2016年08月23日

世見2016年08月23日今日も何を書いているのやら‥‥







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
明日に


後悔しないと言い切ったのは宮本武蔵。
私などは「後悔しません」とは言えません。



でもネ。
失敗や間違いを犯すから気付きも起きます。
今日は過去を振り返らず明日に向かってご一緒にニタッとしましょうよ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/8/23


「IMFが揺らぐ」
原稿に向かうと、いきなりこんな声が聞こえた。
「IMF」意味はわからないが書いておこう。



「FTAの数字が変わる」
「脱アメリカ」「メルコスール」が変動する時期に来た。



「CAN」は先行不安定。
チリの今後の動きに注目。

「原油価格」アメリカ市場で荒れる。
「アメリカ」ローン弾ける。

サブプライム問題より強烈。
アメリカの株価下落がブラジルを直撃。

石油の寿命は後43年。
タックス・ヘイブンに新たな手口登場。
ペニン山脈が二分するイギリス経済に赤信号。


ドイツの銀行は統合せざるを得ない。
日本の地方銀行は縮小される。


ノキアに異変が
フロストベルトは蘇らない。
アメリカとインドのIT産業に次なる手がスタートする。
ランパクシー社が狙うシブラ社。第一三共は振り回される。


沿岸部と内陸部の貧富の差が加速する中国。
カナダの小麦生産量には注意。


後15年もすると世界は水不足。
人口増加・工業化・農耕によって中国は干ばつが進む。


ゴールドマン・サックスの読みが外れる。
新疆ウイグル自治区のウイグル人は牢獄で暮らしているが動き出す。


都市鉱山で日本を立て直せ。
今日も何を書いているのやら‥‥。
もしかするとわかる人にはわかるのかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

世見2016年08月22日イスラム諸国は衛星を巧みに利用している







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
素直に


どんな出来事も言動から全てが始まります。


今日のご自分は昨日の続き。
少し前に問題が起きたとしたら、その前での何かが原因かもしれません。



突然の訃報や自分の行動が原因でない場合を除けばどのような出来事にもご自分の言動が反映しています。



だからと言ってどんなことも気にし過ぎてはエネルギーが落ちます。
もしも、ご自分に非があったならば素直になると運が開けると私は思います。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/8/22


衛星放送が人々を動かしているとしたら、あなたは何を思いますか?
不思議な世界の方は、イスラム圏諸国は衛星を巧みに利用しているといいます。



「アルジャジーラ」
放送局なのかどうかわからないのですが、何かが発信されている気がします。



「アルジャジーラ」
ありそうに思えるこの言葉です。
衛星の使い方ってどういうことなのでしょう。
気になったのでお伝えしておきます。



リオのオリンピックも終わりましたが、犯罪発生率はブラジルが第一位なのですって。


先進国の中では、日本も犯罪増加率が高くなっているのが現状です。



何が原因なのでしょう。
489人に1人しか医師がいないのが日本だそうですよ。
高齢者が多い日本。医師の数は心配になります。
今日は思いつくままにタラタラと書いています。
地震のことを心配していたら日本中に火種があります。



ただネ。
起きる確率について発表されていることがあるとしたら、「当たります」と言いたくなっています。



高い確率で起きると言われている地域の方は油断をしないでください。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

世見2016年08月21日日本は大きな策略に嵌る!?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
言葉は


人を差別するとどこかで自分も誰からか差別を受けている気がします。


馬鹿 阿呆 やっぱり
などは人から言われたくありません。



関西人が「阿呆」と云う時には次の意味がある時があります。



服に食べ物をこぼした時
「あほやなぁ〜」とか、大切なものをなくしても
「あほやなぁ〜」と言います。



人を蔑むと云うより、その人が失敗をした時にその人の気持ちになって使う時があります。
勿論、怒鳴る時も「あほ〜」と言います。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/8/21


時代時代に名を残した人々がいます。
でも、殆どの人が名を残すこともなく自分の人生を終えています。



『あの世の仕組み』と云う本を書いて思うことは、大切なのは“人生の終わり方”にある気がしています。



四十九年 一睡夢
一期栄華 一盃酒


上杉謙信は自分の人生をどのように思い、このような言葉を残したのでしょう。
49才で突然倒れて数日後に亡くなった謙信。生涯独身だった謙信の人生。



戦後の世に、宿敵信玄との出会い。
あの時代でなかったら、信玄とは親友として時の経つのを忘れていたかもしれません。



私いつも思うのです。
人との出会いには何かの意味があると。



「2.26事件」と突然書いても、この事件の内容を直ぐに思い出される方も少なくなったかもしれません。



今から79年前の7月、北京郊外の盧溝橋付近で日中両軍が衝突。
この事件をきっかけに日中戦争がはじまりました。



現在90才の方が11才の時の出来事です。
この頃のことを覚えておられる方も少ないかもしれません。
今日お伝えしたいことは、時代は変われども、盧溝橋事件のように戦争を仕掛けた人がいるということです。



今月は日本に原爆が落とされた悲しい月です。
8万4千人もの人が東京大空襲で亡くなりました。
米軍が沖縄に上陸して、20万もの尊い命が失われました。



現在、私達がこうして平穏に暮らせるのは、尊い命の犠牲の上でのことです。
よほど腹を据えてかからないと、日本は大きな策略に嵌る気がしています。



「ロッキード事件」この事件に類似する何かを今日は感じています。
私達が知るまでには時間が掛かるかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする