2019年04月01日

世見2019年4月1日お月様



★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
新入学の


2019年04月01日 (月曜日)

ピカピカの一年生が誕生する季節になると、毎年思い出します。両親が写真館へ連れて行ってくれたあの日が甦って来るのです。


母が作ったベストとスカートとブラウスを着て、ランドセルを背負った私は、何を思っていたのでしょう。


今では誰もがカメラマン。食事の前にスマホで料理をパチリ、あちらこちらでパチリと写しますが、ほんのこの間までは、写真屋さんで記念写真を撮ってもらっていました。


あなたにもあった小学一年生。
今日は、あの頃を思い出しながら、心の洗濯をなさってみては如何でしょう。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年4月1日 お月様


月の地形には、もうすでに名前が付いています。
虹の入江、露の入江、熱の入江、中央の入江、雨の海、氷の海、晴の海、静かな海、豊かな海、神酒の海、蒸気の海、雲の海、しめりの海、死の湖、夢の湖、嵐の大洋‥‥という名まであります。


お月様が大きくなる日には、私達は肉眼でもその表面の模様を見ることが出来ます。


この模様に名前が付けられたのは、望遠鏡が出来てからだそうですよ。
イタリアの有名な二人の方が月面図を描いた中には、250個の地名が書かれていて、その殆どが現在も使われているのです。


お月様を見て、暗く見えるところがあったら、「海」と呼ばれているんだなぁと思って見てください。


アポロ11号が着陸して、人類が初めて足跡を残したと言われるのが「静かな海」です。


お月様を見て、暗くて平坦に見える所に人類の足跡がある、と思うだけで、お月様が近くになった気がします。


大きなクレーターには、著名な天文学者や数学者、哲学者の名前が付けられています。


裏側には日本人の名前もあるのですよ。
お月様の見方が少しは変わりましたか?
お月様は太陽の光を反射しています。
太陽に向いた面だけが明るく見えるので、お月様が太陽光をどのように受けているのか、お月様の形でわかります。


明るく見えるお月様の姿は太陽の光なのだ、と思ってお月様を眺めるのも、楽しいと思いますよ。


地球を挟んでの太陽とお月様の関係が、満月になったり、新月になったりするのですから、お月様も太陽も、私達が住む地球も、皆この宇宙で生きているのを感じます。


月の満ち欠けと月明りを夜の照明として利用していた昔の人にとって、お月様は夜には大切な存在だったのです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

世見2019年3月31日 韓国の闇


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
幸せ


2019年03月31日 (日曜日)

今、私のお気に入りの曲が流れています。
コーヒーもお気に入りのカップに収まっています。
窓辺には、育てている花々が今日もニッコリと微笑みながら、私と一緒に音の調べを楽しんでいます。


この世の楽園は、今ここにあります。
これ以上、私は何を望めばいいのでしょうか。
幸せとは、満足できることを認識することだと思います。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年3月31日  韓国の闇


アメリカからも中国からも信用されてない国、韓国。
朝鮮半島の行方は、日本にとっても重要なポイントです。
アメリカからも中国からも信頼されぬ理由がきっとあるはずです。


カルト教団の娘と言われた崔順実は、朴槿恵前大統領に凄まじいまでの影響を与えた、という報道が囁かれ始めたのが、2015年の1月上旬のことでした。


2016年の7月以降、女性大統領の弱さを見ることになって行きました。
このことが原因で、2017年の5月、新大統領に文在寅が決まった。


日韓関係に、寒々しい冬が来たのです。
選挙の時の各候補者は、反日をアピールしたといいます。
本当に韓国の人は日本を敵くらいに思っているのでしょうか?
それとも金蔓と思い込んでいるのでしょうか?


財閥の力で、開発途上国から近代国家へと成長した韓国ですが、現実味を感じるのは韓国経済の崩壊です。


2014年の過積載によるセオル号転覆事故を見ても、船員の過失は特に大きいというより、国民性と言ったら言い過ぎかもしれないが、結果から見るとそんな風に思いたくもなる。


この事故の対応のまずさも、朴槿恵前大統領の素顔を国民に見せたことになる気もします。

住宅ローンが国民の経済を圧迫しているのも心配です。
韓国の若者達は、貧困の格差に嫌気が差しているのも感じるのです。
「人脈とコネ」の社会‥‥、韓国の若者達はどうもこのように思っているのも気になるのです。


一番心が痛むのが、韓国軍の死者です。
戦争をしていないのに、悲しいことに自殺者が4日に1人出ているというデータも出たようです。


私の大好きな韓流ドラマ。日本は、どうすれば韓国と仲良くなれるのでしょう。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

世見2019年3月24日今年はインドがポイント?


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
迷いは


2019年03月24日 (日曜日)

迷い事がある人に、私は「どうなりたいの」とお聞きしています。
意外と「どうなりたいか」を即答出来る人が少ないのには驚きます。
恋の最終目的が結婚だとしたら、「結婚」と直ぐに答えが出るはずです。


ところが、迷いが生じる人の心の裏側に、結婚はしたい反面、結婚後の不安が心配のようなのです。


と言うことは、自分でも結婚したいのかしたくないのかがハッキリしていないからだと思うのです。


今迷い事がある人は、「どうなりたいか」くらいはハッキリしてから迷われたら如何ですか。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年3月24日 今年はインドがポイント?


今年はインドがポイント
昨年、サウジアラビアで女性の自動車運転が解禁になった時には、驚いたというより淋しくなったのを思い出します。


私達は、まだまだ女性の権利や地位が軽く見られている国があることを覚えておかないといけない気がします。


今年はインドに焦点を合わす年です。9億人もの人がどのような思いで選挙をするのかがポイントです。


インドはアジアの国のひとつです。
主要言語はヒンディー語以外に21もあると言います。
首相はナレンドラ・モディ。
エネルギー消費量も多い国です。
インドに暮らす日本人も多いと聞きます。
肥満の人と飢餓に苦しむ人が多いのもこの国です。


インドの平均寿命は68.56歳と低く、このことからもインドが見えて来ます。
人口は13.39億人もいるのに、インドの総選挙は有権者9億人しかいないのがビックリです。


中国とインドの国境は、今インドが実効支配していますが、いつ火を噴くかわかりません。中国は着々と実行に移しています。


中国とインドが紛争を始めたら、日本はどのような影響を受けるのでしょうか。


徴兵制がある国インド。
インドが向かう先にあるものは何なのでしょう。
軍事力に力を入れるのには理由があります。
核弾頭だってかなりの数を持っています。
今世界に核弾頭がどれだけの数があるのでしょう。
何かひとつ間違えると、世界は戦闘態勢に入るのでしょうか。


軍事費が増加する意味とは。
日本も軍事費が増加している国です。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする