されている日本のファーストレディーたということでした。先日、彼女は後から彼女の辞任を発表しました。




2017年03月03日(金)


2008年というと、森友が安倍に小学校の話を持ち掛けたと言われている2007年の翌年になります。http://ameblo.jp/minakatario/entry-12248855301.html (森友学園10年の経緯ブログ)。



塚本幼稚園の講演会で鴻池氏は「園児たちの教育勅語の斉唱を見て泣きそうになった。ここの卒業生、出来たら孫のお嫁さんかお婿さんにお願いしたいと思います」と述べ、塚本幼稚園の教育方針を大絶賛しています。


o0660063113880376705.jpg



講演会の案内資料にも「次期総理に最も近いのが麻生太郎氏。その麻生氏にもっとも近いのが鴻池氏。しかるべき日には党で幹事長、または内閣で文部大臣」とあります。



ということは、学校法人を認可出来る立場のセンセ候補てことです。もしかして、麻生さんに講演を頼まれた?ほら、あれはデキレースな猿芝居ってわかりました〜。(*^^)v 麻生、安倍、鴻池 役者が揃いました。安倍さん、答弁をすり替えしまくり。卑怯ですね。



自民党の石破さんも、調査すべきと言ってますし、うやむやにすることなく安倍総理には責任を取って罪に服して欲しいものですね。



〇大阪地検の特捜部が動き始めたため、身の潔白と籠池泰典にすべての泥をかぶせる(安倍救済)ために開かれた記者会見。いわゆる、デキレース。





どっかの市場とおんなじでしょうか…。世界に恥をさらすこの国の代表・・・早くなんとかしろ。


非常に参考になるカレイド・スコープさんの森友学園不正に関する記事

記事引用は⇒〇金沢京子のブログ〇さんより






posted by キキ at 23:58 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げ切れると思っているとしたら安倍首相はおめでたい







森友学園問題を報じるテレビ報道の中で、安倍昭恵夫人が塚本幼稚園で講演している2年前の画像をテレビが流した。


驚いた。
その言葉に驚いただけではない。
安倍首相を応援するはずテレビが流したからだ。


そこで安倍昭恵夫人が何と言っていたか。

塚本幼稚園の教育方針を絶賛し、この教育方針こそ、今度出来る小学校(瑞穂の國記念小學校)に引き継がれなければいけないと語っていたのだ。
 


せっかく塚本幼稚園で培われたシンの通った園児が、ほかの小学校の教育によって台無しにされてはいけないと。
 


正確な表現は画像で確かめてもらいたいが、いわんとする趣旨はそういうことだ。
 


驚くべき憲法違反の発言だ。
軍国主義を賛美し、中国、韓国を蔑視する塚本幼稚園の教育方針が、いまの日本国憲法と、その下で作られた教育基本法違反であることは明らかだ。
 


昭恵夫人は明確に憲法違反、法律違反の発言を堂々と父兄の前で語っていたのだ。
 


それこそが名誉校長の証拠である。
頼まれて、嫌々引き受けたなどという安倍首相の国会答弁は真っ赤なウソだ。
教育方針に心酔して名誉校長になったのである。
 


安倍首相は何度も、妻や自分が直接関与していたら辞めると国会答弁で繰り返して来た。職を賭して答弁しているとまで国会答弁した。
 



野党が本気で安倍首相を辞任に追い込む気があるなら、


この昭恵夫人の画像を国会で取り上げ、名誉会長昭恵夫人の


国会招致を求め、国民の前で、あの2年前の講演で語られた


言葉の真意を、国民の前で追及すればいいのだ。

 



昭恵夫人は逃げられないだろう。
昭恵夫人は嫌気がさしてもう首相など辞めようと言い出すに違いない。
昭恵夫人がそう言い出せば安倍首相はひとたまりもない。
 


憲法9条を安倍首相に変えさせてはいけないと考えるこの国の過半数の国民は、今度こそ安倍夫妻に引導を渡さなければいけない(了)



abeshinzo.jpg



さてどう展開しますでしょうね。
これにより、株価を気にしておかないといけませんね。
残念なことに日本という国は、もはや優れた国とは認識されていません。世界では少しずつ、衰退しているおかしなトップが支配する国と理解が進んできていると思われます。


メディアがうまく?民衆を操り、似非日本人が都合よく民衆の目を曇らせてきました。卒業しなくてはなりません。天木直人氏や原田武夫氏はともに、元外交官。霞が関の中に大きなパイプを持っていると思われます。この人たちが発するところをイメージしてて損はないと思います。


今現在、国会中継では、森友学園の産業廃棄物写真のことについて質疑をやっています。民進藤末健三氏。そしてご夫人は逃げています。

天木直人のブログさんより







posted by キキ at 10:32 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年03月01日日本のお城







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
春は


「荒城の月」の歌が、朝から心地良く歌えています。
「春こうろうの花の宴〜〜」


この歌が直ぐに出て来る人は、私に近いお歳のことでしょう。


「もうすぐ春ですね〜〜」
この歌ならどうでしょう。


春は近付いています。
雪解けの川の水は冷たいのですが、山間部の雪の間から、蕗の薹がもうすぐ顔を出します。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/01


城は、私達に何を語りかけているのでしょう。


歴史の舞台になった城。
父は城の中で生まれました。高松にある高松城です。高松城は現在、跡を残すのみですが、秀吉の中国大返しの裏話を知っている気になる城にも思えます。



秀吉が覇者振りを発揮した大阪城の築城。8年の歳月をかけほぼ完成したものの、15年後まで強化工事をしていたといわれます。



でも、竣工後22年には大坂夏の陣で炎上、家康は大阪城を再建するも、秀吉が造った遺構は埋めてしまったとか。



伏見城で最期が近付く秀吉は、大阪城をどのような思いで見ていたのでしょう。
戦国時代の“城巡り”も、春の旅行プランに入れてみては如何でしょうか。



「一国一城の主」は、戦国の世に生きた男達の夢であったに違いがありません。



昨年の熊本大地震で傷を負ってしまった熊本城の元の名は「隈本城」。この城の城主になったのが加藤清正。城の名を改め、熊本城に変わります。ただ、西南戦争では天守が焼失して、昭和35年に復元されました。


この度も、一日も早い復元を望む城でもあります。


武田信玄にして落とせなかった小田原城。
北条氏が5代続いた居城。あの戦国の世に100年間居城であったのですから、この城には力強さがあるのでしょう。



行かれると、来て良かったと思える名城は幾つもありますが、長野県の松本城と上田城、そして愛知県の犬山城。子供の頃、姫路の叔母に会いに行く車窓から見た田園を染める白鷺は美しく、地元の人が姫路城を白鷺城と呼んだのがわかります。



島根の松江城、愛媛の松山城。
私が訪れた城は、今日も私達に何かを語りかけていると思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする