2017年07月27日

世見2017年07月27日アルキメデス/秦始皇帝







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/07/27


人は必ず死を迎えます。
大切な人の死は、残された人々を悲しみに包みます。
二度と語り合うことも、触れる事も、見ることも出来ぬ寂しさは、何ものにも代え難く、辛い現実です。


死はいつやって来るのかわかりません。
天才数学者のアルキメデスでさえも、自分の最後はまさかの終わり方でした。


「エウレーカ」と今聞こえましたが意味はわかりませんし、何語かもわかりません。


アルキメデスの原理は有名ですが、彼が入浴中に発見したお話も有名です。
彼は裸で街中を走り回ったという伝説は、彼の性格をあらわしているのでしょう。


今なら問題になりますが‥‥。
ローマ兵に殺されてしまったアルキメデス。
もしも、もう少し生きていたら、どのような閃きがあったことか。
でも、もしかすると彼のこの世での役割はこれまでだったのかもしれません。


秦始皇帝は、人の命を弄んだ一人でもあったと思っています。
陵墓を造るために動員した70万人の大半を、陵墓の秘密を守るために殺してしまっています。


始皇帝は、死後も宮殿で生活をするために、地下に驚くばかりの都市にも思える宮殿を造っていると、私は思い込んでいるのです。


約70万人の労働者の死も、彼の死後、自分を守らせるためのものであったようにも思っています。


39年の歳月は決して短くはありません。墳丘と言うのですか、この下には驚きの世界が眠っていると思っているのです。


地下に8階建ての建築物が眠っているようにも思っているのです。
昔の人の人力は、まさに神技です。
多くの命が消えたこの場所に、始皇帝は眠ってはいません。


―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
野草に


道端に名も知らない花が咲いていました。
雑草と呼ばれる花達。
彼らにも名前があります。


最近は舗装され過ぎて雑草も少なくなりました。
レンゲ草がいっぱい咲いていた昔が懐かしい。
身近から自然の美しさが失われているのですネ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

フランス南東部山火事1万人避難2017年7月25日








フランス南東部で山火事による深刻な被害が出ています。

フランスのリビエラとコルシカで激しい山火事が広がり、南フランスでは休暇を含む数千人の人々が避難しています。地方自治体と当局者は、火災の影響を受ける地域は「黙示録的な場面」に似ていると言います。


フランスのすべてが動員されています。
7月中旬、エックスアンプロヴァンス近郊の800ヘクタールの土地で車から投げ出されたタバコの火がついたと思われる火災が発生しました。


消防署の関係者は、「山火事によって少なくとも1万人以上の避難者がいる。それは夏に人口が2倍または3倍になる地域だ」と消防署関係者は AFPに話していますプロヴァンス=アルプス=コートジオ地区のボルム・レ・ミモザス'南東のAzur地方のフランスにおいてです。



f33.JPG

pri_47684751.jpg

5978532fdda4c85e098b4567.jpg

pri_47734968-e1501054439124.jpg

pri_47676484.jpg
南フランスラマチュエルの森林火災に続く燃え尽きた車の残骸



複数の道路が切断されています。火は民家にまで迫ってきています。
500人の住民が避難させられている町もあります。うっそうとした森が広がる町では、強い風も吹いているため消火活動は難航しています。2日間以上も消火活動を行っている消防隊にも疲労が濃くなっています。


バール県の消火活動の消防隊員は、7人の隊員が負傷しています。やけどを負っていますが命に別状はないようです。消火活動は日没まで続けられます。合わせて20人ほどの消防隊員が負傷しています。


上空からの消火活動ができないため、隊員らは地上で火と戦うしかありません。頂上付近でよる消火活動をする消防士は、「頂上にいますが、火が下から勢いをまして、迫ってきています。このあとまた下に向かっていきそうです」。


300人が避難し、キャンプ場、別荘に滞在していた人たちは近隣のラマチュエルの集会所で過ごしています。みな瞬く間に火の手があがり、全てがすごいスピードで、避難するのがやっとで、何をすべきかわからず、荷物も財布も皆残してきた人ばかりです。


火は夜から朝にかけて広がりました。民家が焼け、500ヘクタールが消失しました。


火曜日には、12機のCanadair飛行機を含む23の水上爆撃機と11機のヘリコプターが火災の消化へ動員されたと内務省はTwitterに書いています。ジェラルド・コロンブ内相は、4,000人近くの消防士が配備されたと述べました。


バルッケンでは時速80キロの強風がくすぶっている火をさらに大きくしています。午後から気温が上がり、風が強いため、あちこちで火の手が上がります。気温の上昇と新たなる火の広がりとに消防隊員は戦っています。


フランスのブリュウの新聞によると、有名なサントロペのリゾートLa Croix-Valmerの火災で500ヘクタールの土地が消失したと書かれています。


カロスの市長チャールズ・シベッタ(Charles Scibetta)は、 ニースのリゾート街に近い場所について、町は今や「月の景観」に似ていると語ったということです。

<関連記事>
コルシカ島森林火災は放火2000ヘクタール2017年7月25日

メトロ
www.rt.com






posted by キキ at 00:00 | 災害・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年07月26日地図を広げて







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/07/26


私は、地図を見たり触ったりするのが好きです。
地図は確かにただの紙ですが、この地図の先には人々が住み、他の生命も息づいているのかと思うと嬉しくなって来ます。


日本という国の面白さは、現在の都道府県の線引きにも不思議を感じますが、それよりも昔の地図の線引きには魅力を感じてしまいます。


私が魅力を感じる理由は、実に地下の性格と申しますか、気質と申しますか、よくもまぁ〜これほどまでにわかったことと思いたくなるほどなのです。


「大宝律令」=701年
これは、数少ない私が覚えている歴史年号なのですが、この時日本が中央集権国家として地方を区分した改革の年でした。


九州から東北までを、五畿七道に分けました。
その中に令制国を置き、郡や里をつくりました。
その後123年をかけて60国2島を選出したのです。


この線引きは、なぁんと千年以上も行政区分が続いたのですから、日本って凄い国です。


江戸末期まで千年以上の長期に渡り、日本は地下のエネルギーの区分もしていたようにも思っています。


あなたがお住まいの場所は、昔の地図で見るとどこにあたりますか。
昔の地図にはその地の習慣や風習があり、代々そこに住んでいなくても、地力は今も健在に思っています。


明治になってから廃藩置県というのが行われ、現在の47都道府県になりました。


私が住む埼玉県は昔、武蔵と呼ばれていました。
東京はありません。東京も武蔵だったのです。
地図ひとつで楽しめる私ですが、あなたも一度地図を広げて見ては如何ですか。
ご自分が生きている場所ですから!


(追記)
人は死を迎えると全てが消滅するとしたらどのように死を受け止めればいいのでしょう。


又、会いたいと思う亡くなった人との再会も果たせないとしたら、この世とはどのような位置付けなのでしょう。


こんな疑念が前作の「聞いてびっくりあの世の仕組」を書き上げてから私の心を独占してしまいました。


それと、書き足らない何かも胸の奥にありました。
昨年の10月頃から再度チャレンジすべく時折々不思議な世界の方に教えられるあの世のことを書き留めてやっと書き上げたのが『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』です。


この本が東邦出版からは発売されました!
この度の本の内容の中には誰もがどこかで感じ取れている気がする守り神の存在も書かせていただいています。


あの世の真相にも迫れたとも思っています。
8ヶ月かけて書き上げた力作がやっと出来上がりました。
是非、お読みいただきたく思います。

―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
体重が


ラジオ体操を一年間続けて10キロ痩せた人のお話を聞いて、私も頑張ってみたのですが、けっこう効いているのがわかります。


「体脂肪が気になる方向けのお茶も飲んでみたのですが効果はありません」


こんなことを話したら、
「あら よかったネ。体重が増えないだけでもいいじゃない」
と言われてしまいました。


あなたもラジオ体操をやってみては如何ですか!







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする