2017年02月25日

世見2017年02月25日あの世と相対性理論?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
一人旅


旅に出たくなる日があります。
一人旅に憧れる私です。


実行には中々移せません。
きっと「旅に出たい」と思うのと実行とは別の考えなのでしょう。



人って、思うのも自由だし、実行するのも自由。
でも、心が朗らかになるためなら行動力をアップさせるのが大事。
私は、春になったら一人旅に出てみようと思います。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/25


私は「宇宙」と聞くだけで心が躍ります。
「ホーキング宇宙を語る」だったかなぁ〜。タイトルは忘れましたが、随分と前にホーキングの本を読んだ時は宇宙が身近に感じた思いになりました。でも、内容は全てどこかに飛んで行ってしまいました。



車イスの天才物理学者、スティーブン・ホーキング。何故彼のような天才が誕生するのか。その鍵は“あの世”にあり、と不思議な世界の方のお話から感じ取れて、現在進行形で『あの世の仕組み』第二弾を執筆中です。



こんな面白いお話を不思議な世界の方から教えてもらいました。
「私達の一日の時間は?」と問われると、即座に24時間と答えますが、宇宙船の中では地球の時間の進み方よりゆっくりと進むようです。



あの世の存在を信じるか信じないかは読み手の思いと重なります。以前この世見でもお伝えしましたし、『月刊ムー』の新年号でもお読みいただけたかと思いますが、2015年のニューヨーク物語は、私にあの世のあることを証明していただいたと思っています。



アインシュタインの相対性理論。こんな言葉を書くだけでも「なんだこれ」感がある私なのに、「あの世の謎解きには相対性理論あり」と書きたくなるのです。



新幹線に乗り、イスに座っていると虫が飛んでいました。時速300キロは出ているであろう新幹線内で自由に飛ぶ虫。いったい何キロで飛んでいるのだろうと不思議感満載でした。



この世で生きていると当たり前になっていることだらけですが、身近には「?」マークを付けたくなる現象は幾つもあります。



私達はこうして地球星に住み、個人的な思いの日々を続けていますが、宇宙に目をやると、宇宙は膨張あるいは収縮を続ける巨大生物にも思えます。



今日は、「自分も宇宙の中の生物の一つだ」と思ってみてください。心が何故か大きく思えることでしょう。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

アベ怯えている?辞任かも?森友学園による国有地購入問題で会計検査院が検査を実施する予定





















日経新聞より転載
「大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として大阪府豊中市の国有地を評価額より大幅に安く取得した問題に関し、河戸光彦会計検査院長は23日、衆院予算委員会で「一連の事実関係を確認し、国会の議論も踏まえて正確性、経済性等の多角的な観点から検査を実施したい」と述べた。



民進党の福島伸享氏への答弁。国が見積もった用地のごみ撤去費8億円余りや、経緯が不透明な売買に税金の無駄遣いがなかったか検査に乗り出す。

 

これに先立ち、麻生太郎副総理兼財務相は予算委の分科会で、国有地の売却は「適正な手続きによって処分を行った。政治家による不当な介入はない」と強調。野党は「不透明な点が多い」(民進党幹部)として、安倍晋三首相が出席する24日の衆院予算委の集中審議などで追及する構え。民進党の蓮舫代表は、森友学園の籠池泰典理事長を国会に参考人招致するよう重ねて求めた。

 

4月に開設される予定の小学校の名誉校長は、首相夫人の昭恵さんが務める。民進党の今井雅人氏は学園が「安倍晋三記念小学校」との名前を使って寄付金を集めていたとした上で、「広告塔に使われている。問題が起きたら夫人だけでなく首相の連帯責任になる」とくぎを刺した。」日経新聞より



playboy0306.jpg



今頃、ビビってるんじゃないでしょうか。
やっぱり最後は逃げるんでしょうかね。
それにしても、よくまあここまでひどい政権とマスコミもあったもので…。
何もできないのが本当に悔しい。




週刊プレイボーイ3月6日号に掲載されたのは、

国有地を激安でゲットした大阪「神道」学園のヤバすぎる実態‼

と題された内容です。



●国有地、疑惑の「8億円引き」

今どきの園児に教育勅語や軍歌を唱和させる---。
そんな愛国教育で地元では知られる塚本幼稚園幼児教育学園(大阪市淀川区)の経営母体、森友学園が、この4月に開校予定の「瑞穂の國記念小學院」でスキャンダルに揺れている。
 


昨年6月、森友学園は学校用地として大阪府豊中市の国有地8770u(注、大阪府豊中市野田町10)を購入し たのだが、その払い下げ価格が近隣の国有地(9492u)の売却額の10分の1ほどの激安価格だったことが発覚した。
 


この問題を追及する木村真・豊中市議が説明する。
「この土地はもともと、豊中市が防災公園として整備しようと、国に貸与を 打診していたんです。しかし、国は市に買い取りを求めたため、仕方なく敷地の半分を買って公園にしたという経緯があります。



ところが昨年、森友学園が残り半分を買い取ったと聞きつけ、近畿財務局に売買契約の公開請求をしたところ、売却額の欄などが黒塗りだらけだったんです。これはおかしいと売却額の公表を求めたところ、不動産鑑定士が9億5600万円と評価をした土地を、国はわずか1億3400万円で森友学園に払い下げていたことがわかったのです」
 


その差額、実に8億2200万円! 
いくらなんでも安すぎる。これでは「国と学園が裏で不正な取引をしたのではないか?」との疑惑が浮上するのも当然だ。



全国紙の政治部記者が言う。
「森友学園の籠池泰典理事長は、『日本会議Jの大阪支部の幹部。日本会議 は憲法改正や天皇の靖国神社親拝などを目指す団体で、安倍首相とも親密な関係を築いている。その幹部である籠池理事長に口説かれて、名誉校長に就任するのが首相夫人の昭恵さんです。
 



しかも、森友学園が配った小学校設立資金の寄付用紙には「安倍晋三記念小学校」の文字があります。籠池理事長は当初、首相の名前を冠した日本初の神道系小学校を設立するつもりだったのです。こうした事実から、政権が財務省に口利きをし、国有地を森友学園に格安で払い下げたのではないかの疑念も生じているのです」
 



ベストセラー「日本会議の研究」(扶桑社新書) の著者である菅野完氏も こう指摘する。
「8億円のディスカウントも異例ですが、小学校認可のプロセスもプンプンにおいます。瑞穂の國記念小學院は平成26年12月18日に開かれた大阪府教委の私学審議会で、「申請内容に確認すべき点がある」として、小学校設置申請を一度却下されているんです。
 



ところが、そのわずか1ヵ月後の平成27年1月27日に、なぜか、大阪府教委の私学審議会がわざわざ臨時会を開いて「認可適当と認める」という結論をし、新小学校の設立にゴーサインを出してしまいました。




当時の文科省のトップは下村博文大臣で、大阪府のトップは松井一郎府知事。ふたりとも日本会議と極めて近しい関係にあります。森友学園が愛国教育を行なうのは自由です。


しかし、この急転直下の設置認可に政治権力が介入していたとするなら、それは問題にされるべきでしょう」



●トラブルだらけの”愛国幼稚園”

スキャンダルに揺れているのは新設予定の小学校だけではない。森友学園が運営してきた前述の塚本幼稚園でもさまざまなトラブルが多発しているのだ。
 


かつて子供を塚本幼稚園に通わせていた保護者がこう明かす。 「幼稚園なのに、英語や剣道、ラグビーまで教えるというカリキュラムの豊富さに魅力を感じてわが子を入園させたものの、実際には年長組を対象に月一度の授業があるくらい。中止になったカリキュラムも少なくない。



そのため、期待外れと途中で退園する親御さんが少なくないんです。そのほかにも幼稚園に運営改善を求めたら、退園を迫られたというケースも少なくありません。そうした親御さんが集まって、『T(塚本)幼稚園退園者の会』が結成されているほどです」
 


この会のホームページは、トップページにこんな呼びかけ文をアップしている。
 
「T(塚本)幼稚園を不当に退園・退職させられた方!・ひとりで悩まず、 共に情報を共有しませんか? お問合せから連絡ください」
 


いったい、どのようなトラブルが発生しているのか?
「PTA会費の扱いをめぐり、園側ともめている」と証言するのは会員のAさんだ。
 


「PTA会費の決算書をもらったんですが、予算と実際の使用金額がまったく同じ。それだけでもありえないのに、バザーの収益金が収入に記入されていない一方で、教員研修や園児の内科検診費、給食費など、本来なら園の運営費から支払うべき金額がPTA会費から支出されているなど、もうメチャクチヤなんです。あまりにいいかげんな決算なので園に説明を求めたのですが、なしのつぶて。返答はありませんでした」
 

この証言が事実なら、園のPTA会費の不正流用が疑われるわけだ。Aさんが続ける。
 


「そのような疑問を持つ保護者が多数いるのに、翌年も同じようなPTA会費の決算書を出してきたのにはあきれました。そこでPTA会費の支払いを拒否して、旅池理事長に会費の使用明細の提出を求めたのですが、『そんなものはない』の一点張りでした」
 


するとその後、しばらくしてAさんの元に、寵池理事長の妻でもある、副園長から直筆の手紙(次ページ右上の写真)が届いたという。その文面を紹介しよう。


moritomo0223.jpg
 


「○○(Aさんのこと)いいかげんにしろ‼業は自分で作るもの。みんな自分に全智全能があることに気付くために失敗の壁をこえ乍ら成長するもの園長は本当に欲がなくすばらしい人である。社会貢献しているつもり すなおになれ‼大阪府庁にTELしたらあかん。きりかえて‼がんばれ!副園長」
 


Aさんが苦笑する。
「読んでも意味不明で困ってしまいました。理解できたのは『大阪府庁にTELしたらあかん』の部分くらいでしょうか。それで無視していると、しばらくして副園長から電話があり、『退園してもらいます』と通告されてしまいました」




●副園長が保護者に宛てた"ヘイト手紙"

 
卒園アルバムの強制購入をめぐっても、ひと悶着が起きているという。会員のBさんが言う。「卒園生以外の年中組、年少組に対しても、園は購入を求めてくるんです。



もし兄弟で通っていたら、一家で2冊買う羽目になる。アルバムは一冊2万円近くもするので『いりません』と答えたところ、『だったら、園を辞めてください』と脅されました。実際にアルバムの購入を断って、退園に追い込まれた家庭もあります」
 


園の行事などで、理事長や副園長がしばしば発するヘイトスピーチまがいの 発言も物議を醸している。
 


保護者のひとりがこう証言する。
「日本国籍を取得した韓国出身のお母さんに向けて、副園長が『心中 韓国人と中国人は嫌いです』と書いた手紙を送りつけたそうです。園のホームページにも『ネットに当園の誹謗中傷記事を投稿している』として、『専門機関による調査の結果、投稿者は(当園に)巧妙に潜り込んだK国・C国人等の元不良保護者であることがわかりました』との一文を載せています。K国は韓国、C国が中国であることは明らかです」
 


別の保護者もこうつけ加える。
「理事長と副園長は普段から中国人、韓国人が嫌いと公言しています。運動会などのあいさつでも、両国を非難するヘイトスピーチまがいの内容をよく話します。自分が嫌いなのは構いませんが、その主張を園児や保護者に押しつけるのはやりすぎでしょう」
 


●籠池理事長が漏らした本音”

噴出する数々の疑惑、批判に対して森友学園側はどぅ答えるのか? 籠池泰典理事長と酒井康生顧問弁護士を直撃した。


――小学校予定地が相場よりも8億円も安く買えだのは、地下に廃材や生活ゴミが埋められており、財務省がその撤去費用8億1900万円を差し引いた金額を提示したからと報道されています。



酒井弁護士 
廃材や家庭ゴミが地下深くに埋まっていることがわかっだのだから、地価が下がるのは当たり前です。それで国に値段を聞いたら、1億3400万円という価格が提示されたので、その値段で買ったまでです。値段交渉なんて
していないし、ましてや安倍政権に何か頼んで、不正に払い下げ価格を安くしてもらったなんてことは一切ありません。
 


今は杭を打った周辺のゴミを撤去しただけなので1億円で済んでいますが、 地中のすべてのゴミを産廃物として処理すれば、8億円はかかるのでは。




――で はなぜ、売買価格を非公開にしたんですか?

籠池 国の担当者から「価格は非 公開にもできます」と聞かされたんです。自宅の購入価格なんて、誰も周りに公表したくないのと同じ。軽い気持ちで「非公開でいいのなら、それでお願いします」と(担当者に伝えた)。その程度のことだったんです。



――塚本幼稚園の 退園者から、理事長らの対応に厳しい批判の声が上がっています。

籠池 
退園した人たちはわれわれの教育のやり方に乗っていけなかった人たちばかりやから。まあ、落ちこぼれたんでしょうねえ。われわれの幼稚園が(批判を浴びるような)不届きなことをするはずがない。受け取りようの問題なんでしょう。



――卒園アルバムの購入を断つただけで、退園を迫るのはいきすぎでは?

酒井弁護士 
兄弟で2冊買わされた家庭もありますが、それは成長して自立したときに、それぞれの卒園生の手元にアルバムが1冊ずつあるのが望ましいという考えからです。退園については、その条件などは入園前に告知しております。



――退園者が批判 しているような事実はない?

酒井弁護士 
完全な誇張になっています。裁判を控えているので詳しくはしゃべれませんが、事実を明らかにして退園者の方が事実と違うことをおっしゃっているということを、きちんと立証していく話だと思っています。

                

学園サイドはこのように巷の疑念や退園者の批判に反論した。
では、果たして“日本初の神道小学校”は無事に4月の開校を迎えることができるのか? 



前出の木村市議がこう心配する。
「塚本幼稚園は定員315名なのに、園児数は158人(16年5月現在)。大阪市 の幼稚園の平均定員充足率である約70%に比べると、20%近くも低い。一学年の人数も51人ほどで、仮にこの51人がすべて新小学校(一学年募集人員80名)に進学しても、それとは別に30名もの新入生を集めないと定員に満たない計算です。森友学園の自己資本は8億円ほどにすぎません。定員割れが続けば、開校したものの即閉校なんてことになりかねません」

 

前出の菅野氏もうなずく。
「幼稚園の経営さえうまくいっていないのに、なぜ、さらに資金のかかる新小学校の設立に乗り出したのか? 安易に設置認可を出した大阪府、不透明な払い下げを行なった近畿財務局など、行政の対応にも疑問符がつきます」



本当にこんなんで子供たちにまともな教育ができるのだろうか? 
安倍アッキーも名誉校長の就任、もう一度考え直したほうがいいかもしれないよ。
週刊プレイボーイ3月6日号より


森友学園理事長の旅池泰典氏は「日本会議」の幹部。



「週刊現代」によるスクープ記事が出る直前に退陣ってありましたよねぇ。
第1次政権を退陣したと同じく…。

トランプ大統領、ドゥテルテ大統領、イギリスEU離脱、そしてフランス・ルペン氏…ドイツメルケル首相のマルク回帰発言まで、今までなかったような流れができてきているように思います。


そして、どうやら国内マスコミ内にも反アベとかも出てきているようです。(西宮市の県会議員の話ですけど)あとは、大阪地検ですか…。






posted by キキ at 19:30 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年02月24日パワースポット







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
縁ありて


愛用品の数々です。
あなたはご自分が主役の品々をどのように思っていますか。
縁ありてご自分だけのための物になった品々に、一度、ご挨拶をなさっては如何でしょうか。きっとその品物は喜ぶことでしょう。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/24


昨年出版しました『あの世から神様を引き寄せるパワースポット』は、コンビニでもご購入いただけますが、宝島社の編集担当者の方から、一部には私が書いていないのではと言われる方がおられることを教えて頂きました。



私は、旅や仕事で日本中の至る所に行きます。昨年は取材旅行で青森も訪れることができ、残すは高知のみでしたが、今月足を運ぶことが出来ました。



父親が仏像や茶器に詳しかったため、子供の頃から教えてもらっていました。旅に出ると神社や寺に手を合わせにも出掛けましたが、神社のことや、お寺のご本尊様が何なのかを知らず、ただ手を合わせるのでは御利益がないと思い、父から教えられたことと私が書き留めたことをこの度の本にまとめたのです。



日本中には、まだまだお伝えしたい“人々を元気付ける場所”があります。
いつからなのでしょう。「パワースポット」なる言葉が広まったのは。



日本は、私から見ると不思議な国です。
奈良時代に神社と仏教が仲良くなり、日本中にごく自然に神と仏に手を合わせる風習を作りました。



明治政府が神社と寺を分けたからと言って、千年も続いた神頼み・仏頼みの心は消えず、現在でも、新年には神社や寺に初詣に出掛け、手を合わせます。



セドナに行った時のことも書かせていただいていますが、今まで目にしたことのない光景と、遠路遥々と時間をかけて着いた場所だけに、パワースポットは此処だと思いたかったのです。



雄大な自然の美しさで確かに心が洗われましたが、英語が話せない私には自分の胸の内を語れず、やっぱり日本の地にあるエネルギーの高い場所の方が心の整理できる思いにもなり、日本のパワースポットをお伝えしたくなりました。そうして書き上げたのが『あの世から神様を引き寄せるパワースポット』でした。


是非一度、お読みいただくと嬉しく思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする