2018年08月12日

世見2018年8月12日ノアの洪水


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
自分


2018年08月12日 (日曜日)

私は私でしかない。
この顔とも齢の数だけお付き合いをしている。


幼い頃の顔は写真でしか思い出せない。
指も随分と太くなった。
肉体は変化を続けていますが、
私は私でしかありません。
あなた様もこの世でたった一つの存在です。


だからね。
自分のことを大切にしましょうよ。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/8/12 ノアの洪水


神様方は長寿が多い。
最高級のご長寿はインドのジャイナ教の神話に登場する神様で、84億歳だと言われているのですって。


ところがです。アマテラスオオヒノ神の皇子は、260億2万1080歳だったというのですから驚きです。


あの方舟で有名なノアは、500歳の時にセム、ハム、ヤペテという3人の息子を産んだと言われるのですから凄過ぎます。


神様と人間の混血が神々の寿命を縮めたのかもしれませんが、神々の寿命も短くなっていったようです。


夢で見たのか、不思議な世界の方に教わったのかは覚えていないのですが、心のどこかに忘れずに残っている話が、


「日神 月神が降臨して住まわれたのは飛騨地方でこの地にはクロヒトと呼ばれる人もいたので地名が黒石とついた」


というものです。
黒石の由来は、まさか人から来ていると思いませんが、クロヒト(黒人)が我国に住んでいたとしたら、益々、地球はひとつの家族です。


気が遠くなる大昔、日本列島は亜熱帯気候だったのかもしれません。
伊豆七島だって陸続きだったかもしれませんし、朝鮮半島だって九州からはポイと加速すると渡れた気さえします。


誰が言ったのか、長野県の皆神山は地球のお臍だとも言われています。
こうして、昔どなたかが伝えたかったことが文書として残っているとしたら、やはり興味が湧いて来ます。


そもそも、「ノアの洪水のお話はバビロニアの神話です」と、不思議な世界の方は言われますが、バビロニアとはどこなのかさえわかりません。ただ、世界規模の大洪水が起きたのは事実に思えて来るのです。


北極の氷が溶けてしまった後、ノアの洪水は現実になるかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 00:00 | 世見2018年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

世見2018年8月11日大震災


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
言葉


2018年08月11日 (土曜日)

心に沁みる言葉とは、その時の心情によるところが大きいかも知れませんね。


 世界は鏡なり
 心するがよい
 この世界の全ては鏡であり
 それぞれのかけらの中で
 幾百もの太陽が燃え立っているのだ


どこかで読んだこんな一節を思い出す。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/8/11 大震災


もはや異常とは思えない気象状況。
世界規模で、大災害が次から次にやってくる時代を迎えてしまっています。


この地球に住む人間が、地球家族としてCO2の問題にどのような答を出すかに掛かっているのが現実です。


2030年頃までには、私達はもっと悲惨な大災害を体験することになると思われます。私達は我身の保全を重要視しがちですが、地球星に住む一人であることを忘れ過ぎているために、益々温暖化が進み、北極熊の悲壮な叫び声も耳に入らずに暮らしていくのかと思うと悲しくなりますが、いったい何が出来るのかと考えてみてもわかりません。


ただ、日本に住む人の中に、災害をキャッチ出来る能力を開花させた人々が日増しに増えているのを感じます。


神の国といわれた日本の地には、自然界の息づきを感じ取れる人々も多くおられるのだと思います。


どこに起きても大災害は困ります。
今から95年前の9月1日に起きた関東大震災を体験された方が、現在何人おられるのでしょう。


又、その時のことを鮮明に覚えておられる方も、95年という歳月ではお聞きすることも難しいかも知れません。


関東大震災が起きた日は土曜日でした。
ゆっくりと揺れ始めたと言われています。そして、15秒後の大激震が人々を恐怖へと導きました。


大地の揺れは2分も続きました。
関東大震災から、私達は何を学べばよいのでしょうか。


いつ起きるかわからない直下型地震。
関東、甲信越は、地下が大騒ぎをしたがっているのかもしれません。


千葉と茨城の沖だけではなく、私達はこうした地震に備える心構えだけは忘れずにいたいと思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 00:00 | 世見2018年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

世見2018年8月10日人口が増加する中国、減少する日本


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
大切な人に


2018年08月10日 (金曜日)

お盆が近付くと、両親が帰宅しても喜んでもらうために、部屋をいつもより丁寧に掃除をします。
本当のところ、お盆だけに帰ってくるのではなく、毎日あの世から両親が通勤してくれると嬉しいと思っています。


通勤と書くと仕事をするための出勤みたいですが、なぁんでもいいの。
いつもいつもあの世とこの世を往復してくれると私は嬉しいのです。
あなたもあの世におられる大切な人には日参して欲しいでしょう?



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/8/10 人口が増加する中国、減少する日本


「核心」の位置付けと今こうして書いても、何のことと思われる人も多いかも知れません。中国の習近平国家主席が、党内で別格の存在を示す言葉が「核心」です。


ケ小平、江沢民との戦いが始まっている合図の言葉なのかもしれません。
いつの時代でも、政治は力のあるものが勝つ仕組みなのかもしれませんが、負けることもあるのが政治。国民をないがしろにするとしっぺ返しのお仕置きが待っていることも、過去の歴史をみるとわかります。


北京の人口はこれからも過密化が進むでしょう。
大気汚染だけではなく、住宅不足から、日本では考えられない建造物もあると思い込んでもいます。映画で見たシーンのように、高層階に取り残される火災も起きる気もしています。


勿論、北京だけではありません。人口増加による交通渋滞も大変な課題で、何らかの要因が重なって高速道路が崩落する事故が起きる気もします。上海、天津、雄安新区、武漢、広州に深圳と、今後人を移動させる作戦が練られている気がしますが、上海はすでにいっぱい。


新しい所へ北京の何か(人かなぁ)を移すのですが、何かしら役員の中での儲け話に火が点いているのがわかります。


中国の平均寿命は75.99歳
この平均寿命から、中国の事情も見えて来ます。
日本では国民の数が、前年より約16万人減っています。
人口から私達は未来を見ることが出来るのです。


外国人住民が現在進行系で増えていて、前年では15万人も増え、232万人もの人が日本に住んでいます。


日本では起きなかったような何かが起きる日が来るのが心配ですが、人口減少は、私達日本人がつくり出したことでもあります。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 00:00 | 世見2018年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする